カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

再編中アルディア 新規募集

                  
りに1/16 21:36
新規を募集します。

参考wikiリンク先 http://riniarudia.memo.wiki
(再編に伴い少々物語を変えます。)

再編および立ち上げ直しに伴い、再募集をかけます。
私はまとまった時間を取りにくいため、ゆっくり話が進みますが、ご理解のほどよろしくお願いします。
800龍崎 11/10 21:06
((遅れたごめん()
先お願いするよ〜
801ゆず11/10 21:43
((おっけーい
802ゆず11/10 21:43

……………、

(少しずつ冬の気配が近づいているこの季節。ある日の休日、冷たい風がゆるりと吹く中で。一人、公園のベンチに座る制服姿の少女の姿があった。
カーディガンだけじゃ少し寒かったかなと苦笑をもらすがそこまで気にするものでもない。
今の時代の子供は外で遊ぶ習慣がないのか、それとも他に理由があるかは分からないけど公園に人の姿はなかった。)

………はぁ、

(先日のセフィアとの戦闘で大怪我を負ったが、野暮といいつつ優秀な医者の手当てにより大分快方した。
傷はほぼ治ったし日常生活も通常通りだが、まだ鈍痛はほんのりあるし本調子ではない。そのせいで次の大きな計画には不参加、ということになって。
足、引っ張ってるなと自虐気味に笑いつつ、誰もいないのを良いことに、こてん、とベンチに横になった。)
803ニル11/10 22:28
((絡みたいけどイベに間に合わなさそうだし、そもそも村長忙しくて大丈夫かなぁ
804ゆず11/10 23:21
((明後日からの予定だけどリアル優先してほしいしイベント延期でもいい気するけどねえ
多忙の中やるとしっちゃかめっちゃかなっちゃいそうだし、何より村長の負担が大きいしね
805龍崎 11/11 02:55
任務終わり。
といっても、軽い警備でなにも起こらず終わったものだが、その帰宅途中。
いつも人が少なくて、近道だからと通っている公園のベンチに見知った顔の少女の姿。
そのままスルーでも良かったが、さすがにそれは悪い気がして、横たわる彼女の顔を上からのぞきこむ形で、声をかけた。

「ほらお姉さん、こんなところで寝てたら風邪引いちゃうよ」

そういえば、はじめてあったときは僕が寝ている側だったか、なんてそんなことを思い出しつつ苦笑して。
僕なら間違いなくほっとけというこの状況で、彼女はどんな反応をするんだろうと、ほんのすこしの好奇心を持ちつつ少女の反応を待つ。
806ゆず11/11 12:51

────……蒼葉くん、

(聞こえてきた声に、沈みかけていた意識が浮上して。ゆるり、と色の違う目が開く。
目を開けて最初に映ったのは彼の顔。
…ああ、前わたしが彼に話しかけた時、彼もこんな光景見てたのかな。ぼんやりと思いながら僅かに口角を上げた。)

風邪引くのも悪くないかもしれないね。
…こんなところで会うのは奇遇だね。ここでお昼寝でもするつもりだった?

(起こされたことについての嫌悪感などはないらしく、むしろ笑みさえ浮かんでいる。
ベンチから起き上がる素振りは見せず、ただ彼を見つめる双眸。
面倒くさがりな彼がこうやって話しかけてくる、という行為をするのが少し意外だ。同時に面白く感じて、揶揄い混じりに言葉を紡ぎながらゆるりと手を伸ばした。
──起こして、と。
奇しくもそれは、彼の好奇心に対して好奇心で対応するような形になった。)
807龍崎 11/11 15:52
「昼寝もいいとは思ったんだけどね、残念ながら、今日は帰り道に通りがかっただけだよ」

正直な話、ここで寝るよりは屋上の方が日当たりもいいから、あまりこういう所で寝たりはしなかったりするけれど、そんな関係ない話は今は置いておく。

伸ばされた手を見れば、やれやれと呆れたような表情を浮かべつつ、左手で手を掴んで起き上がらせる。
生憎と、利き手は絶賛故障中、まだ首から下げているような状態で、片手でごめんね、なんて謝ってみる。

「比奈こそ、こんな所で何してるのさ」

聞かれたんだから、こっちが聞き返してもいいだろうと、苦笑しながら問い掛ける。
808琉璃11/11 16:17
796
(/ああああ完全に忘れてたぁぁあ!まじ申し訳ない……。診察だからって別れたってことにしてもらえれば……!からありねー!
809琉璃11/11 16:18
>796
(/そしてアンカーも忘れた……
810ゆず11/11 18:01

何か明確な目的があったら良かったんだけど……特にないんだ。
…ただ、部屋にいたくなかった。それが理由かもしれないね。

(ディズの拠点内にある自室。そこにいれば嫌でも少しピリピリとした空気に当てられるのは目に見えていて。いつもならその空気は全く気にならないのだけど、今日は違った。
ある意味、あの空間から逃げたかったのかもしれない。そう結論付けるとこちらも苦笑いで返し、「答えになった?」と付け加えた)

…で。その怪我については聞いた方がいい?
見たところ、その部分以外はピンピンしてるみたいだけど。

(感傷的になるのは自分らしくない、そう心の中で自身を叱咤してから話を逸らすようにそっと彼の腕を指をさした。
面倒くさがりな彼。サボりがちな彼。そんな彼がこういう大きな怪我をする場面というのが想像できなくて、冗談などではなく素直な問いを投げた)
811龍崎 11/11 18:33
「まぁ、息が詰まりそうになることはあるから、仕方ないよ」

セフィアにいても、今はこんな怪我をしているから、周りからどんな目で見られるかわからない。そんなことないのに、そう考えてしまうのは単純にネガティブ思考なだけなんだとは思う。
多分、比奈はまた違った理由ではあるんだろうけど、理解できないことも無い。
答えにはなった、とだけ付け加えた。

「……あぁ、これ? ちょっと事故っちゃって」

機械の腕にぶん殴られて対処間に合いませんでした、なんて冗談、笑い話にもならないしそんな馬鹿な話して幻滅されるのは、話し損だ。
適当にはぐらかすのが、1番手っ取り早い。
812ゆず11/11 20:56

……キミは常時感じてそうだね。この前の話を聞いていると。

(息苦しさを、と。揶揄いや同情のニュアンスはなく、ただ事実を言うようなそんな声色で。
毎日こんな感じだと自分の場合参ってしまいそうだ。そう考えると彼は強いんだと思う。…慣れた、という可能性もあるけれど。
それでも、ああいう息が詰まりそうな空気の中に常にいれるというのは凄いことだ)

事故…それは災難だ。…どんな事故か分からないけど、命があるだけいいのかもしれないけど。
痛みとかはもうないの?

