カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

【オリキャラRP】メルクピア イベント詳細>>7003

ミン7/21 23:23
Xからの移転村です。新規さんもどうぞ遠慮なく!

ある日届いた新作ゲーム『メルクピア』。
それはログアウトのできないデスゲームだった。


入村の際は説明書きを読んでください

wiki製作中です→http://pakkkkun.wiki.fc2.com/wiki/メルクピア


禁止行為:暴言、中傷、荒らし、チート、R-18、その他迷惑行為

【キャラシ再提出について】
今から1週間キャラシ再提出期間を設けます。目的は、浮上率悪い人のキャラシを整理することと、絡みを行う上で関係性ができたり、キャラに関わる変化をキャラシに反映させることです。
今までのキャラシはwiki上では過去のキャラシってとこにぶち込むので、消えるわけではないです。なにも変化がない人も点呼の意味でもう一度投下お願いします。ちなみに、スキルの変更追加を行いたい場合、投下の際にその旨を記載し、投下後に変更、取得のロルを落としてください。
8000ポーサン7/17 23:53
((ん…ごめんよ、助かる
8001東ソー7/17 23:56
(夏!The夏!蝉が鳴き、太陽がジリジリと地面を焦がしている。ここは砂浜、夏限定のモンスターがポップすると聞いて、それを探っていた。)

あっつー…スイカ食いてぇ…

(リゾート気分で砂浜を歩くのならまだしも、そう言う気分じゃない時に炎天下の中、砂の上を歩くのは正直言って苦行だ。ブツクサ文句を言いながら歩いている)
8002ゆず7/17 23:59

やったーー!!!
やった!ありがとしーちゃん!

(わーいってグラスを持ったまま万歳。
押し切り勝利!じゃあ早速早速とオリジナルの背中を軽く押してテーブルへと向かわせようと)

……へへん、どう?ゆーちゃん
わたしたちの勝利なのです。これで堂々とワイン飲めるね?

(そしてこっそり写身に耳打ちして。にこっと笑う。
ちょっと勝ち誇ったような、そんな笑みで。
これで怒られる心配もなくなったし、お酒は飲めるしで一石二鳥だ)
8003ポーサン7/18 00:07
「…暑い………。」

そんな彼と同じ様に、浜辺の岩陰に座って海に足を浸しながらもパラソル(金属操作で作った)の下でそんな事をボヤいて。
夏限定のモンスターが気になって来てみた物の、暑さにやられてどうにもならない。

「パラソル…失敗だったかしら…?」

パラソルにしたのは失敗だったかも知れないと呟けば、元の流星錘に戻ったのだが、そのまま海にドボンして水の柱が立ち上がった。
思い切り掛かったが、涼しかったので少し気持ち良さそう。
8004ポーサン7/18 00:12
「はぁ…駄目ですね……私ってば…。」

『えっと、何か…ごめん…。』

強く言えない自分を駄目だと言うオリジナルに、申し訳ないという表情を向けながらオリジナルに謝る写身。
しかしオリジナルもちゃっかりワインを飲んでいるので、飲む物は飲むつもりらしい。

『そうだねぇ…まつりんは堂々と飲んで良いよ。
私は……多分後で怒られる筈だから…うん。』

耳打ちしてきたまつりの言葉に、軽く頭を撫でながらまつりは気にしなくて良いと言うが、写身は多分後で怒られる筈だと言って。
8005東ソー7/18 00:14
あ゛゛〜〜〜……死ぬ……ん?
おーい、何やってんだー?

(ダレながら浜辺を歩いていると、水柱が立っているのを見つける。そちらの方へ駆け寄ると、なにやら少女が水柱を立てているらしい。興味を持ったのか声をかけてみる。)
8006ゆず7/18 00:18
………怒られちゃうの?

