カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

Injection/Ep10(イベント中)

                  
紫水 閃花10/18 20:11
Xからの移動、一から始めるので新規様も大歓迎しております。
設定とかまとめたWiki作ってみました
https://www65.atwiki.jp/injectionmatome/sp/
更新期間中、詳しくはWikiを確認

・長文歓迎
・シナリオ重視
・置き進行推奨

以下概要
数年前日本に落ちた隕石、その隕石によって運び込まれた未知の細菌「Venom」、その驚異は我々一般人が知らない内に侵攻を始めていた。
それに対抗するは日本が誇る大企業にしてVenomの驚異を排除せんとする「神城製薬」と、世界最先端の設備を持ちVenomを軍事利用しようと企む「根上研究所」、後に道を違えることとなるこの二つの組織が共同で作り上げた特殊装備「インジェクトドライバー」を使う適合者達。
彼らは各々の目的の為に争い、今日もまた命を散らす……
──これはそんな彼らが生きる、終わりの近い世界の物語。

部屋主Twitter「@senka_simiz」
何かあればDMにどうぞ
26600紫水 閃花10/16 14:29
>>26593
「失礼します…体調はどうですか?まだ動けるほどではないとは聞いていますが…」

入室してはベッドの脇の椅子に腰掛けて、彼女の体調を問いかける…職員から聞いた話では動けるほどではないらしいが、彼女自身から容態を聞きたい…必要なものがあれば用意できるし、何より…戦意があるか確かめたかった。
26601紫水 閃花10/16 14:36
>>26596
「……わかり…ました…」

今更返されても…そう思うが、確かに死ぬ前にもう一度初草に会いたいと思うのは事実で、ならば自分の命が手元にある状況は悪くないと思う…
だが、返事は返したが、それを受け取る気にはなれないのか、振り返ること無くその辺にでも置いておいてくれればと、そんなことを考える。
あと一歩、もう一度立つ勇気が欲しいと、そんなことを思いながら。
26602朝日10/16 15:06
>>26601
「ここに置いておく。……早めに行くといい。手遅れになる前に」
枕元にアンプルを置くと、カツ、カツと出口まで歩いていく。
医務室を出る直前、扉の前で立ち止まった。

「もしも、世界中の全てが鯨木を必要としなくても。俺には君が必要だ。だから……無価値だから投げ棄てるなんてことは、しないでくれ」
それは、好きだからだとか、愛だとか、そんなものではないけれど。ただでさえぶつけられない憎しみが、その方向性すら失うことを怖れただけだけれども。それでも、必要だと、そう言いきった。
言葉はそれきりで、カツ、カツ、松葉杖を突く音だけが響いた。
26603さいかた10/16 15:16
>>26600
まだ体が怠いとか少し息苦しいとかありますけど、大まか大丈夫ですよ。

(まだ色の良くない顔に、笑顔を浮かべてそう答える。特に笑うようなことはなかったが、できれば暗い顔はしたくなかったからだ。
そんな様子だが、動けない時点で大丈夫じゃない。それさえ考えなければ今言ったような状態なのだが。
こんな調子で、果たして原初との戦いに戻れるのか。その意志があったとしても可能なのかは怪しかった。)
26604墨染10/16 15:28
>>26597

……友達を犠牲にして生きるくらいだったら全員で一緒に死んだ方がいい。寂しくないから。

(携帯をロックして早乙女を、自分の首に伸びる手を抵抗する素振りも見せずに見ていた。

まだ相手には何も伝えてない、でも伝えないほうがいいのかもしれない。余計に何か伝えたらそれがLordへの引き金になるかもしれないから)
26605紫水 閃花10/16 15:33
>>26603
「そうですか…はっきり言ってしまえば、初草さんの力が必要になると思います…ですが、戦えなければ良いとも私は思っています…初草さんのような子供に戦わせたくはないですから……」

戦えるかどうかはわからない…一応、元気そうに見せてはくれているが…素直な気持ちを伝えれば、本題はこれじゃないと、それを伝える…彼女が聞いていたかどうかは知らないが、聞いていなければ尚更、伝えて置かなければ…

「ノヴァへの最終手段として、もう一体ノヴァを作ろうと早乙女さんが動いています…その結果、鯨木さんの命が必要となります……反対意見は出ましたが、これ以外に有効な案がありません、私も…反対したいですが……」