(嘘でも本当でもどっちでも良かった。特に事故の中身について言及することはなく、そのまま言葉を飲み込んだ。
一度右腕を見た後にゆるりと彼の顔へと視線を移し、小首を傾げながら問いかけた)
813龍崎 11/11 23:32
「おお、よくわかったね、うん、いつも息苦しい」

正直、学校行くのやめてやろうか、なんて思ったことは1度や2度じゃない。
なんて、多分これはどんな学生も一度は思うことだから、大して珍しくもないようなこと。
それを大袈裟に言うだけなのだから、大した面白みもない。
だからその鬱憤ばらしにセフィアに所属している。

なんて、もちろん嘘だけど。

「命があるだけいいっていうのは、僕も思ったよ。これのおかげで学校しばらく休めたしね。
痛みは今はないよ、鎮痛剤飲んでるからさ」

さすがに薬が切れれば痛い。
粉砕骨折を元に戻せるなんて、科学力には脱帽ものだが、薬に定期的な検診まで必要だとさすがに億劫にも感じてきてしまう。
そろそろ治ってもいい気がするけどね。
814ゆず11/12 00:35

キミも休んでたんだ。
奇遇だね、わたしもだよ。おかげで課題が溜まって大変だった。流石にこれ以上教師に目はつけられたくないからね。

(なぜ休んだか、は敢えて言わなかった。聞かれなければ言う必要もない。
ただ自分も休んだ事実を告げ、苦笑しながら肩をすくめてみせた。種類は違えど自分も重傷を負って休んだ学校。腹部の怪我ゆえにクラスメイトは自分が怪我を負ってたことすら知らないとは思うけど。

痛みがない、という答えを聞いてなぜか少し考える素振りを見せる。口の端に浮かぶのは、笑み。面白いことを考えついた、そんな感情の下、ベンチから立ち上がれば)

デートしよう、蒼葉くん。

(この言葉選びは完全にわざとだ。人の反応を見ようとする彼。そんな彼にこちらも同じようなことを。───意趣返し、みたいな。
蒼穹と紅蓮、ふたつの瞳で隣の彼を見つめながら笑ってみせた)
815龍崎 11/12 00:48
「デート





――――――ぶっ、あっはははは!!!!」

キョトンとした表情で、少女の言葉の一部を反芻する。
デート、世間一般では交際中の男女が共に外出し、映画を見たり買い物をしたり景色を楽しんだりと、さらに親睦を深めることを主とした事柄の名称。
さすがに、その言葉が出てくると言うのは想定外。
普段であればすでに思考が復帰している時間が経過しても、思考は滞っていた。
時間にして、およそ五秒。
思わず、吹き出して笑ってしまった。
突然そんなことを言い出した彼女にたいしても、それに対して五秒も呆けていた自分にも。
そんな柄じゃないんだからと、自分には自嘲込みで。

「いやぁ、ごめんよ。急に面白いこと言い出すもんだからついね。
でもいいの? 比菜なら僕なんかよりもっといい男とデートできるんじゃない?」

急に笑いだしたことへの謝罪。
ただ、そっちも悪いんだよ? と軽い責任転嫁も交えて、そう告げた。
蒼葉としては、なぜ自分が誘われたのか、そこはてんでわからない。
ただ、多分相手も本気で交際をするという意味でその言葉を使っていないのは、すぐにわかる。
だから、あくまで後半の確認は形式的なもので。
816ゆず11/12 13:07

ふふ、…やっとしっかり笑ってくれた気がする。

(笑われたことに対して気分は害していない。それどころか笑みはますます深まり。口元に手を当てながら面白おかしそうに笑ってみせた。
てっきり呆れられるか軽く受け流されてしまうか、その辺りかと思ってたけど今回の反応はちょっと意外だった。
彼がここまで声を上げて笑うことも含めて。)

嫌だったら最初から提案しないよ。
キミとデートしたいから言った。それだけ。
今帰ってもあの空気にあてられるだけだし、帰りたくないんだ。

(むしろこっちが刺されないか心配なくらいだよ、と。冗談か本気かわからない言葉を紡いでみせた。
男の友人と言えばディズにいるが遊びで集まってる訳ではない集団な以上気がひけるし、加えてこういった、ディズ所属以外の「普通の」男の友人というのはほぼいなくて。
こう考えると、想像以上に組織に囚われているんだなと思わなくもないけど)
817ニル11/12 16:32
((村長これるかなーー
今日来なかったらカラボしようかな……
818借りた猫11/12 20:30
((あげとこうかな。村長大丈夫かしら。
819龍崎 11/12 21:58
「なら、僕としても断る理由はないよ。
頑張ってエスコートさせてもらおうかな」

恭しくお辞儀する素振り。
片腕を骨折しているくせに、こんなことをすれば滑稽以外の何物でもない訳だが、そんなこと気にも留めない。
折角の美少女からのお誘い、それをするには相応の態度というものが求められる。
ならば、自分は彼女にふさわしい立ち居振る舞いをしなければなるまい。

なんて、考えたところでそれもまたおふざけの内なわけだが。
820ゆず11/12 23:52

くすっ、それは嬉しいな。
不束者ですが、よろしくお願い致します。

(彼がお辞儀したのを見ればまたひとつ、笑みをこぼして。彼の素振りに倣うようにこちらも軽くスカートの両端を摘んでお辞儀をしてみせた。まるでこれからダンスを行うような、そんな仕草。
それに加えて演技掛かった風な敬語もプラスして。完全に彼のおふざけに乗るような形となった。)

さてじゃあ早速行き先を指定したいところだけど…あまり人とお出かけをしたことなくて。
こういう時って何処に行くの?飲食店?雑貨店?