(きょとん。写身の言葉を聞くと、ふるっと今度はオリジナルの方を向いて。
ぎゅ!と自分の両手を握りながら、まるで懇願するようなポーズをとると)

あのあの、しーちゃん…ゆーちゃんのこと怒らないで欲しいのです…
元々はわたしがワガママ言って飲みたいって言ったのが原因だし…

(だから写身のことは怒らないでとおねがいした。実際、ノッてくれたとはいえ最初は興味を持った自分から始まったことだし。原因は自分にあるからと言って眉を下げる)
8007ゆず7/18 00:21

…………、

(色の違う二つの瞳で彼を見つめて。
一回、ゆっくり瞬きすると)

……りーつ、

(何か察したのか、そっと両手を伸ばすとそのまま首にぎゅう、と抱きついて。
この距離と、自分からこういうことは普段あまりしないから。恥ずかしそうに頬を赤らめて目を伏せながら彼の後ろ髪を撫でて)
8008ポーサン7/18 00:29
「……?
あぁ、ちょっと暑かったから…パラソルを立てていたのだけど、あまり変わらなかったから戻したのだけど、鉄球が海にドボンしちゃったのよ。
……まあ、丁度いい具合に水滴が掛かって良かったのだけど…。」

声を掛けられて、何をしていたのかと問われた辺りに返答を返す事に。
そもそも何をしていたのかと言う事から始め、次に水柱が経つまでの経緯を説明する。
丁度いい事に、水滴が程よく掛かったので気持ち良かったと言って。

「貴方は何をしているのかしら?
バカンス…と、言ってみても、当てずっぽうだけどね。」

そして今度はこちらから彼に向けて何をしているのかと問う。
バカンス的なアレだろうかと思ったが、当てずっぽうだと言って。
8009東ソー7/18 00:33
ほーん?
遠巻きでもなかなか派手に水柱が立ってたからな。相当濡れただろ。

(使えよ、といいながらタオルを投げ渡す。)

バカンスじゃねーよ。
ほら、ここら辺いるってことは聞いてるだろ?レアモンスターの話。
かれこれ2時間ぐらいあるいてんだけどよ、これが見つかんねーんだわ…

(よっこいせ、と一息つきながら、すぐそばの岩陰に座り込む。)
8010ポーサン7/18 00:33
「…はぁ、もう怒りませんよ……。
そうしようと思っていましたが…なんだかどうでも良くなりました…。」

『…本当凄いな……まつりん…。』

怒らないでと言われても、元々少し気が無かったのに加えて、この様に頼まれてしまえば余計に怒る気力は無くなって。
写身はもう凄いとしか言えないらしい。

「…もう!
良いです、今夜は私も思いっ切り飲みます!」

そしてオリジナルも吹っ切れたのか、今晩は思い切り飲む事にしたらしい。
丁度明日は休みの日だ、二日酔いになっても問題はないと判断したのだ。
8011ポーサン7/18 00:39
「ん、ありがとう。」

タオルを受け取りながら、御礼を言いつつ彼の言葉に耳を傾ければ、ここに来た目的が同じと分かり情報共有的な物もできるかもと考えて。

「実は、私もそのモンスターが気になって来てみたのですが……やはり見つかりませんね。
見つかれば此方のものなのですが…。」
8012東ソー7/18 00:44
レアモンスターとはいえもっとこう、バーンってすぐにでてきてくれるんかと思ったぜ。

あー、やっぱ夏といえばスイカだよな…スイカ食いてぇ…

(暑さで少しおかしくなってるのか、スイカに対する食欲がすごいことになっている。)
8013ミン7/18 01:01
ううっ…そうなんだけどさ…ひっ…

たしかに何も出来なかったけど、だからって死んでいい人なんて絶対いないよね…あたしはこのメルクピアに閉じ込められた人みんなで元の世界に帰りたいんだもん。間違ってないよね…

(泡月が頑張る理由は、誰に褒めてもらいたいわけでもなく、ただその願いのためである。それを再確認するように、先程よりも小声で呟く
8014黒虎13737/18 08:15
……夏海には、隠し事は効かないみたいだね(抱きつく彼女に少し甘えるように抱きしめて肩に顔を埋めて)

ごめんよ、こればっかりは……(震えた声で言葉を紡いで)
8015ゆず7/18 13:28
わー!飲もう飲もう!
たまにはこうやって羽目外さなきゃ!オンオフ大事なのです

(テーブルに戻って元の位置に座るとそのまま乾杯をもう一回。ぐびっと白ワインを飲み、パスタを頬張る。
今日は朝から動いてたし、おなかぺこぺこだったし、ますます美味しくて頬が蕩けそう。)

しーちゃーん、もっともっと飲もう〜?

