カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

【オリキャラRP】Bloody Night side R

                  
AKI6/25 05:27
注意:解説及びwiki必読
《https://www65.atwiki.jp/bloody_nightsr/》
部屋主Twitter
《https://mobile.twitter.com/Aki_you_ready》

此方の部屋はオリジナルキャラクターでRP(ロールプレイ)をして遊ぶ為のものとなってます。

注意;
置き進行推奨
戦闘:推奨 シリアス:推奨 キャラロスト:一応非推奨
戦闘は(設定を無視しない程度に)雰囲気重視
R-18その他参加者が不快になる様な行為は禁止
43400さいかた12/10 15:10
((これはからありかな?
43401紫水 閃花12/10 15:11
((からありやなぁ
43402フランコ12/10 16:34
>>43394
「実はですね……

───どうです?楽しみでしょう?」

あやめにそっと耳打ちする。か細く他人には聞こえない声だろうが、スラスラと口から出るその言葉には幾分重みがある。
話し終えると、ニッコリと屈託の無い笑顔を見せ

「それじゃあ気を取り直して行きますよぉ〜!!」

その手を握ったまま、風紀委員の部屋へ突撃するのだった…。
43403不思議12/10 20:04
((あげー
43404ペスト兄貴12/10 20:09
((キリもいいですしからありさんですかね?
43405フランコ12/10 20:11
((そだねー
からあり!
43406紫水 閃花12/10 20:36
((亀からぼシュート
43407M1A112/10 20:52
>>43406
((だいぶ亀だが拾えるよ
43408紫水 閃花12/10 20:55
>>43407
((やったぜ、シチュとかどうしよ?
43409M1A112/10 21:09
>>43408
((前回魔法少女状態で会ったから、一般人状態が良いな。学校帰りとかどうだろうか
43410M1A112/10 21:23
((今日は落ちるので置いといてくれたら明日返すね~
43411不思議12/10 21:34
((からぼるぼーる
43412さいかた12/10 22:42
>>43411
((拾えるだろか
43413不思議12/10 22:43
((ひろえるよぃ
43414不思議12/10 22:43
((はーいあいこんまちがったしのう
43415さいかた12/10 22:49
>>43414
((生きろそなたは美しい。だが私は亀なの言い忘れたので死にます
43416不思議12/10 22:56
((んでシチュ等々は?
43417さいかた12/10 23:01
((シチュねー…魔法少女してるところの方がやりやすいかえ?
43418不思議12/10 23:02
((どっちでもー
先してくれたら合わす
43419さいかた12/10 23:11
「あー…美味しー……」

公園で棒アイスを齧る。この真冬に。
最近魔獣討伐が忙しくて仕方がなく、少し癒やしが欲しかった。そんな自分へのご褒美としては、これは妥当なくらいだろう。残っていた僅かな小遣いが消し飛んだが。
43420不思議12/10 23:19
[……あら]

前に見つけた白い猫をまた撫でにきて、魔力の気配に顔を上げる
寂しげになくあの猫を見つけるよりも先に、仲間を見つけてしまった

話しかけようとは思わないけれど、人が多いとあの子は来てくれないし、できれば早めに退散してほしいな、なんて思ってみたり、寒いのに何食べてるんだろう風邪引くんじゃなかろうか、それともバカだから風邪引かないのかしら、なんて結構失礼なことも考えてみたり
43421さいかた12/10 23:38
>>43420
…あ、お仲間かな。こっち見てたけど向こうも気づいた?

と、アイスを食べながらもちらっと魔力の気配の方へ目を向けた。が、特に話しかける必要もないので、目を向けただけで黙っていた。その視線もすぐアイスに戻ってしまったが。

勿論、相手の思惑なんて知る由もないので、少なくともアイスを食べ終わるまでは退かないだろう。
43422不思議12/11 00:00
視線を地面に向けながら、ウロウロと公園を歩く

やっぱりいない
最近ようやく懐いてくれていたんだけれど
人がいるとかないのか知らん
それとも前の赤の女王との邂逅で人間がダメになったかしらん……
43423紫水 閃花12/11 00:29
「あっつー…もういい季節やけどやっぱ部活の後は暑いわぁ…」