(ゆったりとした歩調で歩き出したはいいけれど、明確な目的地がなく苦笑をもらす。
大抵、出かけるとしたらテロの下見。または必要最低限の日用品を買うために出るくらいで娯楽目的で出たことはほぼない。
普通、友人と遊びに行く時は何処に行くのか分からなくて小首を傾げてみせた)
821龍崎 11/13 01:06
「さあね、お恥ずかしいことに生まれてこの方『恋人』なんて出来たことないから、僕もさっぱりなんだよ」

案外ノリのいい比奈にまた笑みをこぼした。
のだが、問題はこのあとどこに行くべきなのか、というもので。
買い物、映画、食事と、どれも仮のデートに相応しくない、というよりやりたくないようなもの。
さて、どうしたものか――――……

「…………そうだ、前話してた安眠グッズを探しに行こう」

提案したのは、安眠グッズ探し。
どんな話の流れでそうなったのかは分からないが、安眠グッズを紹介する、みたいな話をしたのは覚えている。
買い物という点もクリアしているから、デートは成り立つ。
正直な話、不相応にも程があるのは理解しているが、それもまた仮初のデートということである。
822ゆず11/13 18:09

……安眠グッズ…?
…………あ。そういえばしてたね、そんな話。
ふふ、忘れないでいてくれたんだ?

(彼から発せられた言葉にしばし。きょとんとした表情で彼の言葉を鸚鵡返ししたが記憶を辿れば、あ、と声を出す。
あの時は話のノリというか、ほぼ冗談みたいな感じで言ったけど彼が覚えていたことが少し意外だ。
若い男女二人で出掛ける先が安眠グッズ探し。なんとも変な話でありムードのカケラもないが、むしろ比奈は面白がった。こういう機会くらいでしか安眠グッズなんて見ないだろうし)

じゃあ探しに行こう。…そういうのって、商店街にあるの?

(小首を傾げて。
安眠グッズなんて気にして見たことないし、何処に置いてあるんだろうと。そんな素朴な疑問が浮かんだ。こういう日常的な知識は本当に疎いなと、こっそり自分を自虐しつつ)
823ニル11/13 18:10
((んーー、イベ始まったら切るというか保留という感じでイイって方絡みまひょー
824ニル11/13 18:11
((↑キャラはお好きな方で
825ゆず11/13 21:39
>>823
((誰もいないみたいだし拾うよー
826龍崎 11/13 23:27
「…………商店街よりも、デパートとかの方があるんじゃないかな。安眠グッズ」

お世辞にもこちらも日常生活のそういうものに詳しいという訳では無いが、約束したから下見にと、デパートやショッピングモールに向かう程度には、そこら辺の常識はもちあわせている――その程度の知識は最低限持っておくのがポリシーらしい――から、すぐに場所は思いついた。
デパートなら、安眠グッズが仮に見つからなかったとしても、適当に歩いていれば何か面白いものでも見つかるはず、というちょっとした配慮もあったりするのだが、そこは言葉にすることはあるまい。

「それじゃあ、善は急げとも言うし、行こうか」

ここでおしゃべりしていても話は進まないし、早速デパートへと向かい始める。
827龍崎 11/13 23:27
((遅れたごめんよ
828ゆず11/14 11:02

デパート……デパート。
…うん、いいね。じゃあ行こっか

(デパート。それはほぼ行ったことのない比奈にとって何処か新鮮な響きだ。
どんなところかは流石に知ってるが実際に行ったことはない。…こんなこと言ってしまえば変な目で見られそうだから言わないけれど。
彼から半歩、遅れる形で歩き出す。半歩遅いのは道案内してもらうためだ。自分は場所がわからないから。)

そういえば、最近はどう?「お家」は。
相変わらず厳しいんだ?

(無言で歩くのもつまらないしと適当な話題を投げかける。そこまで親交が深いわけでもないから共通の話題などが浮かばず、結局出たのは以前彼から聞いた話についてだった。
家が厳しくて甘えられる人がいない、生き方を決められてる、とか。
正直、厳しい家なら彼の怪我も心配されるどころか後ろ指をさされてしまいそうだけど、と。)
829ゆず11/14 11:02
((わたしも遅れてるから大丈夫!
830龍崎 11/14 11:47
そう言えば、そんな適当な『嘘』をついていたことを、今更ながら思い出した。
恐らくは、安眠グッズの下りの方が強く記憶に残っていたからなのだろうが。

「まあ、前と変わらないよ。
事故にあったって、治療費とか出してくれるだけマシだからね」

怪我したからと言って、勉強やれとは言われるんだけどね〜、なんてそれらしい嘘をつけたしつつ、苦笑する。
実際、一人暮らしも同然な蒼葉に治療費を負担しているのはセフィアなのだが、こういう『普通の』女子相手に、そんなこと言えるはずもない。
笑って誤魔化しながら、歩き続ける。
831ニル11/14 19:05
>>825
((遅れてすいません!キャラはどちらにしましょか?
832ゆず11/14 21:06
((じゃあ今回はシェルちゃんお願いしようかな?シチュどうしよう

あと次浮上するまでまた時間空くかも汗
833ニル11/14 21:17
((そうですねぇ、戦闘って訳にも行きませんし(脳筋)
どうします?テロに巻き込まれます?←

時間は大丈夫ですよ〜、ごゆっくり
834ゆず11/14 21:18

そう、まだその辺りは庇護してくれるんだ。
ならまだ良かった。これで治療費も自費で出してるなんて言ったら心配するところだもの。

(それにしても不思議な家だと思う。厳しいと言っておきながらこうやって彼の外出に対しては何も言わないんだろうか。授業のサボりは教師が報告しない限りバレることがないからまだ理解はできるけど。
でも、別にそこを深く問う必要もないと軽く流し)

───…キミは前、言った。
面倒ごとが嫌い。だから反発しない。流れに身をまかせるって。
このデートも、流れに身を任せただけ?

(問い詰めるでも疑うでもなく。ただただ疑問だったから聞いた。そんな声色で、その中に探るようなものは一切含まれていない。
さらり、と銀の髪を揺らしながら歩く様は普通なはずなのに、どこか静かな印象が見て取れて。テロ活動の際の隠密行動時の癖か、足音はほぼしない。
故に彼女の声がやけにひびいてきこえた)
835ゆず11/14 21:19
((じゃあ巻き込まれます←
先落としてくれればそこにどーんと巻き込まれにいきますよ〜笑
836ニル11/14 22:43
((りょうかいでーす
837ニル11/14 22:56
(ある晴れたテロ日和の日。シェルを含む数名のメンバーはセフィアのアルディア中心地から少し離れた駐屯基地を急襲していた。目的はセフィアの警備を薄く広くさせる為であり、実質的なメリットは何も無い、先を見越した襲撃である。)

殲滅率65%と言ったところですか……
あともう一押しっ!