世界を救うために数人…Venomを人に含めなければ犠牲は無いが、それでも誰かを犠牲にする作戦など認めたくはない、だがこれ以外に策はない、だから鯨木を死なせてしまうことは確定しているものとして、会いたいのであれば呼んでみると、そういうつもりで話を切り出した。
26606紫水 閃花10/16 15:41
>>26604
「そりゃいいな、わがままは嫌いじゃねぇ…誰だってわがままに生きてんだ」

抵抗されないならば都合が良いと、羽矢蔵の首を掴めばそのまま持ち上げるようにして締め上げながら言葉を続ける。

「だから、わがままを通すには力がいる、他人のわがままに振り回されねぇように目障りな奴を捩じ伏せる力がいる…お前のわがままは俺にとって目障りだ、意味…わかるよなぁ?」

このまま絞め殺すなんて甘い考えはない、首を折る…Venomの筋力だ、難しい話じゃない…相手も同等に頑丈だが、だからこそ首を折って仕留めたい、絞め殺したら組成する可能性があるから。
26607墨染10/16 16:06
>>26606

うっ、ぐ………ガ……

(締め上げる手を爪で引っ掻いて抵抗してるものの、それは反射として行っているだけで、本人は抵抗する意思がないのが明らかだ。本気で抵抗するならドライバーを使用すれば良いのだが、それをする様子はない。

どうせ自分が生きてたって死んだって早乙女はあの子を追ってLordにしようとするのだし、精神的に限界で人が信じられなくなった自分がこの先生きてたって幸せになれるとも思えない。それなら今死んだ方が苦しむ期間が短くて済む。

そう思ってしまうほど生きてることに希望を見出せなくなってしまった。)
2660810/16 16:40
>>26554
((一応あんかっかなのですお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
26609紫水 閃花10/16 18:24
>>26607
手応えのない、そんなことを思いながら終わらせようと手に力を込めようとしてその手を離す…

「殺すわけねぇだろ…ほら、行け…別れの挨拶ぐらい言わせてやるよ」

つまらなそうに呟くその口振りは、羽矢蔵が巧に連絡しようとしていたのだと予想してのもの、彼女の予想通り止めようが止めまいが巧をLordにして仕留めることに代わりはない、だが…そこに慈悲がないわけではなく、友人だと言ったからには何か言いたいことでもあるのだろうと…
それが、何の連絡だろうと関係などなく、ただ全てが終わる前に言っておきたいことは言っておけというものであった。
26610さいかた10/16 19:39
>>26605
私にできることがあったらなんだってしますよ。今だってドライバーさえあれば動けるはずですから。

(笑顔を崩さないままそう答える。しかし、それは作り笑いのようなものでもあった。
彼女は誰かが戦いに行くことを望んではいない。それこそ、軽蔑されるべき虐殺者である自分にすら望まないほどに。それはわかっていた。
が、今の自分の意志はそれとは反対だった。こんな命の投げ打ってでも力になりたいと、そう思っている。悲しませたくないけど、それでも譲れない、と。
その後ろめたさを誤魔化すように作った笑顔だった。)

…………え…?

(しかし、それは次の言葉を聞いて崩れた。
意識とは関係なく漏れ出た言葉の次に続く言葉が出てこない。理解しているが、それを受け入れられない。

自分にとって、初めてできた親友を、殺す?

何を言っているんだ、と。もっといい手段だってあるはずだ、と。
現実から目を背けるような思考ばかり巡らせて、返事をするべき相手が目の前にいることすら忘れていた。)
26611さいかた10/16 19:42
((これはもう全部終わらせた後に鯨木ちゃんと仲良死するしかないな()
26612墨染10/16 19:56
>>26609

っ…………

(地面に倒れ、しばらく咳き込んでいたが、それが治ると携帯を取り出して巧にメッセージを送り、ふらりと立ち上がると歩き出す。

『暫く連絡できてなくてごめんね。
結局、原初を止めるのは失敗してしまった。原初は10人のLordを食べて、明日にも地球を壊してしまう。
だから、家族や学校の友達と一緒にいてあげて。僕は、親の最期に何も出来なかったし、それを後悔してる。同じ思いをしてほしくないんだ。
ごめんね、さようなら。』