日の暮れも早まり時間はまだ早いが日が落ちた帰り道、陸上部として練習に励んだ後の帰り道を季節に反してワイシャツのみで上も羽織らずだらしなく歩く少女…
これで近くの有名な女学院に通っているというのだから、少女の花園なんて幻想は容赦無く踏み付けるのには十分な姿…汗でワイシャツが若干透け、少々危うくなっているが本人はそんなことお構い無し…羞恥心が薄いのもあるが、万が一にも変質者が出ようとそこらの男は恐るるに足りない、そんな彼女も一年前ぐらいは幽霊は殴れないからダメだと怖がっていたが、今はそんな人間よりも悍ましく、普通の人には見えず触れない幽霊のような存在と戦っているのだ、今更現実の人間などどうということなどない。
とはいえクールダウンしてしまえば寒くなるのは明らかで、そこは本人も理解していると、手には鞄と上着があり、すぐに着るように用意した状態で無防備にぼやくのであった。
43424さいかた12/11 08:29
>>43422
何してるんだろあの人、ひたすらウロウロしてるけど。
だんだんと不審者に見えてきた。何をするでもなく公園をうろついているなんて、散歩にしてもおかしい。

よし、アイスも食べ終わったしごみ捨てのついでに逃げよう。そう決めてその場を離れ売店近くのゴミ箱へ向かう。
43425さいかた12/11 08:29
((おはようございやす
43426さいかた12/11 08:46
((おはようございやす(土下座)と打ったつもりでいた
43427朝日12/11 14:38
((にゃーん
43428墨染12/11 15:01
((にゅーん
43429さいかた12/11 15:36
((にーん
43430ちくわぶ大明神12/11 16:03
((ぬーん
43431AKI12/11 18:30
((ちょっと早いけど"動かす"か思案ちうの巻
43432不思議12/11 18:54
((えっまってかたつむりさんや、これこのまま何もせず終わるパターン……
43433ryuji12/11 18:55
((突然コンドルが飛んできて、とかでどうでしょう()
からぼ置いときます
43434さいかた12/11 19:14
((猫が現れてくれればまだ続けられる…
43435さいかた12/11 19:14
((………かもしれない
43436ryuji12/11 19:14
((オイオイ……
43437さいかた12/11 19:15
((「あ、猫待ってたのかーなるほどー」
的な感じで覗き見したりできるから
43438M1A112/11 19:21
>>43423

『お、姉ちゃんやん。』

洒落を効かせたジョークではなく、詠嘆、呼びかけ。

特に年下年上もなく、姉、と呼ぶにも差し当たり頓着はない。
あるとしたら、自分は学校よりは街中をぶらついている日数の方が多いので、やや純然たる学生には気後れしなくもないくらいか。

夕焼けの燈を踏み分け、踏みつけ、意気揚々と駆け寄る。
他校生――――それも私服の割に無闇にうろついている――――が現れたらばそれなりに警戒の対象になりそうだが、相手の良い意味での無防備は知るところ。

『お疲れ様~!
何やってきたん?相撲とか?』

気兼ねなく飛びつき、何かと失礼なことを宣う。
43439紫水 閃花12/11 20:53
「うわ、美弥子かびっくりしたぁ…相撲なんかやらんよぉ、お姉ちゃん陸上部やから今日もせっせと走り回っとったんよ」

飛び付かれるも直前に聞こえた声に知り合いだと分かれば足を止め、飛び込んでくる身体を避けることなく受け止め、記憶に今も残る彼女の名を呼ぶ…
彼女との出会いは最悪な魔獣との遭遇でもあり、そのことも想起させられれば、自分の体臭が気になってくるもので、しかも冬だろうと走れば汗もかくのだから自然とそこに思考が辿り着く。

「あー…美弥子、抱きついてくれるんは嬉しいんやけど、お姉ちゃん今汗臭いと思うから離れてやぁ…で、こんなところで何しとるん」

まだ二回ではあるが、彼女と会うと何かしら臭い関係で何か問題を抱えている気がすると、何の運命だろうかと疑問に思いつつ、臭うだろうし離れてくれと言いながら、何をしてるのだろうかと首を傾げて問い掛ける。
43440M1A112/11 21:33
>>43439
『え~……?ならこっちやな!』

手を握り、からんらからからと陽気に笑う。

魔獣との話から、相手が気にしていそうなのは察せられてもおかしくはないような気はするが、さて何かあったかな、といわんばかりの振る舞いであるから、脳天気なものであった。