(郊外と言えど、周りには住宅も娯楽施設などもある。警備を付けさせるにはある程度の一般人も居てもらわなくては行けないという事での、選場だった。もちろん一般人を無闇に虐殺…なんてことはしないが……)

おんどりやぁぁぁ!!!

(豪快に扉や壁を破壊していく。轟音が町中に響き渡っていることだろう。突破要因としての仕事をこなし、セフィアの迎撃をいなす。が、建物は半壊状態で、戦場は周りの施設などにも広がっていた。そろそろ避難誘導が始まる頃だろうか、瓦礫や流れ弾が飛び交い始めた…)
838ゆず11/14 23:44

う、ううううう………!

(トートバックを抱えながら涙目で走る一人の少女。なんとも場違いではあるが自分だって巻き込まれたくて巻き込まれたのではない。
いつもは通らない道、だけどたまには散歩にと来たのが運の尽き。絶賛テロ中で落ちてくる瓦礫を避けながらとにかく走り中。
なんでこう自分はいつも巻き込まれるのか。改めて自分の運のなさを嘆きながらとにかく生きることだけを目標に走っていた…が、)

……きゃあっ!…うう痛い…って、あ!
そ、そこの人…!戦うより逃げた方がいいですよぅ…!は、はやく…!!

(思いっきり躓いて、ズザザーーッと豪快に転んだ。今回はトートバックの中身をぶちまけるという失態はしなかったもののこれはこれで最悪だ。
そしてその転んだ先にはひとりの少女──シェルがいた。擦りむいた膝を抑えながらもなんとか立ち上がり話しかける。まさかテロ執行人とは思っておらず、わたわたとしながら服を引っ張って連れて行こうと)
839龍崎 11/15 00:52
>>834
流れに身を任せる。
それは蒼葉の基本スタンス。
面倒事を避けるために、無駄に事を荒立てないために、幼少期に自分で見出した、生きる術。
今回のデートも、それなのかと、少女は聞いてきた。

どうなんだろう、僕は。

どう思って、この誘いに乗ったんだろう。

言われて初めて気がついた。
行きたかったから行く、という訳ではない、だとしたらこちらから誘っていたと思う。
かと言って、これを断ってもこちらにメリットがあるか、と言われても、そういう訳でもない。

不思議だ、今までこんなこと無かったのに。

少し考えるような素振りを見せて、軽く空を仰ぐ。
自分の行動に説明をつけているような意味も、その行動には含まれていて。

しばしの沈黙。

「……どうなんだろうね?」

そう言って、苦笑を浮かべながら首をかしげた。

結局理由はわからない。

なんで誘いに乗ったのかとか、そういったことも分からない。

これは後で、考えることにしよう。

そして答えが出たら、きっと少女に教えよう。

そういうことにした。

問題の先送り、と言われればそれまでだけど。
840ニル11/15 08:15
きゃっ!?
な、なにするんですか………って誰……

(服を引っ張られ振り向けば、見知らぬ女の子が一人。当然ディズのメンバーではないし、作戦書に書いてあったセフィア構成員の情報にもこんな娘はいなかった……。つまりは巻き込まれた一般人。)

そ、そうですね!早く逃げましょう!
いやー、めいわくですねーほんと、はははは…
っと、膝擦りむいてるじゃないですか、ちょっと失礼しますよっと

(幸い自分がディズだとは気づいてないようだ。作戦内の自分の役割は終わったし、なにより自分たちのせいで関係の無い人々が傷つく所を間近に見るのは応えるものがある。そう考えた結果、撤退がてら逃げることにした。怪我をしていることに気づけば、軽々と抱き上げる。このまま抱えて逃げるつもりだ)
841ゆず11/15 17:00

そうですよ!早く逃げないといつ流れ弾が当たっちゃうか……わあっ!

(ふわりと感じる浮遊感に声を上げて。気づけば彼女の生身の腕ではなく何かでっかいものに担ぎ上げられてて。え?え?と状況がつかめず目を白黒。
でも、その言いっぷりからして彼女も一般人で、ここから逃げるみたいだしなんとか一安心…かと思いきや。彼女の今までの経験がカンとなり、チラリと後ろを見てみれば)

わああああああ!!あのっ!
ううう後ろ!だ、だれかきてます!って、わああああ!うえ!うえー!!

(ちょっと遠目だけど後ろからだれかきてるし、しかもそれが一般人ではないことくらいはわかった。その正体はセフィアで、あっちからみれば「一般人を攫おうとしてるテロリスト」なわけだが、結衣目線だと「一般人同士逃げようとしてるのに追いかけてきてる=テロリスト!?」ってなってしまっている。
と、そんなことを考えていたら何かの炸裂音が頭上からして。上を向けば大きめの瓦礫がガラガラと落ちてくるではないか。
もう4DXも真っ青なくらいの臨場感に血の気を引きながら呼びかけた)
842ゆず11/15 17:00

……別に良いよ、答えが出なくても。
ただ……なんだろう、言葉で表現しにくいけど…

(彼の苦笑に対して、ゆるりと緩慢な動作で首を横に振って。何となく聞いただけだから、と言って答えが出ないことに対して特に気にすることはなかった。
しかし、少し考えた後、ぽつりと呟く。それは彼女にしては珍しく言葉の形成に悩んでるような、そんな素振りが見られて。
色の違う瞳が戸惑うように瞬きした後、)

…「流れに任せた」って。即答されなくて良かった…って思ったんだ

(明確な形ではないにしろ、彼はちゃんと意志があってこのお出掛けに乗っている。ただ断るのが面倒だから、という理由のみで来ているわけではないというのがわかって。
苦笑で返しながら肩を竦めてみせた。)
843ニル11/15 17:38
やっぱり、そう簡単には逃がしてくれませんよねー………
少し待っててくださいね

(走りながら、上の瓦礫を注意しながら、後ろの追っ手を振り切る。そんな器用なことは出来ない。まだ遠いセフィアの追っ手は一先ず置いといて、問題は降ってくる瓦礫たち。撃ち落とす、もとい持ち上げるようにして軌道をずらすしかあるまい。そう考えるや否や、アームを外し瓦礫に備えて二人を庇えるよう構える)

はいっ!はいっ!はいっ!
ほっ!ほっ!ほっ!

