カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

【オリキャラRP】私立常月学園(新規さん歓迎)

                  
ゆず11/15 23:34
https://tstunetuki.web.fc2.com/
閲覧ユーザーID 「11」、パスワード「02022」
(↑村説やキャラシテンプレ、キャラシ一覧全てつまってます。)
6200お試し11/4 16:20
>>6193
「ん〜…」

ふわふわとした気持ちとその甘い空気に身の置き場に迷うように目を泳がして。目に止まったものを見て、思い出す。

「あ、そ、そうそう!咎峯ちゃんの小学校の頃のアルバムとかみたいなぁ〜ってさっき思っとったんよ!……見たいなぁ?だめ?」

上目遣いに両手合わせて首を傾げてみせる。あざとい自覚はある。けど、これくらいしなくては見せてもらえないかもしれないからこちとら必死なのだ。
6201Cipher11/4 17:45
>>6169
あぁ、…任せろ…
…お前でも分かるように…しっかり、教えてやる…勉強も、音楽もな…

(どちらも自分が言ったこと。
仕事を増やしてしまったとは思っていない。
ただ…ちゃんと着いてきてくれればいい…
期待に応えてくれれば、それで充分だ。
実際に結果に繋がらずとも、その時の努力をしてくれていれば、何でもいいと思った。)

あぁ…その調子で頑張るんだぞ…?
………ふぁ〜あ…はぁ……飯食ったら眠くなってきたな……

(後輩の言葉に、うっすらと笑みを浮かべながらそう頷けば
昼食後の昼下がり…寝るにはあまりにも最高な条件下に
思わず欠伸を1つ、頭を掻きながら眠気を感じたのだった…)
6202Cipher11/4 17:46
((遅くなってしまって、その上こんなちゃっちい文章しか書けなくて…
…本当に申し訳ない…(土下座

…中々久しぶりに…疲れに負ける日が続いてしまった…
6203雨音11/4 17:46
>>6169,6181
((こんばんは🌙
ページが切り替わったので、Cipherさんと桜ちゃん宛てに、ロル返事のアンカーを残しておきます。
6204ゆず11/4 18:00

ああ、これ?
母が作ってくれたの。こんな早いとお菓子屋さんも空いてなくて、お土産が現地調達になっちゃうじゃない?それだと忙しないって言われてね。
昼食に合わせて「響ちゃんのお家の人たちと一緒にどうぞ」ってことらしいわよ。

もっと早くに分かってたら満漢全席作ってたのに、なんてボヤいていたわ。ふふっ
あ、だから響の家で昼食の準備、もししてくれるようなら量はあまりいらないって伝えておいてくれるかしら?

(歩幅を合わせるように隣て歩きながら。風呂敷包みについてつっこまれると苦笑をもらしつつ事情を説明。
つまり、この風呂敷の中身は料理の詰まった、何段にも重ねられた重箱。
流石に時間が時間だからそこまで凝ったものは入れられず、昨日の夕食の残りとかも多いけれど母の謎パワーでここまでの量を短時間で作り上げたのだった。
流石に馬鹿正直に彼女の家のことは言えないので「大家族で、さらに今親戚が来てるらしい」と言ってごまかしたけど。)
6205琉璃11/4 18:08
>6197
(/拾っても良いですか?)
6206雨音11/4 18:10
>>6202
((大丈夫ですよ~、お気になさらずです。
6207くろうぃず11/4 19:51
((おけおけ
場所とかの希望あったりする?
6208琉璃11/4 20:06
(/んー、特に無いので、先投下してもらえれば合わせますー
6209ポーサン11/5 08:46
「あ、アルバムっすか……まあ…良いっすけど……。
……とりあえず、好きに見ていいっすよ。」