『私?私な……あー、お墓参りの帰りや。うん。ま、別に大した事じゃないんやけどな?あはは。』

なんて、頭をかく。
墓参り。
誰の?というのを、意図的に誤魔化している。というのと。
第一、こんな時期と時間帯にに徒歩で墓参りなど行くなら、それは手前が幽霊ではないかという騒ぎである。時間帯から何からアンバランスで、手持ちが何もなさそう―――携帯電話や財布くらいがポケットにあるとしても、手荷物ひとつ持っていない―――なのも、どことなく奇異であった。

『てか、陸上やっとったんか……

オン・ユア・マーク!って奴?』
43441花下 琴葉12/11 21:47
((からぼるぼーる

あともう一個
不思議んの携帯がとうとうご臨終したらしい
つまるところ浮上できないわけだ
43442さいかた12/11 22:01
((つまり絡み切った方がいいかい?
43443花下 琴葉12/11 22:14
((タブンネ

この雪の中にもともと壊れかけの携帯を落っことしたそうだ
43444朝日12/11 22:29
((雪に水没とか笑えない……(気をつけなくちゃ)
4344512/12 01:31
>>43395

「お客様なんだから置いておいて良かったのに……。」

自分の分を食べ終わって、食器をシンクへと持っていく。
当然自分の分は自分で洗うわけだが。

「ハクが先にお風呂入るといいわ、お布団出さないといけないし」

皿洗いが終われば入浴を勧めて、サクサクと就寝の準備を進めようと
43446紫水 閃花12/12 02:17
>>43440
「そか、お疲れさまやなぁ…そうそう、お姉ちゃんこう見えて足めっちゃ速いんよ、あ、魔法少女の力とか抜きでな?
せやけどこの時期早く日が暮れるしもう少し早く帰らんとあかんで?変な人とか変なのとか湧くからなぁ」

墓参りと聞けばそこで誰のかなんて無遠慮なことを言うほど頭が弱くはない、そんな話は良い話でないに決まっているのだから。
素直に離れては繋がれる手にこれならば言うことは無いと、同じように笑い、墓参りの帰りということもあってか気を遣うように手は塞がっているので頭撫でたりはできないが、口調だけでも甘やかすようなことを言いつつ、暗くなる道を見ながら彼女を狙ってるのは人とは限らないのだから、明るい内に帰っておくべきだと困ったように微笑む。

「しゃあないからお姉ちゃんが行けるところまで送ってくわ!お姉ちゃんがいれば変な人も変なのも何も怖くないで?」

自分も分類としては女子だ、だが喧嘩慣れもしていて怪物相手にも戦える、このまま一人で帰らせるよりずっと良いだろう、ただでさえ彼女は原因不明だが魔獣に狙われやすいという…ならばこう申し出ないでどうするのか。
43447花下 琴葉12/12 07:30
((からぼるぼーる
43448花下 琴葉12/12 19:09
((あげつつからぼる
43449さいかた12/12 19:12
((拾いたいけど拾ったら命の危機なので黙ってからぼ置きます
43450花下 琴葉12/12 19:18
((みんなツッキーへの反応ひどいよ?
43451M1A112/12 21:10
((すまん今日ちょっと返せんから明日返すね
43452朝日12/13 00:46
((初手がアレだったからね……(地雷踏んだ元凶)
43453借りた猫12/13 00:57
>>43449
((拾 う
43454墨染12/13 14:00
>>43445

…あ、えっと……
入ってきます…

(お客様だから、と言われると反論するのも悪いと思い、皿を置いて風呂に入った。

暫くして白峯から借りたパジャマに着替えて出てきたが、少しサイズが大きい。だぶだぶになっている)
43455さいかた12/13 14:39
>>43453
((やっと絡めるよぉ
シチュはどしよ、学校帰りとか?
43456M1A112/13 17:45
>>43446