(さっき思いっきり飲むって言ってたし!って、ワインのボトルを手に持つとオリジナルのグラスにワインを注ぐために、グラスをこっちに寄越すよう催促。)
8016ゆず7/18 13:29

我慢しなくていい、よ
みんな寝てるし…

………「誰も見やしないさ」?

(今はふたりきり。こういう時くらいは、と。
彼がさっき自分に向けて言ったことを、そのまま。少しおどけながらも真似して。
抱きついたまま、落ち着けるように優しく頭を撫でて)
8017こくろう7/18 14:15
>>8013

…あぁ…間違っちゃないさ
その気持ちは正しいことだし、曲げないでいいよ
気にするなよ、こんな状況だからこそ切羽詰まる奴だっているんだ
笑える時に笑わねぇとお前まで辛い気持ちから動けなくなるぜ?

(少し励ますようにまた肩を叩くと
なんとか落ち着かせようと毛布をかけたり背中をさすったりしてやる)
8018ポーサン7/18 19:25
「確かに…でも、レアって言うくらいなんだから珍しいのは珍しいのでしょうね。」

ポンポン出て来てくれたら楽なのは同感だが、レアと着くくらいなのだからそう簡単には行かないのだろうと考えて。
いずれ出てくるのだろうが、それでもこの暑さの中を待つのは苦痛であろう。
そして彼の言葉が否が応にも耳に入ってきて。

「スイカ…一応有るけど、食べる?」

気まぐれで買ったスイカがここで役に立つとは思わなかったが、丁度良いので彼に向かって食べるかと問いかけて。
8019東ソー7/18 20:29
いいのか!?食いてぇ!!

(スイカが食べれると知って、テンションが上がったのか、目を輝かせてその場で勢いよく立ち上がる。)
8020ポーサン7/18 21:12
「今日は外せるものは外します。
だからと言って、まつりさんは飲み過ぎ無いように!」

オリジナルも席に座り、外せるものは外すと言ったが、まつりは飲み過ぎ無いようにと、指をビシッと突きつけるようにして事前に言っておく。
あとの事は知らない。

「…お願いします……。」

『あー…こりゃ面倒な事になるわ…。』

その割には大人しくグラスを差し出して、ワインを注いで貰うように頼むオリジナルの隣で、後々面倒になりそうだとボヤいている写身が。
8021ポーサン7/18 21:23
「落ちない様に気を付けて下さいね?
…では、少し待って下さい。」

急に立ちあがった彼を見上げながら、海に落ちない様に気を付けてと伝えながらインベントリの中を漁る。
しばらく操作した後に、小さくあったという声と共に。

「……はい、どうぞ。」

そうして取り出したスイカは丸々1玉分。
それを、本来は両手で持ちそうな物だが、シャルミィは片手で軽々と持っていて。
8022東ソー7/18 21:25
うぉっ!?すげぇ!
結構詰まってそうだな。…って重くねーのか?

(スイカは、重い。それなのに目の前の少女は片手で持ち上げている。違和感を感じるのは当然だろう。)
8023ポーサン7/18 21:34
「えぇ…まあ……。
これ位なら能力補正の筋力増加があるので問題ありません。」

重くないのかと問われるが、首を傾げて何も問題ないと言いたげに返事をする。
そして原因は能力の補正がかかっている為に、この位ならば問題無く持てるという事を伝えて。

「さて、ここで切り分けてしまいますか?
それとも何処か涼しい場所に移動しますか?」

そして、スイカを食べるにあたってここで切り分けて食べてしまうか、それとも涼しい場所に移動してから食べるか、どちらが良いかと問いかけて。
8024東ソー7/18 21:37
なるほどな、道理で片手な訳だ。

いや、ここで食ってしまおうぜ。
ほら、冷たいモノは暑い場所で食うとうめぇだろ?気分的に。

(と言うのは建前で、本当は早くその大きなスイカにかぶりつきたいのである。)
8025ポーサン7/18 21:44
「そうですね、それは同感です。
では切り分けてしまいますね、八等分が妥当でしょうか?」

そういうと、少し平らになっている場所へ移動してから、敷物の上にスイカを設置。
あとは手に持った流星錘を金属操作により変形、一部を包丁の形へと変えてスイカを八等分して。

「さぁ、どうぞ召し上がって下さい。」

切り分けたスイカの1切れを彼に差し出しながらそう言って。
その間に軽く包丁にした部分を洗って、元に戻す。
8026東ソー7/18 21:48
なんだそれ!?かっけぇ!!