その頼み方で頼まれると、少し断りづらい。

……というより、断れない。

アルバムは見て貰って構わない、そう言いながら楓に差し出す事に。

というか……ダメと言っても見る気がする。

故に、楓にアルバムを見せる事にしたのだ。


「……小学校っすよね、ならこれっす。
中学校は……その隣なんで見たければ見ていいっすよ?」


小学校のアルバム……何処にやったかと思いつつ探すと、案外すぐ見つかった。

とりあえずそれを引っ張り出して、楓に渡す。

そしてその隣には中学校のアルバム。

見たければどちらも見ていいと伝えておく。
6210ポーサン11/5 08:46
「ああ………そういう事か…。

……というか、こゆり会長のお母様は何者だ…?
この量を短時間で作るとは…。

……今度、直接会って御礼を伝えたいのだが、話をしておいて貰えるだろうか……?」


それならばこの重量にも納得した。

……が、こゆりの母の手際の良さに関しては驚くの一言だ。

時間はかなり少なかったはず…なのだが、この量を作ってこゆりに持たせたのだ。

何者なのかと思いつつ、とりあえず新幹線の席に座った。

とりあえず今度直接会って御礼を伝えたいので、話をしておいて貰えるかと聞く。


「……まあ、向こうで昼食を作る手間が省けてとても助かるな…。
母さんもそう言うだろうさ。

飯作るのは母さんか僕だからな……今回は僕も作る予定だったけど、これで少し減ったよ。」


なんて、笑いながらこゆりに伝える。

本来なら向こうで食事を作るのは母親か響であったのだが、人数も人数なので大変なのだ。

それゆえにこの気遣いはとても有難かった。
6211シノン11/5 13:28
((カラボしまーす
6212雨音11/5 14:08
>>6201

やった~! 先輩、ありがと~♪
じゃあ、当日は~、 化学·英語·日本史·数学·古典を教えてね~♪

(嬉しそうにニッコリと笑みを浮かべると、お礼の言葉を述べるのであった。
そして、引き合いに出した科目数は五科目全て。それもその筈、座学全般が苦手な梨奈からすれば、これはごく当然のお願い事なのである。
当日は、五科目分の教科書とノートも持っていかないといけないから、少し大荷物になっちゃうな~♪ でも、まあいっか~♪
音楽だけじゃなく、お勉強も教えて貰えるんだから、尚更頑張らないとね~♪
目指せ! 赤点回避! 頑張り次第では、冬休みの補習も逃れられる可能性も大いにあるだろうし、去年と違い、補習のない冬休みを過ごせる… かもしれない。
兎も角、追い込みを掛けて頑張るぞ!と瞳の奥底にメラメラと炎を纏わせるかの様に、闘志を燃やすのであった。
勿論、言うまでもないが、実際に瞳の奥底が燃えているなどという事はある筈がない。)

また、眠くなってきたの~? ホントに先輩は眠りん坊将軍さんなんだから~♪
………あっ!そうだ!先輩はこの後どうするの~? 私は、この後授業を寝ずに頑張って受けるんだ~♪

(私が初めに屋上へやって来た時も寝ていたが、先輩は相変わらずよく寝る人だな~と思いつつ、クスクスと笑みを浮かべているのであった。
そして、スマホを見てみれば、時刻は12時54分。もう少しで授業開始の時間。
私はこの後、真面目に授業を受けるつもりなのだが、先輩はどうするのだろう?と気になって問うた。
もしかすると、このままおサボりして寝ちゃうのかな~とぼんやり思っていたり。)
6213くろうぃず11/5 16:21
「..仕事がないのにいるって、不思議な感じもするな」

会長に仕事を任せて3日目、生徒会室で一人椅子に座っている、今日はイベント前の最後の休みの日、歌の練習は明日から詰めていく感じとなっている

「...頑張んなきゃだな」
6214お試し11/5 16:44
>>6209
「わーい!」

オーバーに両手広げて嬉嬉として喜びを表現する。さぁさ待ってましたと受け取ったアルバムを開いてはさっそく咎峯ちゃん探し……といっても探すまでもなく見つけるなんてことは容易くて。

「はぁわぁぁあ〜ばり可愛かぁ…今よりもちっちゃかねぇ…可愛すぎるぅ」

開いてすぐ目をきらきら口をへにゃりと曲げて今よりも幼さ残る写真の彼女に癒されてしまう。
隠しきれないこの表情である。
6215琉璃11/5 17:57
>6213
(休みだからって昼寝を決め込もうかと思っていたら突然教師から連絡があったので、制服を着て学校へ。曰く、会計資料にて誤字や桁違いがあったりなので確認してくれとのこと。やはり眠気が抜けないままの作業は良くなかったのだろうかと内心反省しつつ、いつも通りの緩い足取りで、あくびをしながら、職員室でUSBメモリを受け取って担当教師に面倒をかけたと謝罪してから生徒会室へと赴く。鍵を渡されず生徒会室の灯りが付いていることから、既に誰かが使っているのだろうと推察しつつ、数回ノックすれば扉を開ける。視界に入ったのは同じ生徒会に所属する一つ年上の男子生徒であり。軽く会釈しては挨拶をしては、何をしているのかと問い掛ける)

失礼しま〜す。あ、桑原先輩、お疲れ様です。何してはるんですか?
6216ゆず11/5 21:09

ふふ、わたしの母は料理が好きな普通の主婦よ。お礼の件、伝えておくわ。
あと、わたしの家にも今度来てくれるとこっちとしても嬉しいかも。母も今回のお礼がしたい、って言ってたし?