『良かったやん、足速い娘はモテるで?確か、小学生の頃そんな話あったわ。うん。』

ははは、と笑って冗談を吐いて。

『あー、送って欲しいんは山々なんやけど……

ダメやな。私はも少し迷ってなきゃいけないんや。』

それから、二、三歩進み、振り返れば、バツが悪そうに頭をかき。

『………お姉ちゃんは強そうやから心配なさそうやけど。
なんたらの女王…やっけ。赤か。ともかく、あれに会いに行かなあかんねん。勘弁してや~?』

色々食い違いを残したまま、比較的丁重に断り、走り去る。
43457M1A112/13 17:45
((からあり
43458紫水 閃花12/13 18:19
((からありやでー
43459花下 琴葉12/13 19:38
((からぼるよー
43460借りた猫12/14 02:03
>>43455
((そんな感じでいいと思います〜
すいません、先お願いできます?
43461さいかた12/14 08:23
>>43460
((うむ、よかろう
43462さいかた12/14 08:30
「はぁ〜おーわったぁ…」

伸びをしながら校門を通り抜ける。
魔獣討伐が最近多かったから学校に行くだけで少し疲れた気分になっていた。
前はアイスを買ったりして癒やしにしていたが今はお小遣いがない。どうしよっかなー、とぼんやり考えていた。
43463ryuji12/14 15:49
((からぼを出しておきますね
43464借りた猫12/14 18:31
「あ、志那。今帰り?」

そんな彼女の後ろ姿を見かけ声を掛けた。学校という少々息苦しいい場所から解放され、さて帰ろうかと校門へと歩いている最中に彼女を見かけたのだ。少し駆け足で彼女の横に並ぶと、そのまま横について歩いていく。

「今日もお疲れ様〜」

なんともやる気のない声で労いの言葉を掛ける。これがいつもの事。いつもの日常。見かければ一緒に帰るし、見掛けなければ適当に寄り道しながら帰る。なんとも流れるままに生きていく。…それが、日常というものだろう。
43465さいかた12/14 19:40
>>43464
「あ、雪ちゃん!」

足を止めて振り返るとぱぁっと笑った。
親友に会った、というだけのことだが、最近中々話せなかったのもあって、それだけでも嬉しかったのだ。

「うん、雪ちゃんもおつかれ!」

やる気のない雪とは反対に元気だった。
確かにわざわざ待ち合わせしたりしてまで帰ることはないが、一緒に帰るのは楽しみにしている。
流されるまま、しかしその流れの中で毎日を楽しむ。それだって、きっと日常というものだろう。
43466さいかた12/14 19:40
((遅れました3回死にます
43467借りた猫12/14 19:53
((今更だけど僕の名前が借りてきた猫になってるのに何らかの悪意を感じるぜ!()
43468借りた猫12/14 20:00
>>43465

「今日も志那は元気だねぇ」

なんとも年寄り臭いことを言ったがそれにしたってこの親友と呼ぶべき彼女は元気すぎると思う。彼女から溢れ出る元気パワーを浴びれば私も元気に…となる訳もなく、テンションを受け流しながら一緒に帰路についていく。

「あ、そうだ。明日までの宿題やった?」

そういえば、と思い出したように聞いてみる。最近は魔物退治で忙しい毎日は続いていたが残念ながら日常は止まってはくれない。つまり宿題の期限なんてものが迫っているのも当たり前のことでありまして。…まあ、適当にやって終わらしてはいるのだけれど。

色々と抜けている彼女のことだ。もしかしたら忘れている、なんてことあるかもしれないと覚えているだろうか、との確認も込めていた。
43469さいかた12/14 20:53
>>43468
「………や、やったよ?」

目を逸らした。嘘を吐いてるのは明らかだろう。
しかも忘れてたと言わずに誤魔化すということは多少はサボってるところもあるということ。そこまで察せるかはわからないが、どちらにしろ感心できることじゃないのは明白だろう。
4347012/14 21:19
>>43454

「やっぱりかなり大きかったわね……。
裾は捲って置いた方がいいかしら。」

だぶだぶのハクを見ながら裾を捲ってやりながら世話をやき、自分の部屋へと案内して。

青や白を基調とした物静かな内装に大きな本棚に詰め込まれた本やぬいぐるみとビスクドールがある以外は普通の女子高生の部屋なのではなかろうか。
まぁ、エアコンやら小型テレビやらがある時点で、違うのかもしれないが。

「じゃあ、私もお風呂にいってくるわ、
テレビとか本は好きに見てていいわ」
43471花下 琴葉12/15 09:57
((あげつつからぼる
43472借りた猫12/16 01:15
((っとごめん、今から書くね
43473借りた猫12/16 01:22
>>43469