(流星錘が変形していくところに見入るように。少年は変形が好き。ハッキリわかんだね。)

ありがとな。…いただきまーす。
…うめぇ!かなり甘いなコレ!
こっちきて初めて食ったけど、やっぱりスイカはいいな!

(味にも満足したようで、スイカにかじりつきながら笑顔を浮かべている。)
8027ポーサン7/18 21:54
「こっちはスキルの効果ですね、結構便利です。」

彼の疑問に答えるべく、今度はスキルによる効果で流星錘の形状変形を行ったと説明する。
正直、シャルミィも変形する瞬間は少しワクワクするらしい。

「そうですか?
それなら良かったです、お好きなだけ食べて構いませんからね。」

スイカに齧り付く彼の事を見ながらも、自分も1切れ手に取りそのままかじる。
そして彼に、好きなだけ食べて良いと伝えれば、シャルミィはゆっくりと食べ進めて。
8028東ソー7/18 21:59
すげえな。ますますかっこいいぜ、お前。
…そういや、なんて言うんだ?名前。
俺は槌田徹、好きに呼んでくれ。

(はやくも二切れ目に手を出している。槌田の目にシャルミィは自分の憧れることをやってのけるかっこいいお姉さんのように写っている。)
8029ゆず7/18 22:00
うん、気をつける気をつける〜

(大丈夫大丈夫なんてへらっと笑いながらオリジナルのグラスに白ワインを注ぐ。
やっぱりご機嫌な様子。自分のグラスにも白ワインを注いで)

………んー!やっぱりおいしい!
機会があったら今度はゆーちゃんのお料理食べさせてほしいのです

(働くことになったのだからその機会は遠くないうちに来ると思うけども。楽しそうにからからと笑いながらそんなお願いを写身にしてみたり)
8030ポーサン7/18 22:06
「私…ですか?
シャルミィ・アンク…シャルミィで良いですよ、では私は徹さんと呼ばせて頂きます。」

スイカを齧っている時に聞かれたのは自身の名前、少しキョトンとしながらもスイカを飲み込み、自分の名前を名乗って此方から彼の呼び方も決めておく。
一応忘れないように名前と出来事をメモに記してしまっておく。

「…モンスターの事、忘れて居ましたね……。
まあ別に後日また来れば良いですね。」

そしてふと思い出したのは、ここに来た本来の目的。
たしかレアモンスター出るから来たはずなのだが、まあそれはまた後日来れば良いだろうとしてスイカを食べて。
8031東ソー7/18 22:09
おう、覚えたぜ。
よろしくな、シャルミィ。

(笑顔で握手を求めて、片手を差し出す。)

…あー、モンスター。すっかり忘れてたぜ。
まだイベント期間は続くらしいからまぁ、そんなに急ぎじゃなくてもいいか。
それよりも今はスイカだぜ。
8032ポーサン7/18 22:10
『…え?……あぁ、私の?
良いよ、今度は私が作ってあげるよ。』

料理のリクエストを受ければ、ボケっとしていたが我にかえり、まつりのお願いを聞き入れる事にしたらしい。
いつか料理を作ってくれる事は確定したと捉えて良いだろう。

『私は…大丈夫……?』

「らいじょぶれす……。」

『……うん、駄目だわコレ…。』

そしてふとオリジナルに大丈夫かと声を掛ければ、顔は赤くなって呂律は回っていない。
写身は、これは駄目だとため息混じりに諦めた。
8033シノン7/18 22:16
((もう一度カラボ設置します!
8034ポーサン7/18 22:19
「ええ、よろしく。」

彼の手を、用心深く力の調整をしながら握り返す。
もしかすれば少し痛いかも知れないが、そんなに潰れる様な痛みではない。

「…そうね、今はスイカよね。」

彼の言う通りにスイカに視線を向ければ、彼にしばしば遅れて2つ目に突入。
何事もなければそのまま食べ進めるだろう。
8035東ソー7/18 22:31
へへっ、今日から俺らは友達だぜ。

(握り返された手の圧を感じながら。がっしりと握り返された手は力強く、彼女の強さを感じ取る。)