(わたしは悲しいかな料理の才能は受け継がなかったけど、なんて。笑いながら自虐しつつ隣に座って。
そういえばあまり遠出はしない方だし、こうやって新幹線に乗るの久々か。やっぱり多少浮き足立つもので、軽くあたりを見渡した)

響の料理、食べるのって初めてだから期待しておくわ。一人暮らしだからスキルも磨かれてるだろうしね?
料理は母親仕込みなの?それとも自己流?

(前遊びに行った時は行く途中に買った和菓子を食べたし。だから、考えれば今回が初なわけで楽しそうに笑いながら。)
6217ゆず11/5 21:10
>>6124
((一応アンカー打っておくー
621811/5 21:47
>>6211
((からぼ拾いたいデース!
6219シノン11/5 23:49
>>6218
((ありがとうございます!
シチュどうしましょう?
622011/6 07:42
>>6219
((遅くなりました。ありがとうございます!
シチュ…廊下でどーんか食堂辺りしか思いつかず…_:(´ཀ`」 ∠):
希望ありましたら合わせますよー!
6221ポーサン11/6 16:06
「そ……そんなにっすかね…?」


楓の反応を見ながらそこまでの物だろうかと、少し疑問に思いながら問いかける。

まあ、小学校の頃なので小さいのは当たり前だが……。

そんな中で楓の表情を見ながら、なんだか少し嬉しい気分になったのは内緒。

それにしてもアルバムか……なんて、思いつつも楓の隣からのぞき込む。

なんだか懐かしい。


「うわぁ……懐かしいっす…。」


そんな事を呟くと、楓と共にパラパラとアルバムを捲って。

もう四年経つのか……なんて、思いつつ。
6222ポーサン11/6 16:06
「ふむ……じゃあ、いずれまたこゆり会長のお母様に御礼を言いに行くか…。
こんなに良いものを作って下さったんだ、此方としても色々言いたい。」


それならば、いずれこゆりの母親に挨拶と御礼を言いに行くつもりだ。

そして重箱を見ながら言葉を続ける。

こんなに良いものを作ってきたのだ、色々言わせてもらいたい事だらけだ。

御礼を言いに行くのは確定だ。


「……まあ、料理は母親に基礎を教わって、そこからは一人暮らしの中でだな。
そうだな……いうなら半々って所か。」


料理に関しては基盤は母親。

その後から一人暮らしの中でスキルを磨き、今に至る。

要は半々と言った所だろう。
6223くろうぃず11/6 16:45
「いや?、暇だからここにいるの、何もやることないしね」

完璧なる嘘
会長でもいれば休みの日に仕事を手伝えたのだが誰もいなかったので帰るのもなんだしここで待機している

「さっき来たばっかだしな...」
6224お試し11/6 18:00
>>6221
彼女の隣でアルバムを捲りながら依然にやにや顔は治まらず。だけど少しだけ、ほんの少しだけ気になることがあって。彼女のほうをちらりと見てはおずおずと口を開いて

「…と、咎峯ちゃんってさ……その、モテとった?」

口にしてみてから、気づく。

「あぁぁぁぁあっ!やっぱなし!忘れて今の質問!!むっちゃ恥ずいやん!?え、何聞いとん私!?ぐぉぉお…」

かなりおこがましいというかプライバシー的な…
流石にそんなこと聞くのは嫌な女じゃないかと自己嫌悪に項垂れる。
6225ゆず11/6 22:27

半々、ね。…ふふっ、わたしの母と話が合いそう。多分、料理の話振ったら目を輝かせながら食いつくわよ?
遊びに来た時、話振ってみたらどうかしら。

(流れる景色をちらり、とみた後すぐに視線を彼女へ戻して。口元に手を当てながら笑ってみせる。興奮気味の母が彼女に対してグイグイ迫る様が想像できて思わず笑ってしまった。
自分と違って、母は人なつこいのだ)

そういえば、今日ってお父様もおうちいるの?

(以前電話越しで話したことを思い出しながら。
祝日とはいえ、大人ならば仕事が入っていてもおかしくないし、さらに言えば職業が特殊中の特殊だし。
あっちの仕事がどんなものなのかは一切分からないけど、どうなんだろうと。素朴な疑問を投げた)
6226こくろう11/6 22:39
((からぼ
6227snow look11/7 11:53
>>6181
「後は炒めるだけ?意外と炒飯って作るの簡単なんですね〜」