(細かいのは我慢してもらうとして、大きいものを落ちてくるのに合わせ一瞬持ち上げると同時に外側にいなしていく。手の平は落下のタイミングが合わなかったり、ゴツゴツしたものが擦れたりと、皮がむけ、血だらけである。ペチャンコになるよりかは何倍もマシだと割り切ってしまう。)
844龍崎 11/15 20:55
「それなら、よかったよ」

言葉の真意は分からない。
そのままの意味なのか、それともなにか隠された意味でもあるのか。
流れに身を任せる、それが蒼葉の基本。
他人の考えや、感情の機微には、酷く鈍い。

ただ、きっと今の返答は少女にとって悪いものではなかったんだろう。
そう信じる他に、今の自分に出来ることは無かった。

「……あ、ほら見えてきたよ」

そのまま少し歩いて、視線の先に見えてきた建造物を指さした。
もちろん、それは目的地であったデパートで。
845ゆず11/16 00:37

デパート……

(指さされた先にある建物に目を向けて。彼の言葉を反復するように呟いた。
大きい建物。いつかこの建物もテロの対象になるんだろうな、って。そこまで考えて思わず苦笑した。
今は流石にその辺りの思考をするのはやめよう。
せっかくの「普通の休日」なんだから。
小さく首を横に振ると彼の方に向き直り)

中、入ろっか。…でも、どこにあるか分かるの?

(安眠グッズ。見るからに大きな建物、それは中に入っても印象は変わらないだろう。
広大な敷地の中で一部の商品を探すのって大変なのでは?と。デパートにほぼきたことない比奈は首を傾げた。)
846ゆず11/16 00:38

わっ、わわ…わっ…!

(両腕で頭を抑えて身を守りつつ彼女の動向を見守る。大きな瓦礫から庇ってくれるその様子をじい…っと見つめていたが。
ハッと気づいて後ろを向けば、少しずつ相手との距離が近づいてるではないか。
まずい。このままだとテロリスト(※本当はセフィア)に追いつかれる。
そう判断するや否やトートバッグから果物ナイフと輸血パックを取り出して。ビッと勢いよくナイフでパックを切れば、地面に広がる真っ赤な血の海。
輸血パックのものとはいえ、なかなかに衝撃的な光景ではあるが…)

あ、あのあの!全力で走ってください!
テロリストさんはこれで食い止められますので…!

(瓦礫の雨が止んだのを見計らって、ちょいちょいっとさっきみたいに走ってほしいとお願いして。
相手から見たら突然輸血パックをぶちまける超危ない女にしか見えないと思うけど…いまは説明してる暇がないし、仕方がないと)
847ニル11/16 07:44
よし!行きましょ……って、血だらけ!?
大丈夫?!何処か怪我したり………あぁ、輸血パックか……

(逃した瓦礫が当たってしまったか?、とも思ったが輸血パックを切り裂いているのを見て一安心。が、言ったあとに、何故血をばら撒いたのかと疑問に思う)

え?あ、そうだね!
それじゃ、失礼して……

(アームを装着する暇は無いと判断し、片手で掴み、もう一方で結衣を担ぎ、走り出す。セフィアの追っ手は血で滑ったりしないと思うけど……など、アークと思い至らない時点で結構パニクってるようだ。)
848ゆず11/16 16:48

むむむむ……、

(さっきと違い今度は担がれても大声を出すことはなく、視線は背後の、先程血をぶちまけた所に注がれている。
何かを測るようにじいいいっと見つめている間にも相手は走ってどんどん近づいてくる。と、相手が血溜まりに近づいていき、あと数歩といったところで。

バンッ!!!と。

けたたましい炸裂音と共に、地面が爆発した。
いや、正確には血溜まりが爆発したのだけど。爆発の影響で、血溜まりのあった辺りに粉塵が舞って。擬似的な煙幕の役目を果たした。)

やったあ!これで多分もう大丈夫ですよ!今のうちに逃げればわたしたちのこと見失っちゃうと思いますっ

あ、さっきは瓦礫から庇ってくれてありがとうございます。おかげで助かりました

(よしよし狙い通り!と嬉しそうに笑って、自分を担いでくれてる彼女にご報告。
これで一安心と胸を撫で下ろせば、あっと思い出したように頭を下げた。…と言っても、担がれてるからすごい不恰好な頭の下げ方だけど。)
849ニル11/16 18:06
おわっ!
爆発……なるほど、アークでしたか
確かに、この煙幕具合だと、当分は気づかれなさそうですねー

(轟音がしてちらりと後ろを振り向けば、いつの間にかに煙が辺りを覆っている。大方、血液をトリガーにして爆発させる、と言った旨のアークなのだろう、と一人で血溜りを作った理由に納得する。)

いえいえ、こちらこそ追っ手の対処ありがとうございます。
にしても、よくあの戦火の中平気でしたね?どこか怪我したりはしてないですか??

(私たちのせいですけど……とボソッと呟く。こんなにいい人を巻き込んでしまうとは、テロが仕事とはいえかなり申し訳ない事をしたと、心の内で猛反省する。)
850ゆず11/16 22:20

あ、あはは……。何故かよく巻き込まれちゃうんです…
でも、貴女のおかげで怪我なく…このとおりっ!ピンピンしてますっ

(テロに巻き込まれるのはこれが初めてではなく、彼女の言葉にはあははと苦笑をするしかなかった。
けれど、こうやって無傷でいられたのは彼女が庇ってくれたおかげであり、ぐっと両手を握ってガッツポーズをして。元気アピールをしてみせた。
それから、あっ、と思い出したように声を上げると)

あっ、自己紹介が遅れました!
如月 結衣っていいます!良かったらお名前聞いてもいいですか?