「…うん、やったならまあ…いいんじゃない?」

どうやら忘れていた訳では無いようだが…まあ十中八九途中途中飛ばしているだとか答えみただとかそんな所だろう。ただそれについて言及するつもりは無い。確かに少し思うところもないことも無いがその宿題をやるのは志那だ。その志那がやったと言うのであればそれ以上は何も言う気にはならなかった。…まあ、結論から言うと。

「どうなっても知らないとは言っておくからね?」

…忠告ぐらいはしてあげる優しさはあってもいいだろう。これも親友の好である。きっと次のテストではさぞかしいい光景が見られるかもしれない。
43474さいかた12/16 13:20
>>43473
「うぐっ………わかったよちゃんとやるよぉ…」

痛いところを突かれたと言わんばかりの呻き声を上げ、その後しゅんとなった。やらないといけないことを理解しているだけに軽い忠告でも効果は大きかった。
もっとも、この後魔獣が現れて戦闘でもして体力を使ってしまったりしたら、疲れて宿題もサボってしまうのだが。
43475さいかた12/16 13:21
((本日模試故に今日この後返信できないかもしれぬ…
43476借りた猫12/16 13:55
>>43474

「…でも、志那の気持ちもわからなく無いよ。」

私達は魔法少女。普通の生活に溶け込みながらも魔獣なんて“異質”を取り除く…ある種の兵器のようなもの。…それが、私達だから。だからこそ普通の人達のやっているようなことを平然とこなしながらさらに魔獣退治なんてものをこなして行かないといけない。…そしてその魔獣がここ最近頻出するようになってきている。それにより一般の人達が持っているであろう充分な時間が取れていないのも事実であった。隣で項垂れている志那の横を歩きながら少々疲れたように呟いた。

「本当に、最近魔獣が多くなってきてる。」

何かを予兆をさせるように。…何かが迫って来ているかの様な、漠然とした不安感。確かな違和感がそこにあるのにどうも原因も分からずに途方に暮れるしかない、この嫌な予感。予想、とかそういう段階にまでは来ていないけれども、何となく、何か不味いことが起きるのではないか、なんて言う靄のような形のない不穏である。

もしかした、また……

そこまで想像してはっとして切り替えた。…いや、辞めておこう。悪い想像はするものでは無い。
43477墨染12/16 17:34
>>43470

ん……
(何だか妹みたいな扱いだな、と思いながら白嶺の自室に入る。

白嶺が出て行くと部屋の真ん中でキョロキョロと見回す。1番興味を引いたのはテレビでも本でもビスクドールでもなく、ぬいぐるみ達だった。
ぬいぐるみをそっと撫でたり、少し揉んだりしてる。

本当はぬいぐるみを抱きしめたいのだが、形が崩れそうだと遠慮していた。寂しい時は勝手にイエロかロシーロを家に呼んでモフモフしていたくらいだならぬいぐるみや毛布のような手触りのものに飢えてるのかもしれない)
43478墨染12/16 17:34
((遅くなってごめんなさい
43479不思議12/16 19:02
((からぼーる
43480さいかた12/16 23:20
>>43476
「確かにねー。そういうときもたまにはあるけど…偶然じゃないって勘が言ってる気もするし。」

根拠はない。ただ、本能的に何かありそう、とか感じるものがあった。
彼女は十中八九それを外すのだけど、同じように感じる人が他にもいるなら、今回はその一二なのだろう。

「……けどさ、私が言うことじゃないかもしれないけど…少しくらい気楽に行こうよ。」

そんな勘があるから不安もあった。そして、同じものを相手も多少は抱いているんだろうという理解もあった。
が、それを引きずっていたくはない、引きずってほしくないと思うところがあった。そのための一言だった。

自分が言える立場にない、と彼女自身は思っていたが、それでも口にした。言ってる方も不安だったから。
43481さいかた12/16 23:20
((お待たせしました死にます
43482不思議12/17 18:30
((あげじゃあげ
43483紫水 閃花12/17 18:35
((からぼじゃからぼ
43484朝日12/17 21:09
>>43483
((拾っても良かですか
43485紫水 閃花12/17 21:24
((良きですよ、シチュとかどうしましょうか
43486朝日12/17 21:32
((魔獣狩りしているところにこっちが出没するか、こっちが逃げ回ってるところを助けていただくかって感じでしょうか
43487紫水 閃花12/17 21:59
((ならば助けに行くほうが良いですかね…私はもう寝てしまうので先お願いしたいのです
43488朝日12/17 22:00
((わかりました
43489朝日12/17 22:16
時は深夜。殆どの者は寝静まり、家に帰れぬ者達は死んだ眼で仕事に打ち込んでいた。