麻耶から木べらを受け取ると、麻耶と同じ様に木べらを使って混ぜるように炒めて

「私が料理出来るようになったら麻耶ちゃんに食べさせてあげたいな…」

と炒めながら小さく呟いて
6228ポーサン11/7 20:13
「え……いや、その…そこまで気にする必要ないっすよ、大丈夫っすから…。」


自己嫌悪に陥った楓に向けてそう告げる。

別にそこまで気にするような質問ではないので、大丈夫だと。

……とはいえ、モテたかどうかに関してはよく分からない。

あんまり覚えていないが、少なくともそこまで目立つほどモテていた訳では無い。


「……えーっと、モテてはいなかったっすよ。
その、自分……目元が怖いとかで。」


とりあえずモテては居なかったと伝えて、楓の方を見る。

そして目元を触りながら、理由を述べる。
6229ポーサン11/7 20:13
「そう……するかな…。
上手く話せるかは分からないが……まあ、料理なら何とかなると思う。」


次にこゆりの家に言った時は、こゆりの母親と料理の話でもしてみようか。

上手く話せるかは分からない。

……が、共通の話題ならば少しはマシな筈。

とりあえず話題の傾向は決まった。

あとはその時が来るのを待つだけのことだろうか……まあ、良しとしよう。


「……ん?
あぁ、親父ならいると思うぞ……というか絶対居る、あの親父だから。」


父親にかんしては絶対と言っていいほど居る。

大抵部屋の奥で座って指示を出しているか、何処か適当に座っているかが多かったからだ。

……偶に出払っているが、すぐに帰って来る。
6230Cipher11/7 22:37
>>6212
お前…基礎的なものまでダメなのか…

(全く…仕方ねぇ後輩を持っちまったものだ…
…そう思いつつも、まぁ見捨てられないのは至極当然なことで。
まぁ…『適当』な程度に教えよう……)

ぁ…俺か…?
……そうだな………まぁ、適当に寝る…多分な…

(これから頑張る旨を言う後輩の前で
堂々とここで寝過ごすとは言えない…
適当にはぐらかしては、また欠伸を1つした。

……余談だが
結局この日が、3年生となって初めて出席に印が付いた日になるのだっ
た。)
6231Cipher11/7 22:38
((こんばんは…
…結局やっぱり返信が遅くなってしまって、申し訳ない…
6232ゆず11/7 22:52

ふふっ、そんな畏まらなくても大丈夫よ。
わたしの母はごくごく普通の人なんだから。

(多分わたしなんかよりずっと話しやすいわよ?なんて冗談交じりに。…と言いつつも結構本気なところもあるけど。
実際、人なつこい母と自分なら確実に母の方が話しやすいはず。)

ああ、いるなら良かった。
ほら、この前は電話越しだったでしょう?直に会ってお話したいと思ってね。
それに、遊びに行かせてもらうんだし挨拶もしたいしね。

(もう、電話前のような萎縮は一切なく楽しそうな声色で。
今言ったように挨拶の部分もあるけれど、以前は電話越しのみでの会話だったから直に会って話してみたい、というのある。
だからこそ、彼女の返答には嬉しそうに笑ってみせた)
6233シノン11/8 13:10
>>6220
((遅れてごめんなさい!
シチュは廊下で鉢合わせですかね・・・
どちらが先に落とします?
6234雨音11/8 15:13
>>6227

ま、料理初心者でも比較的作りやすいメニューだし、そこまで、難しい作業もないっスからね。

(桜の言葉に対して補足を付けるように説明を加えて。
今まで調理工程を重ねて来たから分かると思うが、実際に難しい作業はあまりなかった事だろう。)

え!? 私に料理を振舞ってくれるっスか!?
それは楽しみにしてるッスよ!

(桜の言葉を聞いた私は、瞳をキラキラと輝かせるかのように嬉しそうな笑みを一つ浮かべるのであった。
そして、桜がある程度炒めた頃に炒飯が完成するだろう。)
623511/8 16:07
>>6233
((いえいえ⑅◡̈*了解です!
では先に落としまーす!
6236雨音11/8 17:21
>>6230

えへへ♪ お恥ずかしながら、基礎もダメダメなんだ~♪
でもねでもね、音楽と身体を動かす体育は得意中の得意なんだよ~♪

(照れ臭そうな笑みを浮かべつつも、馬鹿正直に基礎も苦手である事を伝えて。
オープン思考でありながら、尚且つ包み隠す事が嫌いな事もあってか、恥ずかしがる様な素振りを見せずに、先程のテストの点数を見せた時と同様に何とも堂々としていたのであった。
座学全般苦手な代わりに、音楽と身体を動かす体育。つまり、じっとせずにアクティブに動き回る事が好きなのである。
ただ、大人しく椅子に座って板書写してるだけの座学はどうしても退屈に感じてしまう。でも、今日は頑張って受けるぞ!と意気込みを入れるのであった。)

そっか~♪ あと、六分で授業始まるから、睡眠は程々にして、先輩も頑張って授業に出るんだよ~♪
それじゃ、今度の休日にね~!