(いつまでも「貴女」は水くさいし言いにくいし。そう思えば、担がれながら彼女の名前を問うた。
ちなみに、シェルのボソッとした呟きは聞こえなかったらしい。
また、追っ手はちゃんと撒けたみたいです。)
851龍崎 11/17 12:09
>>845
「まぁ、ある程度はね」

まさか、安眠グッズを探しに来るために下見をしていました、なんて言えるわけがない。
別にそれだけのために行っていた訳ではなく、もののついで程度のものではあったけど、何ら道に迷う理由もない。
こっちだよ、と比奈に告げれば、そのまままっすぐと、ベッド用品の売り場へとたどり着くはずだ。
高校生二人がそんなものを見ているのは、きっと異様な光景ではあるのだろうけど。
852龍崎 11/17 12:10
((悪い遅れた
それとどうする? ここから先もやっちゃうか、見に行ったでからありにするか
853ゆず11/17 15:31
((んーー…どうしようかなぁ
村長さん来ないからこのままだと下手するとこの部屋沈みかねないし、保たせるためにも続けたいなって思うけどどうだろ?
854龍崎 11/17 16:52
((それじゃあ、のんびりだけど続けていこうか
855ニル11/17 22:31
それはそれは、良かったです♪
よく巻き込まれるなんて、悪運強いですね……

(無事怪我が無いことを知れば、安堵から頬が緩む。テロ現場に居合わせるとは、ディズからしてみれば申し訳ないことこの上ない。だが、それほどまでに遭遇するなら逃げることには慣れているのだろう。)

私はシェル・ラヴァートって言います。
よろしくお願いしますね??

……と、ここら辺で大丈夫かな……

(相手の自己紹介に合わせて、名を名乗る。追っ手が来ておらず、テロ現場から離れたことを確認すると走るのを止める。)
856ニル11/17 22:32
((遅れて申し訳ないです!
857ゆず11/18 12:43

(素直に彼についていけば、程なくしてベッド用品の売り場へと入っていき。模様替えとかには全く興味がなく、買い換える気など一切起きたことがない彼女にとってその売り場は新鮮なものであり、興味深そうに視線を周辺へと彷徨わせた。
流石に自分たち高校生のような客は見当たらず、そもそもの話他の売り場よりも人自体、少なく感じる。)

……こんなところにあるんだ。
わたしだけだったら見つからなかったな。きっと。

よく買いに来たりするんだ?

(此処に?って。
下見してくれたなんて知るはずもない比奈はくすくすと笑いながら彼に問う。
少し、いつもより機嫌が良さそうなのが窺える)
858ゆず11/18 12:44
((ごめんおくれた!
859ゆず11/18 12:44

あ、あはは……引ったくりとかにもあっちゃったりするんです
あまり慣れたくはないんですけど……

(改めて自分の運のなさに苦笑して、ちょっと諦めた風に。でも、彼女の言う通りこうやって切り抜けられてる分悪運も強いんだと思う。
そう思うと案外プラマイゼロなのかもしれないけど、最初から巻き込まれたくない、というのが正直な気持ち。)

シェルさんですね、こちらこそよろしくお願いします
でも、シェルさん凄いですね…テロの人と戦おうとしたんでしょう?

(名前を聞けばにっこりと笑いつつ改めて自分を担いでいるアームに目を向けて。
あのテロ現場の中で武器構えてたし、一般人なのに対抗しようとしたんだなあってそんな思考。この少女がそのテロリスト張本人だなんて考えはまったくもってない結衣は感心したような声を上げて)
860ニル11/18 17:30
ひったくりは嫌ですね…
運を良くするアークでもあれば良いんですけどねぇ……

(ま、そんなものないですよね、と一言付け足して、悪運の強い結衣に同情する。その内通り魔なんかに出くわしでもしたら、ほんとに危険なものだ。が、万全な状態なら結衣のアークも中々の物だし、太刀打ちも容易いのでは…と思考が過ぎる。)

ま、まぁあの人たちと戦うのが私の仕事みたいなものですからね………ハハハハ
誰かがやらなきゃ行けないこと……みたいな??

(完全に目逸らしからの苦笑い。ここで会ったのも何かの縁だし、この人はいい人そうである。無闇に自分はディズです。と告白するものでもないだろう。まだ嘘は言ってない……はず。罰は当たらんだろう。)
861龍崎 11/19 13:19
「いつも肩身が狭い思いをしてるからね、せめて良質な睡眠くらいは死守したいんだよ」

だからよく来る。

事実、任務での報酬などは高校生である自分にとっては多すぎるほどに貰っているものの、多趣味とは言えない蒼葉からしたら持ち腐れもいい所で。
せめてゆっくり寝ようと、ここにたまに訪れていた。

という言い訳まで考えているのだから、笑ってしまう。
もちろん、任務云々について語るつもりは欠けらも無いし、言い訳なんて使う場面くるわけもないのだけど、僕らしくもないなんて少し自嘲気味に笑った。

「……まぁ、ここなら大抵のものは揃ってるし、気に入ったものとかがあれば手に取ってみるといいよ」

僕からしたら、比奈に合った安眠グッズ、例えば枕とか、そんなものを見つけるアークなんてものはもちろんない。
ここからの僕は付き添いに徹することにした。
そこら辺も下見しときゃよかったな、なんて今更すぎる後悔もしつつ。
862ゆず11/19 16:25

運を良くするアーク……。わぁ、すごく魅力的です
本当に、わたしのアークって物騒で気味が悪いって思われがちなので…。前、バイト先で輸血パック持ち歩いていることがばれてドン引きされちゃったんです

(シェルの言葉に、心の底から羨ましそうに。彼女はちょっとした考えで言ったのかもしれないけど結衣にとっては物凄く魅力的だった。
それから昔の切ない出来事を苦笑交じりに話して。実際、輸血パック持ち歩いている女子高校生なんて不気味だろう。
もう、今はさっきのことでシェルにはバレてるから話しちゃうけど。)

やっぱりシェルさんって凄いです!普段から鍛えたりしてるんですか?将来はおまわりさん…とか?

(テロリストと戦うのが仕事だなんて。自分なら絶対無理だし、だからこそ尊敬の眼差しでシェルを見つめた。キラキラとした瞳を向けながら矢継ぎ早に質問を重ねて)
863ゆず11/19 16:25
((ごめんなさいおくれた!
864ゆず11/19 16:25

そっか。ならキミは睡眠のエキスパートだ。
それなら安心していい物が手に入りそう。アドバイスもくれそうだしね?

(肩身がせまい思いしてるなんて大変だ、なんて笑いながら彼の言う通りに安眠グッズが並べられた棚に目をやる。
枕やアイマスクなどはいくら疎い比奈でも安眠グッズの一つであることくらいは容易に想像がつく。枕とかは寝心地が良くなるのかな、なんてぼんやり思いながら、ふにふにと軽く枕を押しつつ軽く視線を彷徨わせると、ある一点に目がいった。)

………ねえ蒼葉くん。これも安眠グッズなの?