こんな暑い日だからこそ、こんな冷たくて甘いスイカは最高や。
…でも少し腹が膨れた。俺はこれぐらいで十分だぜ。

(2つ食べ切ったところで手を止める。体が小さいから、そこまで入りきらないのだろうか?)
8036ポーサン7/18 22:53
「…あら、そう?
なら持って帰って良いわよ、家族とかお友達に食べさせてあげて。」

もうお腹いっぱいだと言う彼に、そうかと呟いて考え込むと、せっかくだから持って帰って良いと言う。
家族や友達と食べてと最後に付け足しながら。

「次は一緒に探しましょ?
フレンド登録お願いしても良いかしら?」
8037東ソー7/18 23:05
いいのか?
じゃ、お言葉に甘えていくつかもらってくぜ。
あと、フレンド登録だな?そっちも全然構わねーぜ?

(インベントリを操作して切り分けられたスイカをしまうと、フレンド登録画面に移動して、申請を飛ばす)
8038ゆず7/18 23:11
あ、ありゃりゃ…
どうしよう、お部屋に運ぶ?

(やっちゃった…と言いたげな表情をした後写身の方へ視線を向けると首を傾げて。
これだと早々に寝ちゃいそうだと判断してのこと。
思ったよりまつりは冷静。自分は飲まなかったものの、周りが結構飲んでいたため、酔っ払ってダウンしたり、暴れたりする人の介抱は結構してるのだ)

ゆーちゃんが運んでる間にわたし後片付けするけど…

(運べないようなら一緒に行くよ?と付け加えながら)
8039ポーサン7/18 23:17
「…ん、ありがとう。
じゃあそろそろ帰るわ、また会いましょうね徹さん。」

フレンド申請が届けば、それを了承して自身も余ったスイカをインベントリへ入れて立ち上がった。
そした彼の方を向いて、そろそろ帰ると伝えてからまた会おうと言って、そのまま手を振ってから立ち去っていくだろう。
8040東ソー7/18 23:20
おう、じゃあな!

(去っていくシャルミィを見送った後に、徹もゆっくりと立ち上がり、逆方向へ歩いて行く。)

((からありー
8041ポーサン7/18 23:21
『しょーーーじき、このまま放置したい…。
オリジナルの私、結構酒癖が悪いって言うか…めんどくさいから…。』

写身も少しワインを飲んだが、特に問題無く動けているが、オリジナルはヘロヘロになってぼーっとしている。
写身曰く、出来ることならこのままここに放置したいのが本音らしい。
8042ポーサン7/18 23:21
((からありー
8043ゆず7/19 01:51

そうなの?

(写身がそう言うなら多分そうなんだろう…性格に差異はあれど、一番理解してるのは彼女自身なのだから。
だから食い下がることもなく、素直に写身の意見を聞いてお部屋に連れて行くのをやめると)

じゃあゆーちゃん、しーちゃんのことちょっと見ててくれる?その間にお片づけ、してくるのです

(料理とか全部してくれたし、せめて食器洗いとかは自分で、と。見ててくれる?と疑問形で聞いたものの譲る気はないが)
8044ミン7/19 02:38
……ありがと。優君は優しいね。
あ、だから優って名前なのか。

(まだ涙目ではあるが、顔をあげてっこり笑う。そして名前の件について、妙に納得した様子を見せる
8045黒虎13737/19 08:29
…ずるいよ…こんな時に…(そっと撫でられ抱きしめられると今まで我慢したものが溢れ出す。埋め合わせなどで言葉を片付けたくないと思っては思っているが、今はそう思ってしまう)
8046ゆず7/19 13:03

こんな時だからだよ、
……もし、立場が逆だったら律も同じことするでしょう…?律はやさしいひとだから。

それとも、無視しちゃう?