(スマホに書かれている時間を見せて、授業開始六分前である事を知らせると、
鞄の中に入ったお菓子袋からチョコのTOPPOを取り出し、先輩へと手渡した。
要するに、これを食べて授業頑張れ!という秘められたメッセージ。
そして、そのまま屋上から立ち去ろうと。)
6237雨音11/8 17:21
>>6231
((大丈夫ですよ、お気になさらずです~
6238ポーサン11/8 17:39
「ふ、普通か……うん…なら、大丈夫か…。」


普通がどれくらいの物かは分からないが、とりあえずいつも通りに振る舞えば良いだろう。

学校や、外での振る舞い方で。

こゆりの母親なら、まあこんなに作ってくれたから無下には出来ないのは確定している。

……結構、敬意を払うべき人物として、響の中で位置づけられたのだ。


「ああ……そういう事か……。
じゃあ一応伝えておくかな、こゆり会長が話をしたいって言えば良いか。」


こゆりの問いかけにようやく納得した。

そういう事ならば一応父親にも連絡を入れておくとしよう。

内容は、こゆりがまた話をしたいと言っていたとすれば良いだろうと思いつつメールしておく。
6239お試し11/8 22:13
>>6228
「ふぇ?目元?んん〜?そうかなぁ?」

顔を上げて彼女の目をまじまじ。心做しか距離感が近くなってしまうが、それほど真剣に。

「ツリ目がちで可愛かと私は思うけどなぁ〜」

笑う時に細める彼女のその目も目元も私は結構好きなほうで…。あ、でもその魅力がわかっているのが私だけっていうのは少し嬉しい気も…。
いや、いやいや、ぜひみんなに見て欲しい。やっぱ見て欲しくない。支離滅裂。
6240シノン11/8 22:18
>>6235
((お願いしまーす
6241ゆず11/8 22:38

ふふ、お願いね?
でも…よく考えればお母様とは初対面になるのよね今回。
響のお母様はどんな人なの、?

(自分の母と彼女の父の話からふと派生するかのように頭に浮かんだのは彼女の母について。
よくドラマとかで見るような、着物に身を包んで小太刀振り回す…みたいな感じなのか
それとも案外自分の母みたいに普通な感じなのか、全く予想がつかなくて。
色々な候補を頭に思い浮かべながらなんとなしに聞いてみた)
6242Cipher11/8 22:40
……まぁ………
…………………分からなくもねぇな…

(自分も言えば、どちらかと言うと勉強は嫌いだ。
………いや…どちらかと言うより、かなり嫌いだ。
だからこそ、最小限に止めて点数を獲得する…
そのために、一瞬の集中力を使う。
それがまた、音楽を奏でる上での集中力に繋がる。
あまり意識してはいないのだが
そのお陰で、不思議と良いサイクルが出来ていた。)

…は…?あ、あぁ……サンキュ……?

(どういうことだろうか…?
後々に、意味は理解したのだが
その時は理解することが出来ず、ただひたすらに
去っていく姿を、閉まっていく扉を見送った。)
6243Cipher11/8 22:41
((こんばんは…そしてからありかな………?
6244雨音11/8 22:42
>>6243
((こんばんは。そうですね、絡みありがとうございました。
624511/9 09:43

「ふわぁ……あ。」

間の抜けた声と共に大きな欠伸が一つ。
休み時間、生徒達が賑やかに行き交う廊下を伏見はとろとろと歩いていた。
昨日夜更かししてしまった挙句に寝坊までしてしまったので、思いっきり遅刻である。今更焦っても仕方ないと開き直りながら自身の教室へとのんびりと移動していき。
624611/9 09:44
>>6240
((おはようございます!遅くなりました;
6247シノン11/9 19:01
>>6245
[・・・暇だな~]
大きな鞄を背負い、指でドライバーをペン回しのようにくるくると器用に回しながら伏見の方へ歩いてくる一人の生徒がいる。
その生徒は服は制服だが緑色の帽子を被っており、明らかに規則違反の鞄も持っているが先生は見て見ぬふりをしている。
6248ポーサン11/9 20:32
「そ……そうっすかね……?
んー…目元、結構怖いとか言われるっすけど…。」


自身の目元を触りながら楓の言葉で聞いたことに関して考えてみる。

楓が、そう思ってくれているのは嬉しいが、皆の印象にはやはり怖いというイメージがあるのではないか。

……まあ、それが知れたから満足だが。


「………あの、ここまで近いと恥ずかしいっす…。」


冷静になってから気付いたが、楓との距離が近い。

目元の話をしたから当然といえば当然だが、やはり恥ずかしい物がある。

故に、少し視線を逸らして伝える。
6249ポーサン11/9 20:32
「母さん?
ああ、母さんは……何だろう、一応昔はレディースだったらしいが…簡単に言えば気の強い人だな。」