(手に取ったのは小さな瓶。所謂アロマオイルと言われるもので不思議そうにしながら彼に掲げてみせた。
オイルがどう睡眠に影響するのか分からなくてん?と首を傾げながら瓶を傾げてみたりして。)
865龍崎 11/20 02:42
「ん……? あぁ、それはアロマオイルだよ。詳しい使い方とかは分からないけど、アロマの香りでリラックスした状態で寝ると、良質な睡眠が得られるんだってさ」

使ったことはないけど、なんて付け足しながら、その小瓶を見つめながら、そんな説明。
何度かここに訪れてみたりすると、店員さんにも顔を覚えられていたりで、よく商品の説明みたいなものを受けることがある。
今回はそのおかげだ、店員さんに感謝だ、あとでアロマオイル買って帰ろう。
866龍崎 11/20 02:42
((遅れた申し訳ない
867ニル11/20 07:45
確かに……結構珍しいアークの部類ですよね
血をばら撒いた時には私も正直、ビックリしましたしね……

(血液を利用して爆発を起こす、といったアークなのだろう、メインの血液は当然自分のものとなり、命の危険のリスクを代償とするもの。当然輸血パックは持ち歩くべきものなのだろうけれど、確かに初見ではにわかに信じ難い光景であろう。見る人によっては卒倒してしまうかも……)

そうですねぇ……
一応この子を上手く扱う為に、訓練施設に通ったりはしてますよ?
でも、私ってそんなに強くないし、鈍臭いですから……
お巡りさんは少し難しいかなぁ

(この子、と言いながらアームを撫で、装着し直す。負けがこんでからもいうもの、暇があれば訓練はするようにしている。といってもアームの上から下の動作をいかに上手く出来るか……というシェル独特の課題ではあるが-)
868ニル11/20 07:45
((亀で申し訳ない……
869ゆず11/21 10:35

あははは……これが水とかなら簡単だったんですけどね…
普通の水ならペットボトルで持ち運べますし…難しいものです。

(血は派手だし気味が悪い。これが水だったらどれだけ良かったかと苦笑しながら頬をかいた。
しかも他人の血も使えなくて使えるのは自分の血のみ。さっき輸血パックを使ってしまったからまた病院にいって採血しなきゃだしそこまで考えてちょっとしょんぼり。
また貧血にならなきゃなのかぁ…とくらーい気持ちになりそうなところでブンブンと首を横に振って)

そうなんですか?でもさっきも瓦礫をひょいひょい防いでましたし、それってきっと訓練の成果だと思うんです!
普通ならなかなかできないですもん。もっと自信持ってくださいな

(いくらアークがあってもあの瓦礫の量は一般人なら絶対どこか取りこぼしが起きる。
それもなくきちんと全部冷静に防いでる様子を見てどんくさくないですよ、と首をやんわり横に振りながら、ぐ!と両手で握りこぶしを作ってみせた。)
870ゆず11/21 10:35
((わたしも亀だから大丈夫ー
871ゆず11/21 10:45

……香り…、安眠グッズを作る人っていうのは色んな方向から攻めていくんだね。
わたしには難しそう。……良い匂い、とかそういうのには鈍感なんだ。

(硝煙の匂いとかには敏感だけど、という言葉は呑み込んだ。彼の説明を聞いてなるほど、と呟きつつ瓶を棚に戻せばまた軽く見渡してみる。
安眠グッズなんて、正直聞いた時は少ししかないと思ってたけど甘かったようだ。
種類が想像以上に豊富で、目移りしてしまう。
僅かに眉をハの字に下げて彼の方へ振り返れば)

……キミは何をよく使ってるの?

(と、尋ねた。
右も左もわからない自分が無駄に考えるより、自分よりも安眠グッズにお世話になっているであろう彼に聞いた方がある程度の方向性は定まりそうで。)
872ゆず11/21 10:45
((ハイパー亀だけど許して…汗
873ニル11/21 16:39
そう………ですかね?
火事場のなんとやら、とはよく言ったものですね。普段の私ならあんな芸当出来ないですもん。
もしかしたらあの時が私の最高潮かも知れませんね()

(アドレナリンのおかげか、手の傷も痛みを感じない。血を見て初めて気づくほどだ。
さっきの集中力や冷静さが、対セフィアの戦闘の時に出ればなぁ、なんて思っていれば、辺りが騒がしくなる。)

と、セフィア達がさっきのテロを嗅ぎつけた見たいですね……
事情聴取なんかも面倒臭いですし、そろそろ帰りましょうか?

(テロの報告が入ったセフィアから増援、や救護班が駆けつけているようだ。かつて戦った人もいる可能性がある。シェルとしては早急に身を隠したい所だ。こんなにも大きい武器を持っていたら、まずテロ実行犯と疑われてしまうだろう。そうなったら近くの結衣までまた巻き込んでしまいそうだ)
874ゆず11/21 19:49

そうですか?…でも、やっぱり凄いことには変わりないですっ
普通なら呆然として立ち尽くしちゃうと思うし…

(思うというか、実際問題絶対立ち尽くしちゃうのは目に見えてるし、だからこそ彼女の言葉を聞いても尊敬の眼差しを向けたままだった。
と、そんな話をしていれば確かに遠くから音がする。テロリストが増援呼んだのかな…ってぼんやり考えていたが、)

そ、そうですね。帰り……あ!でもその前に!
手!シェルさんの手!そのままだと雑菌入っちゃうかもですし軽く応急処置しましょう!
こっちへ…

(流石に助けてもらいっぱなしで、はいさよならは良くない。でも彼女の言う通りこの場所だと変に疑われたかねないし、まずは場所を移動しようとぐいぐいっと彼女の背中を押して。)
875ニル11/21 21:17
あーー、なんか落ち着いたら痛くなって来たかも……ですね…
折角ですし、お言葉に甘えちゃいましょうか♪

(アドレナリンが切れたのか、ヒリヒリと痛みが出てきた気がする。雑菌に関しては時既に遅いかも知れないし、ディズの医療班に頼んだ方が精度も高いのだろうけど、人の厚意を無下にはしたくないし、何よりもう少し結衣と話していたい気持ちもあった為に、素直に処置を受けることにした。)
876ゆず11/21 22:29

良かった、じゃあ行きましょう!
とりあえず公園とかでいいかな…?