(彼が落ち着くように撫でながら、少しだけ抱きしめる力を強くして。ちょっとでも支えになれば、と。)
8047ポーサン7/19 13:05
『あー…うん、お願いするよ。
その間にこの酔っ払いを運ぶ為に必要な物取ってくるから…。』

片付けはまつりに任せても大丈夫だろう。
その間に写身はオリジナルを部屋に運ぶ為に必要な物を取ってくると言って、一人先に寝室へと向かって行くだろう。

『……そうだ、まつりん。
終わったら一応私を運ぶの手伝って貰える?』

そして顔を覗かせてまつりの方へ、片付けが終わったらオリジナルを運ぶのを手伝ってくれと言って再び引っ込む。
8048こくろう7/19 13:10
>>8044

いやそういうわけじゃねぇと思うけど…

(苦笑いで泡月が顔を上げてホッとすると
自分も地べたに座り込んでニッコリと笑ってみせる)
8049ゆず7/19 19:55
いいよ、お手伝いするのです
ぱぱっと洗っちゃうから待っててね?

(お手伝いをお願いされれば、断ることなくこくこくと頷いて了承。なら早めに終わらせなきゃ、とささっと素早く食器を流し台に。
それからスポンジと洗剤を手に取り、洗う作業へ。ふんふんと鼻歌を歌いながら素早く、だけど同時に丁寧に洗っていく。
それからしばらくして、)

ふう…ゆーちゃん、終わったのです。
しーちゃんのこと運ぶ?

(食器を全て洗い終えて立て掛けた後、手を拭きながら写身の方へ。さてさてお次は運ぶ作業だ)
8050黒虎13737/19 19:58
……ありがと。(それだけ言ってこちらも抱きしめる力を強くする。こうやって甘えさせてくれる、優しくしてくれる彼女がいるからこそ、こうやって感情を表に出せるのかもしれない)
8051ゆず7/19 21:48

お礼なんていらないのに。

(感謝の言葉にくすり、と笑う。好きな人を支えるのは当たり前でしょう?って。)

………ん、…落ち着いた?

(抱きしめられる力が強くなると、密かに胸がどきり、と高鳴る。
バレてませんように、聞こえてませんようにと祈りながら、平静を装いつつ、髪を撫でながらそっと聞いて。)
8052ポーサン7/19 22:18
『ちょっと待って…今が一番危険な所だから……。』

こちらへ来たまつりを片手で止まるように促しつつ、今が一番危険な時だと言って酔ったオリジナルへと近づく写身の空いた手には抱き枕が握られていて。
そして写身はオリジナルの肩を軽く叩く。

「んぅ…枕ー!」

『はいはい…枕ですよッ!』

「わぷっ…んぅ……。」

オリジナルはゆっくりと顔を上げて、写身に飛びつこうとするが、それに合わせて抱き枕を投げつける。
上手く顔面に当たってそのまま床に倒れて…寝た。

『………よし、まつりん、手伝って。』
8053ミン7/19 23:33
きっとそうだよ、適当だけど。ほんとにありがと。

(神ぃぃと抱きつきたいが、そういう関係でもないため我慢。

なんか元気出たなぁ。お腹すいちゃったからなにか作ろうか?
(お礼にと言った訳では無いが、自分がお腹すいたのもあり、切り替えてそう言う
8054こくろう7/19 23:41
>>8053

そうだなぁ…じゃあ頼もうかな
暖かいもんで頼む!
…俺はいつも通りキッチンの椅子に座っとくとしよう

(好意を無下にするのも悪いと思い
提案を受け入れることに、ニッコリと笑って立ち上がるといつもの、料理を眺めている椅子へと腰掛けるべく歩き始める)
8055ミン7/20 00:47
わかった。すぐ出来るから待ってて?

(そう言うと、キッチンに入り、何やら作り始める。本当にすぐ出来たようで、10分しないで良い匂いが漂う。

はい、おまたせ。この間の海辺のクエストでドロップしたお魚を使ったの。

(ニッコリして差し出したのは魚と魚野田後が入ったお茶漬け。現実の鮭いくら茶漬けに近いものである。
8056こくろう7/20 07:48
>>8055

ほへぇ、お手軽でいいもん覚えたな
そんじゃ食いますか

(料理が完成したのを見届けると
満足げに立ち上がり料理を食卓へと運ぶと
椅子に座り、泡月を待つだろう)
8057ゆず7/20 12:57
な、なんかドッジボールみたいなのです…

(見事枕をぶち当てた写身を見ると、ほえぇ…とちょっとびっくりしたような、それでいて間抜けな声がもれる。
ま、まあ大人しくなったからそれでよし?)

う、うん。運ぼうか…どこに運べばいいかな?