母親について聞かれれば、少し迷いつつレディースメンバーだった事や父親と結婚したこと。

あとは、いつもの振る舞いからして気の強い人だと説明する。

まあ、極道の妻なのだから、大体想像つくだろうか。


「えー……っと、あった。
この写真が僕の母さんだ、普段は着物じゃないけどさ。」


携帯を操作して写真をこゆりに見せる。

そこには、黒髪をポニテに束ねて、こゆりの思った通りに赤色の着物を着た女性が写っている。

なお普段は着物ではないと伝える。
625011/9 23:13
>>6247

「……歩いたまま寝そー……、わ。」

よたよたと歩いていたところ、歩いてきていた女生徒に気付くのがやや遅れて少し驚いたように目を見開いてから、足を止めた。
体当たりするとこだったかも。なんて思いながら彼女の帽子や鞄へと視線が移る。いかにも校則破りなそれを見て、自分もよく注意されるのでなんとなくな仲間意識から若干嬉しそうな表情になり、

「……やだ、ちょっと親近感わくぅ……。
……ねーねーそれすごいね。でも何でドライバーなんて回してるの?」

彼女とは全く面識はなかったけれど、見事に回っているドライバーをにこにこと指差して。
6251ゆず11/9 23:28

あら……ふふっ、こうしてみると結構想像に近いかも。普段は着物着てないって言われてもどうしてもこういうイメージに引っ張られちゃうけど。
気が強いのも何か納得。

(携帯を覗きこめばまさに自分が思い描いてた通りのイメージ像の女性の写真が目に入り、思わずくすりと笑いをこぼす。
一応、彼女からいつもはこんな格好してないとは言われても、どうしても笑ってしまう。
口元に手を当てながらしばらく笑みを漏らしつつ、やがてありがとと言って覗き込むのをやめると)

今日お母様にも会えるのよね。楽しみ。
失礼のないようにきちんと振る舞うつもりだけど、迷惑かけたらごめんなさいね?

(一応礼儀正しくいるつもりではあるが無意識のうちに…ってことはありえるし。
細心の注意は払うけど…と苦笑しつつ付け加えて)
6252ポーサン11/10 16:53
「あー……いや、多分いつも通りで大丈夫だろうよ…。
親父も母さんもそういうの気にしないっていうか…客人には特におおらかと言うか…。
……まあ、とにかく大丈夫だ。」


失礼になると言っているが、恐らくいつも通りの感じで大丈夫だろうとこゆりに伝える。

父親も母親も、そういう事は気にしない。

それに、客人に対しては尚おおらかになる。

そう考えると、大丈夫だろうと判断したのだ。
6253シノン11/10 23:19
>>6250
[これ?
これはね、ペン回しの要領で回せるかなーって思ったからやってみたら回せたんだ~]
嬉しそうにそう言いながらドライバーを回し続ける。
6254ゆず11/11 18:06

ならいいけど…とりあえず失礼のないようにするわね。せっかくならお父様ともお母様とも仲良くしたいしね?

(ふふ、と笑いながら重箱を包んでいる風呂敷に目をやって。
…そういえば、極道系の人の舌って肥えてるんだろうか。普通なんだろうか。全然わからない。
いくら自分の母が料理好きと言ってもあんまり準備する時間が与えられなかった手前、昨日の夕食の残りとかあるし。)

あ、そういえば聞いてなかったけど…目的地って、どこ?

(そういえば新幹線の券も彼女に手配してもらって自分はただそれについていって今も乗ってるだけ。目的地が分からなければ降りる場所も分からず、ある意味今更とも言える質問をぶつけて)
6255ポーサン11/11 22:45
「あはは……そんなに気張らなくても良いだろ?
別に嫁いだりする訳じゃないし、気軽にしてもらった方が親父も母さんも気楽だろうからな。」


こゆりの言葉を聞いて少し苦笑い。

そこまで気を張り詰めなくても良いのだ。

あの二人なら、別に気にしないだろう。

……ということも伝えつつ、気を張り詰めなくても良いという事を告げておく。

それを伝えてから、目的地を聞かれる。

そう言えば伝えていなかったなと思いつつ口を開く。


「……これから向かうのは青森だ。
青森の北の方に僕の実家はある、青森の駅からは実家から車を寄越してくれるらしい。」
6256くろうぃず11/11 22:47
((そろそろ返信こないときついかなって
見落としてたら怖いけど
6257ゆず11/11 23:01
((ん?桑原くんと絡んでるのって梓ちゃんかな?
5日空いてる感じ?
6258くろうぃず11/11 23:04
((空いてる感じ
2日以上なら切って良いんだっけ?
6259ゆず11/11 23:05
((気づかなくて申し訳ない……
切ってオーケーだよ。一応本人に伝えておくね
6260くろうぃず11/11 23:06
((でもTwitterには出てるのよね
まぁいいや
6261ゆず11/11 23:11

青森……初めて行くわね。
というよりもわたしの家ってそこまで旅行する家でもなくてね、東北方面には全く行ったことないのよね…

(青森というワードで浮かぶのは雪とりんごくらいしかなくて。この辺りの知識かなり薄いみたいなんて苦笑しながらぼんやりと青森を想像した。
見知らぬ土地というのはワクワク感が出るものである)

今から行くわけだし、聞いてもあまり意味ないとは思うけど青森ってどんなところなの?