送った内容としてはこんな感じ、向かった先は家でも神城でもなく、巧の学校からも離れた、自分でもよく知らない場所。全てが終わる前に、彼と会わない選択を取った。

理由はメッセージ通りでもあるし、会ってしまえばLord覚醒する可能性が高いだろうという予感がしたからだ。
………薄々感づいていたのだ、巧が自分にどんな感情をいだいているか。)
26613紫水 閃花10/16 20:53
>>26610
「……わかっています、私を一生恨んでくれて構いません…ですが、これしかないんです…」

泣いてすむ話ではないのもわかっているし、泣きたいのは彼女のはず…いや、あまりに急な話で自体を理解さえしていないかもしれない…それでも、彼女の立場になれば、自然と涙が流れてしまう。
許してくれなどと言うつもりは無い、発案者は早乙女だが、それを受けて皆にその流れで行こうと言うのは自分であり、最高責任者として決める神野もまた頷くだろうから…全ての責任は自分が背負うつもりで頭を下げる。
26614さいかた10/16 21:29
>>26613
(それを聞いた瞬間、今まで彼女に向けていた顔が俯くように下へと向いた。
目を合わせることを拒み、これ以上言葉を発することをやめたかのように。このまま、何も起きずに時間が流れるばかりになりそうな程の沈黙だった。)

…………わかりました。

(しかし、それは纏っていた空気の割にはすぐに破られた。が、それは決心からではない。それにしては明らかに声が冷えていた。
無論、彼女を責めているわけではない。いや、責めるわけがなかった。彼女はやらねばいけないことをやろうとしている。そのための犠牲を罪に思ってくれている。

ただ、自分に失望していただけだ。自分がもっと強ければあの場で原初を倒せた。そうすればこんなことにはならなかった。みんなと、鯨木と生きていられた。
全部、全部自分の弱さのせいだ。あそこで撤退なんてしなければ勝てたかもしれないのに、力になれないからってあっさり引いた。あのとき、力を尽くさなかった自分を嫌悪した。

そんな後悔したってもう手遅れなんだと。望んでいた未来はもう来ないのだと。そんな失望と自己嫌悪とが、今の自分の思う全てだった。)
26615なっきりーん10/16 22:26
>>26554

——!!

(…羽矢蔵から話を聞いた時は、一体淳は何を馬鹿な事を考えているのかと思っていたが。
何と言い表せばいいか…こうして彼奴の本当の意図を理解するとどうにも…)

……全くもって…

…むかつくほどに彼奴らしい。

(唇を引き締めた。
彼奴は昔からそんな奴だったか。本音は最後の最後まで決して見せず、何かと自分を犠牲にする…たとえそれが、自らが独りとなる選択になるとしても。必ずしも、最良とはいえない結果になるとしても。
…あぁ、けれどもその悪い癖については、俺も彼奴の事は言えないか。)

…分かった、必ず彼奴を止めよう。
決して友(彼奴)を独りにするものか。それお前(友人)の願いなら、尚更のことだ。
…ありがとう、俺に託してくれて。

(自然と握り締められていた両掌を解き、目の前の彼の肩へぽんと手を置いた。大丈夫、そう無言で微笑み宥めるように。
彼も随分と辛かっただろう。自分の行為が、まさか望まぬ結末(友人の孤独)を手繰り寄せてしまっていた事を、自身が友人に出来る事はほぼ無い事を。そして…友人に何も出来ないまま、死んでしまうかも知れない事を。
俺に出来る事は今の時点では明確には分からない。けれども…やはり前とやるべき事に、変わりはない。
——俺は必ず、彼奴を止める。)

それと…その想いは、本人には伝えたか?
伝えていないなら、出来ればで良いが…そう言ってみたらどうだろう。
…もしかすると、彼奴が思い留まるきっかけになるかも知れないからな。

(そう、付け加えた。
勿論俺自身も動くが、けれども最良の結末は奴がMを…友人を原始に食わせる事を、計画を思い留まる事。
M自身もできるなら淳と共に居たいはずだし、何より彼奴の側にはMを…こんなに素晴らしい友人想いの友を、ずっと置いてやりたいのだ。)
26616なっきりーん10/16 22:27
((また遅くなってごめんなさい坂さん()
26617紫水 閃花10/16 22:41
>>26612
「おぅ、お役目ご苦労さん…後は五分ってところか…」