(初めてきた場所だし、何がどこにあるかぜんっぜん分からない。お部屋、どこにあるんだろうなんてキョロキョロ辺りを見回しつつ聞いて)
8058ポーサン7/20 17:54
『いや…これやらないと私達どっちかが…もしくは両方抱き枕にされてたよ…?』

ドッヂボールみたいだと言われても、これをやらなければ写身かまつり、もしくは両方が抱き枕代わりにされていただろうと言って。
そして床で寝てるオリジナルの方へ寄る。

『それじゃあまつりんは足の方持って、私は頭の方持つから。
部屋はあの扉の先、じゃあよろしくね。』

オリジナルの頭側へ立つと、まつりに足の方を支えるようにと伝えて部屋の場所を教える。
まつりが持てば、そのままベッドへと運んで行くだろう。
8059黒虎13737/20 19:26
こういうのは言わないと…(こうされること自体特別なことなんだしと顔を上げて彼女を見つめ)

うん、お陰様で。夏海のお陰だよ(そう言って頬を撫でて)
8060ゆず7/20 21:17
わかったのです……よいしょっと

(ふむふむと頷きながら指示通りにオリジナルの足の方へと移動して。よいしょ、と持ち上げる。
そして向かう先の方へ顔を向けるとそのまま写身と一緒に運んで、)

ここでいい?

(運んだ扉の先。言われた通りにしてみるとベッドが目に入り。多分あそこだよねと思いながらも一応確認を)
8061ゆず7/20 21:20

………近い、の。

(彼を落ち着かせてる時はあまり気にならなかったけど、はっと我に帰るとその距離の近さに頬を赤くして。
頬を撫でられるとどうしようもなくて、視線を逸らしながらポツリと、どういたしまして。と返して)

…そろそろ寝る?

(夜更かしすると明日に響くし、さらに言えば明日は美湖たちと花火だから体力使うし、と。)
8062黒虎13737/20 22:31
ふふ、相変わらずだね(微笑みながらそっと手を離して)

ん、そうだね…一緒に寝る?(暑いと思うけどと提案してみて)
8063ポーサン7/20 22:43
『そうそう…よい、せっと。
……良し、まつりんありがと、しばらくこの酔っ払っいは寝かせておこう。』


まつりの確認の質問に答えながらオリジナルをベッドの上に寝かせれば、小声になりながらも部屋を出て行く。
酔ったオリジナルは恐らく朝までダウンしているだろう。


『さて……2人でケーキ食べちゃおうか。』


そして再び厨房の前を通りかかった時に、まつりに2人だけでケーキを食べないかと提案する。
もちろん少し残して置くつもりではいるが。
8064ゆず7/21 00:02
どういたしまして!でも、暴れるとかの酔っ払い方じゃなくて安心したのです。

(暴れたり泣き上戸になったりする子の介抱はひたことあるけど大変だったと頬をかきながら苦笑し。そのまま写身の後について厨房を通りかかった時、)

えっ、いいの?食べたいけど…怒られない?
大丈夫…?

(ケーキ。ケーキ。ケーキ。
その言葉にピクッと反応を示すとそのままキラッとした目をむける。食べたい。ものすごく食べたい。
だけど二人だけで食べちゃって怒られないかな?と少し心配そうにしながら。)
8065ゆず7/21 00:02

…律のせい、だもん

(こんな近くにいて。それで触られて。
恥ずかしくないわけがない。
誰のせいでこんなどきどきしてるの、と、ふいっと顔を逸らして)

……今更なんだから。…聞かなくてもわかるくせ、に。

(お出かけした日に決めてから、と。ちょっと拗ねたのか、顔はそらしたままで。
だけど拗ねてはいつつ、突き放したり離れようとしてないところを見ると心意はバレバレだと思う)
8066ミン7/21 00:07
うん。頂きます。

(食事を運んで座ると、手を合わせて1口。

なんかさ、修行の甲斐あって、少しずつ良くなってきてる気がしない…?ちょっとだけ!
8067黒虎13737/21 08:49
ふふふ、多分、お互いにかもよ?(自分も平静を装ってるつもりだが、内心恥ずかしいヤラなんやらで胸が高鳴っている。)

ん、じゃあ行こっか?(立ち上がり彼女の手を引いて)
8068こくろう7/21 11:53
>>8066

んー、そうさなぁ、確かに上達したな
そこら辺の奴には負けないんじゃないか?
案外覚えも早かったし、修行ってほどのことも最初からしてなかったしな

(こちらも料理を口に運びながら
泡月の問いに答える
住み込みで料理修行なんか初めてあまり時間は立ってないが確かに泡月の料理の腕は上がっている
やはり戦闘とかこなしていくと判断力とか飲み込みが早くなるのだろうかなんて思っているようで)
8069ゆず7/21 13:22

……ほんとに?