(ちょっと待ちきれない、という感じで。)
6262お試し11/11 23:35
((ポーサンさんさんさん…あのあの、一旦絡み中断してまたcotd終わったら絡み再開でもいいですかね?あそこ流れ速すぎるので他に手と頭が回らない申し訳なさ
6263ポーサン11/11 23:55
((おけおけですよ
6264こくろう11/12 00:48
(((* ॑꒳ ॑* )
6265ポーサン11/12 01:10
「どんな所……と、言われてもな…。
言える事…まあ有名な事から言えば林檎と雪景色だろうな。」


青森の事を改めて聞かれると、どう説明したものか分からなくなる。

……が、言えることを言えばいいかと思いつつこゆりに青森の説明。

まずは、有名な事から。

林檎と雪景色は広く知られている事だろう。

あとは……まあ、知っていることをちらほらと。


「あとは無難にねぶた祭りとか…あ、そうだ。
青森の温泉は中々おすすめだな、結構沢山あるし、何より景色を見ながら入る風呂は最高だぞ?」


無難な事を紹介していたが、1番オススメの物があった。

それは……温泉だ。

数も多く、何より雪景色を見ながらの温泉は最高だった。

久しく忘れていたが、久々に入りたいな……なんて呟きながら思い出す。
6266ゆず11/12 21:29

温泉……入ってみたいものね。
景色が良いなら尚更。ふふっ、想像するだけでうずうずしてくるわね。

(子供みたいかしら?なんて笑いながら彼女の言う「景色のいい温泉」を思い描く。
そういえば自分が最後に温泉に行ったのはいつだろう。多分数年前とか、そんなだと思う。
こゆりにとっても温泉は久々であり、だからこそ温泉というワードに胸を馳せた)

実家に住んでた時はよく行ってたの?温泉。

(話し振りからして結構行ってそうな感じだけど…と小首を傾げて。
よく行ってるならオススメの場所とかも知ってそうだし、それなら今度仮に家族で旅行に来た時に参考になるし。)
6267ポーサン11/13 11:48
「あぁ……まあ、実家の近くにも幾つかあるし…所有している温泉もあるし…。」


まあ、確かに温泉にはよく行く。

実家の近くに幾つもあるし、なんなら私有地にも1つ湧いている。

温泉は小さい頃からよく入っていた。

それ故に、温泉は響にとっては昔から慣れ親しんできた物のひとつなのだ。

ふとそんな事を思い出し、小さく笑う。


「どうするかな……余裕があったら温泉行ってみるか……?」


少し考え、こゆりにそう提案する。

どうせなら実際に行ってみる方が良いだろうと思い、時間があるなら行ってみたいのもあったからだ。
6268ゆず11/13 18:18

……温泉持ってるの?

(彼女の言葉にぽかん、とした表情を見せて。
いや、極道ならそれなりにお金持ちなのはなんとなく把握していたが、温泉も所有してるなんて言われれば誰でもこんな反応になるだろう。
びっくりしたせいで僅かに反応するまでに時間がかかり、ようやくでた言葉がその一言だった)

行きたいけど、無理に行かなくてもいいからね?時間があったらで大丈夫。
ふふ、お気遣いありがとう。

(彼女の提案に頷きつつも無理はしなくていいと付け加えて。
今回自分は彼女の帰省についてきたわけだし完全な旅行というわけでもない。彼女の行動に合わせるのが当たり前だし、こちらのことはあまり気にしなくていいからとそう一応伝えておく。)
626911/13 19:48
>>6253