メッセージを送り終えたであろう素振りを見れば、その後ろ姿に声を掛けて、早乙女もまた歩き出す…その方角は羽矢蔵の家。

「友達とやらになんと言ったかは知らねぇが…まぁ、友達なら来るだろ……」

羽矢蔵に染み付いた羽矢蔵自身とは違うVenomの匂い、かすかではあるが忘れないように気を張りつつ歩きながら呟く…我ながら根上みたいなやり方だが、どこにいるかもわからないVenomを探すよりかは「友人」を利用してやった方が確率が高いと思っての行動…
26618紫水 閃花10/16 22:47
>>26614
「初草さん…私にこんなことを言う資格なんてないのでしょうが……せめて…最後に鯨木さんに会っておくべきだと思います…初草さんが動けないならば、私が鯨木さんを呼んできますので…」

彼女の答えにまた涙が溢れる、決心したのだとしても、とても辛いはずなのだと、そう思えば涙が溢れてしまう…
もちろん、自分も諦めるつもりは無い…何せ早乙女に預けたビーは友人の牡丹であり、色々あったが失いたくないと思っている…だから、何か別の手段…せめてまだ身体の残っている鯨木や優城を生かしたままなんとかできないか、案を考えたい…
26619紫水 閃花10/16 22:48
>>26602
からありって言ったつもりになっていた事件
26620さいかた10/16 22:55
>>26618
(それっきり返事はなかった。もうこれ以上話したくない、と言わんばかりに俯くだけで、ぴくりとも動く様子がなかった。
呼んで来れば話しはするだろう。ただ、会うことを望んでいるのかいないのかも、推察することはできないだろう。)
26621紫水 閃花10/17 00:26
ではでは初草ちゃんの方もからありですのん
26622朝日10/17 00:27
((からありです!
26623さいかた10/17 08:36
((か゛ーら゛ーあ゛ーり゛ー
26624さいかた10/17 08:36
((鯨木ちゃんとどうなるかはさておき、一回からぼなげておこう
2662510/17 15:37
>>26615


「———私は、」

呟き、温もりを確かめるように、
検体Mは、肩に乗せられた手に触れる。

「 検体Mは、venomです。

…"根上"という家系は、venom(私達)の被害者です。手段として私(venom)を育てなければならないほどに追い詰められていたのです、根上さんが私を恨まぬ理由が無い。……それに、私は単なる贄、…それどころか、どうやら彼にとって疎ましいことこの上ない性質に育ってしまったようですから。__だから、」


「 根上さんは、私のことがきらいなのです 」


そうして、ひどく悲しそうに笑ってみせた。


「貴方の仰る通り、少しでも根上さんが思いとどまってくれたなら嬉しい。
ずっと、根上さんの側に居られたならすごく嬉しい。……一緒に居たい。……離れたくない。
…けれど、こんなものを伝えたって、更に彼を苛立たせる結果にしかならないのです、……根上さんが笑ってくれることが一番嬉しいのに、…私がいなくなったら彼は嬉しいと思うのに、それを嬉しいと思えないのです、