(お互いなの?って。ちら、とだけ視線を戻して横目で彼を見る。
結構、こういう時自分もどきどきしてるんだから、と彼は言うけどやっぱり表面だけだと分かりにくい。)

…………、

(それがなんだか悔しくて、繋いだ手に、きゅ、と力を込めて。そのまま歩きながら、こて、と軽く彼の上腕あたりに頭をもたれさせて)
8070ミン7/21 14:14
ほ、ほんとに…?
(少し自分でも腕に自信がついてきたようだったが、認められたのがよっぽど嬉しかったのか、ぱあーっと顔が明るくなる。

まぁ毎日ちゃんと心を込めて作ってるからね。
(そして照れ隠しのドヤ顔。
8071ポーサン7/21 15:54
『まあ、確かに枕渡せば大人しくなるから…まだマシかな…?
こっちもこっちで面倒なのは変わらないけどね。』

暴れるとかではなくて安心したと言ったまつりの言う通りであると思う。
オリジナルは枕を渡せば大人しく寝るからまだマシな部類であるが、それでも捕まれば離してくれないので面倒なのは変わらない。

『大丈夫大丈夫、ちょっと残しておいてあげよ。
それで多分納得してくれるよ。』

ケーキは残しておいてあげれば、納得してくれるだろうと言って、ケーキを食べようとまつりに持ちかける。
8072黒虎13737/21 17:55
ホントだって…(後で聞かせるよと、冗談交じりに言ってみて)

……ん(そっと彼女の頭を撫でて、なんだかんだで甘えたいのかと思うと笑みがこぼれる)
8073東ソー7/21 19:44
((からぼ
8074こくろう7/21 21:06
>>8070

そうかいそうかい…
んで、いつまで俺の家で修行するんだ?

(少し相手の様子を伺うように相手の方をちらりと見る
はっきり言ってずっと居てくれればそれに越したことはないが
そうがならないのが現実、タイムリミットは知っておかねばなるまい)
8075ミン7/21 21:10
え…?

うーん……考えてなかったかも…

(終わりがあることは分かっていたが、特にその期限については考えていなかったらしい。
8076東ソー7/21 21:12
((くるか…?くるか…?
8077こくろう7/21 21:16
>>8075

そっか…そうだな
でもずっと家にいるつもりか?

(ゲームがクリアできるまでどれくらいの期間が分からないが
ずっと先というのは確か、その間どうするのだろうと疑問に思ったようで)
8078黒虎13737/21 22:47
((でぇん
8079ゆず7/21 23:20
そう…?それなら…

(ちょっとまだ踏ん切りがつかないのか、オリジナルが寝てる部屋の扉と写身を交互に見る。
みて、みて、みて。何度か視線を彷徨わせた後…)

食べちゃおっか!えへへー!楽しみなのです!
甘いものは別腹だし!

(決意したのか、キラキラとした表情を向けてにっこりしながら。ワインの時と同じである。
るんるーん!と楽しみな様子でそわそわし始めた)
8080ミン7/21 23:20
えっと……うーん…

(雨宮くんさえいいならいつまでも…なんて言える訳ではなく、曖昧な感嘆詞を口から吐くだけ。

…その…1パーセント位はそれも考えてたかも…なんて?
(しかし無言でいるのは苦しかったのか、その思いを1パーセントに凝縮して、何とも苦し紛れに笑う。
8081ゆず7/21 23:23

むぅ……、

(ちょっと頬を膨らませつつも素直に撫でられたまま。なんだかんだ言っても、こうやって撫でられるのは心地いいし、だから突き放したりはせず。
拗ねてるから言葉にはしないけど…)

………律の部屋がいい。…だめ?

(寝るの、と。ぽつりと一言。
これくらいのわがままはいいよね?なんて思いながら)
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中