「あ、そーなの。器用だねぇ、バランスとるの難しそう。」

彼女から返ってきた言葉になるほど、と頷き。俺ならペン回しもできないからよっぽど手先が器用なんだなぁ、なんて思い。それからくすくすと笑ってから。

「っていうか学校にドライバー持ってきてる女子高生も中々いなさそうだよね。帽子とか鞄とか色々と思いっきり校則違反だけど先生に叱られない?」
627011/13 19:48
((遅くなりました;申し訳ないです!
6271シノン11/13 22:51
>>6269
[先生達もう諦めちゃったw]
ニコッと笑いながらそう言うが、ドライバーは落とさない。
そして興味を持ってくれた事を嬉しく思ったのか、
[ドライバーはカンで回すしか無いけど、別のスピンなら教えてあげようか?]
と笑顔で言う。
6272シノン11/13 22:52
>>6270
大丈夫ですよ!
6273シノン11/13 22:52
>>6272
((二重括弧忘れた・・・
6274ポーサン11/14 22:10
「ん……あぁ、持ってる……と、言うより、持ってた土地に温泉があった。」


温泉は持っているが、何も狙って買った訳では無い。

所有していた土地にたまたま温泉があったと言うだけのこと。

ただそれだけだ。

そんなことを説明しつつ、新幹線は悠々と青森へ向かって進む。


「……いや、多分行く事になる…。
母さんが温泉好きだし…何よりこゆり会長が来たとなれば絶対連れていくのが目に見える……。」


少し、頭を抱えながら。

温泉は多分行く事になるのだろう、客が来たとなり、それが娘の友人となれば母親ははしゃぐのが目に見える。

故に、こゆりにもそう伝えておく。
627511/15 09:52
>>6271

「あは、だからかー。なんか先生の視線が遠目っていうかさ、全然注意してこないからなんでだろーって思ってたんだよねぇ。」

気にはしている様子の教師をちらっと見て、俺の事もさっさと諦めてくれないかなーなんて笑いながら述べ。くるくると見事に回っているドライバーを眺めていたが、

「別のスピン?なにそれ面白そう。教えて教えてー。」

教えてくれるならば、是非。とばかりに言葉と共にわくわくとした目線を彼女へと向けて。
627611/15 09:52
((すみません_:(´ཀ`」 ∠):
おはようございます!
6277こくろう11/15 17:18
((からぼん
6278ゆず11/15 17:19

土地………
……響と話してると聞きなれない言葉がぽんぽん出てくるわね…

(思わず苦笑して。
温泉を所有できるほどの広大な土地なんて、一般家庭のこゆりの家であるはずもなく、また周りにもそんな人はいなかった。
故に彼女の言葉はどれもはっきり言えば度肝を抜かされるものばかりで苦笑するしかなかった。
いやはや、極道というのはすごいお金持ちらしい。母親が聞いたらどんな顔するんだろ…なんて思いつつ)

あら、じゃあ楽しみにしてようかしら。ふふっ
温泉なんて久々だからね。それに景色がいいなんて言われちゃえばどうしてもワクワクしちゃうわ

その所有してる土地には温泉以外に何かあるの?

(我ながら子供っぽいけどなんて言いながら。温泉に胸躍らせながらまた質問を重ねてみたり。
どれくらい多くの土地を持っているのかは知らないけど、何か他の…レジャー施設とかも所有してるのかなって。)
6279ゆず11/15 17:19
>>6277
((拾いやしょう
6280こくろう11/15 20:39
>>6279
((よっしゃい、シチュどします?
特にないなら、落し物拾うとかにしますけど
6281ゆず11/15 20:49
((それでおっけい、先お願いできる?
6282こくろう11/15 21:21
((りょうかーーい
6283こくろう11/15 21:23
(ある日の昼休み、昼食を済ませ少し暇していた雨宮は暇つぶしに三年校舎をブラブラとしている
ふと、下を見ると廊下に何か落ちている
確認してみるとそれは学生証)

やれやれ…しょうがねぇなぁ
届けやるか

(いい暇つぶしを見つけたと言わんばかりに笑顔を浮かべると
そのまま踵を返して1組の方へとあるきはじめる)
6284シノン11/15 22:17
>>6275
[ここでは見せられないからちょっと来てー]
そう言って屋上へ行き、鞄の中身を漁って中から黒いケースを出す。
6285ゆず11/15 23:18

ふぁーあ……ねっむ。夜更かししすぎたな

(同時刻。教室にてだらしない様子で机にへたり込んでいる男子生徒の姿。友達にバスケしようぜ、なんて言われたけど眠くてパス。
てなわけでこうやって一人でグダグダしているわけで。あーー眠いとぼやきながら廊下の方へと目を向けていると)

………んー…?

(見知った顔が見えて声を出す。雨宮だ、これから生徒会なんかなーなんて思いつつ、ぼんやりとその動向を見守っていた)
6286こくろう11/15 23:34
>>6285

ちーす、2組の雨宮でーす
浅切いますかー?

(そんなことにら気づかず教室の前から
堂々と教室に入り近くの生徒に浅切の場所を聞くと
浅切の方を見てヘラヘラ笑い
学生証をひらひらさせながら近づいていく)
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中