「なんっでこうなるの!」

そんな時分、暗い路地を走る女が一人。頼りの相棒は、目を離した隙に魔獣に群がられてしまった。不運なことに残る数匹がこちらに気づき、餌(魔力)を求めて牙を剥いてきた。
殴れど蹴れども数は減らず、互いにジリジリと消耗し続けていた。

「最悪……」

行き止まり。道には気を付けていたが、あちらが逃げ道を潰してきた為に追い詰められた。
振り替えれば、ようやく追い詰めたと言わんばかりにゆっくりにじり寄る魔獣達。
ジャケットの内ポケットに手を入れた。確かな感触、忘れたくても忘れられないそれ、手放すことが叶わないそれ。それが、ここにある。……これは、使えない。諦めたように息を吐いた。
43490不思議12/17 23:12
((からぼおいとく
43491借りた猫12/18 02:11
>>43480

「…まぁ、そうだね。考えることもめんどくさいし。」

いつもの調子でそう呟いた。…内心は、めんどくさい、なんて全く思えていなかったけれど。調子を戻すのに、この不安をはぐらかすのに…丁度いい自己弁護がいつもの様に面倒臭いと放棄するぐらいしか無かったから。結局わからないのであるならばわかる所まで行くしかないのだ。わかる何かが出るまで待つしかないのだ。ただの思い違いかもしれないし、本当に厄災が迫っているかもしれない。ただ、どちらにせよ今出来ることはほとんどない。結局、魔獣を狩ることしか出来ないのである。

「気楽に、いこう。」

そう、気楽に。彼女の言葉を繰り返して、大丈夫と暗示するようにして。…それでも、やっぱり何処かに魚の骨のように引っ掛かる違和感はどうしても消えてくれなかった。…だから、何事もないように、振る舞うしかない。

「…なんかどっか寄っていこうか?」

暗い話題を帰るために、どこか寄り道しようかと提案をする。…少しでも明るい話題の方が話も弾むだろう…ね。
43492借りた猫12/18 02:11
((大遅刻すみませぬぅ…
43493紫水 閃花12/18 06:11
>>43489
「ねむぅ…こんな時間に騒がんといてなぁ、お姉ちゃん夜は忙しいんよ……」

あくび混じりの言葉と共に建物の屋上から飛び降りては、魔獣の背を踏みつけつつその足に魔力を込めれば地面を蹴るのと同じように爆音と飛沫を散らして目の前の魔獣目掛け疾走、その胴体へと掌底を打ち込みその身体を捕えると筋力にモノを言わせ全身を使い回転するような挙動で魔獣を振り回しながら更にその奥の魔獣へと距離を詰め、打ち込んだ掌に魔力を集めつつ鞭のように全身をしならせ魔獣諸共叩きつけるように振り下ろす…

「水龍盤打ってな」

叩きつけた掌が爆発したかのように爆音と魔獣の血肉が撒き散らされ、瞬く間に三体の魔獣を仕留めれば、思わず魔法使ってしまったなぁ…などと呑気なことを考えながら振り向き、眠そうな瞳で追われていた者を見据えては魔獣が落とした魔法結晶を拾い集めながら、これまた眠そうな口調で呼び掛ける。

「大丈夫かぁ?最近あいつらの数多くて嫌になってくるわぁ…お姉ちゃん妹の寝顔を見るって楽しい時間邪魔されるわ眠いわでほんまこの時間に出てくるのだけやめて欲しいんよ…」
43494さいかた12/18 08:36
>>43491
「……うん、そうだね!」

まだ胸に引っかかるような違和感が拭えなかったけど、わかんないことをずっと話してても何もないし、何より今はこんな楽しい時間を過ごしたかった。
だからいつもの調子で笑う。明るく、元気に。もしそこに少しの嘘があったとしても。今も、これからもそうしていく。

親友との、大切で貴重な日常くらいは日常にしておきたかったから。
43495朝日12/18 09:16
>>43493
「あ……」

(青の女王……!)