……ただで死ぬことが出来ないくらい、検体Mは"不良品"なのです。


したいと思えることが出来た、

したくないと思えることが出来た、

やっと【それ】を理解することが出来た。


……だから、さいごに、それくらいやっても許されるなんて思ってしまうのです。」


こみ上げる熱を堪えながら真っ直ぐに彼を見つめ、その手を掴み、自らの肩から降ろす。

怖かった。

根上淳がひとりぼっちになるのが、怖くて怖くて仕方がなかった。

怖さのあまり、自らの身体が震えだしたことを、彼に知られたくなかったのだ。


「………黒星武彦。最後に、一つ。

もし可能であれば、貴方が以前私に使ったアンプルを、私に一つ譲って下さいませんか?」

仕切り直すように深く息を吸い、ゆっくりと述べた。
26626墨染10/17 17:30
>>26617

(再び携帯を開き、巧にメッセージを送る。

『僕の家には行かないで。早乙女が向かってる』

早乙女がvenomと見れば問答無用で殺しにかかる存在だとは何度も巧に言っている。これで、家に来るのは思いとどまって欲しい。
それだけすると、自分でも分からない何処かへとふらふら歩いて行った)
26627龍崎 10/17 17:34
((さすがに誰とも絡まないのあれだから、とりあえずからぼっとく
26628さいかた10/17 20:01
>>26627
((病院でしか無理&絶望状態だけどそれで良ければ
26629龍崎 10/17 20:37
>>26628
((いいぜからもー
先頼みたみ
26630龍崎 10/17 20:37
((あ、あと返信亀になる
26631紫水 閃花10/17 20:41
へきるんもからありですのー
26632墨染10/17 20:43
((からありです
26633さいかた10/17 21:06
>>26629
((はーい
26634さいかた10/17 21:09
(あの後、何も考えずにただ時間が過ぎるのを待っていた。あるいは、考えたくなかった、考えないようにしていた、と言うべきかもしれないが。
ただ、時々来る看護師に治療を任せ、必要なことだけをする。そんな時間が流れて行っていた。)
26635龍崎 10/18 00:25
「……初草ちゃん、いいかな?」

コンコンと、ノックの音が響く。
扉の向こうから声をかけたのは、今まで何度も初草のお見舞いに訪れた歩夢の声で。
今回もお見舞いなのだろうけど、その声はどこか真剣さを感じさせるほどに落ち着いた声音で……
26636リジー10/18 00:35
((ワタシ、ログ、サカノボル、オワラナイ、ナガイ、ツライ、サカノボル、サカノボル…
26637朝日10/18 00:37
((ざっくりウィキのストーリー読んどけばいいんじゃないか説
26638リジー10/18 00:37
((その手があった(蘇生)
26639朝日10/18 00:38
((どーせ優城ちゃん殆どの情勢知らないから問題無さそう(小並感)
26640リジー10/18 00:44
((逃げちゃってから音沙汰無しだからなぁ
然しその点その間に何をしていた事にしても大丈夫なのだ
26641朝日10/18 00:48
((なにをやらかす気なんだこの人……
26642墨染10/18 00:52
((怖いこの人
26643リジー10/18 01:49
((愛!愛!
26644朝日10/18 02:18
((危険なLordはしまっちゃおうねぇ()
26645さいかた10/18 08:25
>>26635
……どうぞ。

(何度目かの返事だった。落ち着いた印象を感じさせる声も、もう何度も聞いたことだろう。
が、相手もそうであるようにこちらも前までとは違う何かを持っていた。表すなら、乾いた声だった。感情という色を失った。そんな声だった。)
26646さいかた10/18 08:25
((寝落ちしてたぁ…
26647なっきりーん10/18 11:41
>>26625

M…

(何も、言えなかった。
そんなはずはないと、根拠もない無責任な希望を押し付ける訳にもいかなかった。
目の前で悲しむ彼を、怯える彼を見つめるただの置物でしか在れなかった。
それがあまりにももどかしいのに。
…けれど、それでも。一筋の望みをかけるのならば。)

…俺は、
お前が望む事が叶う事を願っているよ。

(彼の片手の平に、一つアンプルを握らせた。
…その性質から予測するに、恐らくMが使用するであろう相手までは容易く想像できた。
本来ならば、ある意味“恐ろしい”性質を持つ為に簡単には他人に手渡す事の出来ない代物。
…けれども今だけは、最後の自分勝手な願いと共に、彼に託した)
26648AKI10/18 11:58
((私はどう動いたモンかねェ…
26649龍崎 10/18 20:05
失礼するね、と扉を開ければ、ベッドの脇にある椅子に腰掛けた。
普段なら、にこやかに差し入れ〜、なんて言うところではあるが、今となってはそんな気も失せていて。
ベッド横の台に果物の入ったバスケットを置いて。

「……なんか、随分と話が壮大になっちゃったよね」

24時間。
それが世界滅亡までのカウントダウンだった。
がむしゃらにやっているうちに、そんな話になっていて、ラスト1日というタイムリミットが設けられていて。
大変なことになっちゃったね、なんて苦笑しながら、初草へ話しかけた。
26650さいかた10/18 20:11
>>26649
………そうですね…

(そこに関しては今に始まったことなのかわからないが、適当に相槌を打った。苦笑する神凪に対し、こちらは沈んだように顔を動かさず、下を向いていた。
一体どんな顔をしているかは目が合わないのでわからないだろうが、少なくとも暗い顔なのに変わりはないだろう。)
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中