「あり、がとう」

肉弾戦特化の戦闘スタイル、多量の保有魔力、妹に関する発言。間違いない、赤の女王と並ぶこの街の魔法少女、青の女王。
魔獣に襲われたことよりも、青の女王に助けられたことに腰を抜かし、ひきつった顔でへなへなと座り込んだ。

「大丈夫、少し疲れただけ……」

自分の命云々よりも、目の前に大きな力が存在することの方が恐ろしい。死ぬことよりも、ただただ強大なものに恐怖を感じるように。
43496紫水 閃花12/18 11:03
>>43495
「そか、ならもうちょいここいるわ、さっきあっちでなんか知らんけどバイクに群がってる奴ら見かけたからあんま離れん方が良さそうやし…多分アンタ狙いなんだと思うしなぁ、お姉ちゃんが守ったるから安心してええよ?」

座り込む彼女が自分を恐れているなど思いもせず、安心させるように抱きしめようとする。
どう見ても年上だが、敬語は使わないし自分が姉であるという態度が崩れることはなく、さながら怯える妹を宥めるようにしつつ、ふと浮かんだ疑問を問いかける。

「こういうこと慣れてるん?初めてにしては落ち着いてるように見えるんやけど」

普通の一般人なら見えもしない、しかし見えている様子に加えこれが初めてというには混乱した様子もない…
となれば、過去に何度か同じような体験をしているのだろうかと行き着くのは道理であり、であれば少し聞きたいこともあると、彼女の返事を待つ。
43497朝日12/18 11:21
>>43496
「ひっ……」

抱き締められ、硬直する。このまま彼女に力を込められれば、骨が粉々に砕けてもおかしくない。人肌の温もりがやけに熱く感じるぐらい、血の気が引いていた。

「えぇ、一応。新人の手伝いもしているわ……あのバイクに魔法結晶を積んでね」

バイクに取り付けた鞄を開けられれば、結晶を奪われる……そうなれば何が起こるか分からない。もしも魔獣由来の魔力でも彼らが成長するならば、最悪の事態が起きるだろう。

「お姉ちゃん……そう、お姉ちゃん……」

(聞いてた通りだけれど、私が妹だなんて慣れないわね……)

できれば離れて欲しいと思いながらも、すっかり諦めたように脱力して抱かれていた。
43498紫水 閃花12/18 16:22
>>43497
「よしよし、怖かったなぁ…もう大丈夫やから、お姉ちゃんに任しとき」

自分が恐怖の対象となることなど考えもしない…少なくとも、赤の女王のような畏怖されるような存在として君臨してはいないという自負がある、故に力無き人間がただ力があるというだけで恐れるということを理解していない。
しかしそれも当然だろう、何せ瑚波翠恋は幼い頃から武の道を進み続け、無力側の人間と縁がない生活を過ごしてきたのだから、力のある者を目標に定めることはあっても恐れることなど知らないのだ。

「なるほどなぁ…それは放っておけんわな、動ける?バイクの周りの奴ら今の内に仕留めときたいわ」

狙われてるのは魔法結晶、となると彼女自身が魔獣に狙われやすいのは必然というべき…聞きたいことは聞けそうにないが、なぜ魔法結晶を集めてるのか…そこは気になる。
しかし今は魔獣の処理が先だ、成体になられては流石に手に余る…護衛対象を危険なところに連れていくのは悪手に思えるが、見える範囲にいてくれた方がやりやすい。
先程は不意をつき体勢を立て直す前に殲滅したから良かったが正面から群れに挑むとなると手間取るだろうと思うが成体になられるよりはマシだし、変な意地を張らずに魔法も使えばなんとかなるだろうと考えては手を離して一人立ち上がる。
43499朝日12/18 17:54
>>43498
「大丈夫、動けるわ」

グッと力を込めて立ち上がり、来た道へ振り返った。

(青の女王が居るなら、魔獣は問題ない…その後のことはその時考えるしかないかしら)

両手で頬をぱしんと叩いて気合いを入れ、翠恋へと向き直る。

「それじゃあよろしくね、お姉ちゃん」

そう、冗談めかして笑った。
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中