(公園なら此処からそう遠くもないし、ゆっくりできるはず。そう判断すればニコニコと笑みを浮かべながら歩き出した。
テロの脅威が去って安心した故の判断なのか、結衣は機嫌が良い様子。)

あ、シェルさんっておいくつなんですか?
見た感じわたしと近いかなあって思ってるんですが…

(そういえば、名前は聞いたけどそれ以外何にも知らないなって。そう思えばまず軽く、と彼女に質問を投げてみた。
年は近いと思うけど案外見た目というのは馬鹿にならないもので、見た目は大人なのに実は子供、とかもあるし。)
877琉璃11/21 22:29
(/返信亀だけど久々にからぼる。顔出せなくてごめんねー)
878ニル11/22 17:50
((申し訳ない、返信は夜頃になりそうです……
879ゆず11/22 19:56
((りょうかーい
880ニル11/22 20:23
そうですね、そこならゆっくり出来そうです♪

(所要時間や注目度などを考えれば、公園というのは極めて妥当な案だろう。そう判断すると、結衣に続き公園へ足を進める。)

年ですか?私は14歳ですよ〜
まだまだ青い若造です!
そういう結衣さんはお幾つなんですか??

(聞かれて答えない理由はない。素直に質問に答える。シェルから見れば、律儀でしっかりしている結衣のことは年上だとは思っていがどうだろうか…)
881ニル11/22 20:23
((遅れてごめんなさいーー!
882借りた猫11/23 01:31
((からんぼん
883琉璃11/23 01:43
>882
(/拾いたいー。ロリチビか口悪チビのどっちかで
884借りた猫11/23 01:44
((口悪チビが面白そうなのでそちらで。こちらは厨二病少女と無気力おっさんいますけどどちらにします?
885琉璃11/23 01:46
(/こっちですな了解。唐神ちゃんをお願いしたく。シチュどうしましょ?
886借りた猫11/23 01:48
((セフィア同士なら本部あたりで軽くお話します?
887琉璃11/23 01:49
(/そうやね。じゃあこっち任務帰りってことで、先落としときましょうか?
888借りた猫11/23 01:49
((あ、ならお願いします〜
889龍崎 11/23 02:33
「え、僕? 普通に枕とかかな……あまり部屋ごちゃごちゃさせるの嫌いだから」

寝るのに安眠用BGMとか、アロマオイルとか、いろいろなものがあるけど、個人的に変に甘ったるい匂いがしたりとか、音がしたりとか、そういうのが寝てるときにあるのは、かえって邪魔だと思ってる身としては、普通に寝具類をあれこれした方が性にあっていたりする。
いざというときに気づけなかったりするのが嫌だから、音や匂いで気づけるようにしておきたいというのが本音なのだけど。
890龍崎 11/23 02:33
((外村忙しくて遅くなった申し訳ない……
891龍崎 11/23 03:06
((そんでついでにこっちでからぼもしておく
892琉璃11/23 03:20
(任務帰り。今日も己の得意な潜入調査の任務で、ディズではない別組織の調査に駆り出されていた。悪者らしい悪者、微妙に悪者じゃないディズではなくて一安心。ちゃんとしっかり調べてきた、調査結果のデータかあるメモリーカードはポケットに。刀は帯刀したままだが、周りから白い目で見られることには慣れた為に特に気にしてない。
緩い足取りで疲労の表情で本部へと帰還の途につく。もちろん、愚痴付きで)

あー疲れたわ。やり甲斐はあったけど、調査してから殴り込むとか怠りぃよな……。
893琉璃11/23 03:25
(/ごめん仕事で遅れた……
894借りた猫11/23 10:28
>>892

そんな彼の耳に突如として聞こえてきた声。それは彼女には意味がわからない奇妙奇天烈な言葉の羅列である。

「炎天の理、輪廻の果、最終戦争«ラグナロフ»に囚われし亡者は、混沌«カオス»と死神«タナトス»に寵愛«めで»られる。」

それは古代に封印されし禁断の魔術。世界を破滅に導いたとされる白眼の魔女“アレノアール”が最後に残したとされる大魔法。それをまだ齢16である彼女は完璧に唱えてみせる。

「幾万の創成。万物の消滅。無限牢獄に縛られた厄災に、全能神«ゼウス»さえ震え、慄く。呪われし災厄の詩«うた»。彼の地より封印されし呪縛を今、グレモアールの名の元に解き放つ。」

杖を両手で持って、己の前に構える。宛ら剣道の中段構えの様な形か。

「万物の破滅、輪廻の終焉。荒くれろ!
“万物の輪廻の破滅せし詩”«クリムゾン・レクイエム»!!」

そして彼女の杖から強大な力が……出てくる訳もなく。ただ入口からちょっと入ったところにあるロビーのような空間にその声がこだまするだけであった。

「ふっ、完璧ね…」

何が完璧なのかよく分からないが何かを成し遂げたような満足気な表情を浮かべるのは先程まで謎の詠唱をしていた唐神である。服装は普段着の青いワンピースとかそういう感じの。恐らく今日は学校も休んだのだろう。彼女の首には包帯が巻き付けられていることからその事がよく分かる。この傷はディズとの戦闘で付いたものだ。
ちなみに誰もいないロビーの中央で堂々とやっていたので嫌でも目に入るだろう。
895ゆず11/23 12:40

あ、2つ差ですね!こう見えて一応16の高校生です。…あ、でも敬語とかじゃなくても大丈夫ですから。お気軽にどうぞです!

(14と聞けばやっぱり年は近かったことにふむふむと頷きながら自分の年齢も軽く言って。
一応こっちが年上ではあったけど上下関係とか全く気にしない結衣は接し方を変えるようなことはしなかった。
にこにこと人懐こい笑みを浮かべながらえへへと笑って)

……ここでいいかな。…はいっ、早速手、出してくださいな。こういうのは早めの処置が大事ですから!

(公園に着けば適当な空いてるベンチを見つけて、腰をかけて。はいっと彼女に怪我した手を差し出すように促す。
早めの処置、と言っても結構時間経っちゃってるし今更かもしれないけど、気持ちの問題だ。
幸い、人は疎らだし傷だらけの手を出してもヤジを入れてくる人とかはいないだろうし。)
896琉璃11/23 20:59
>894
(ロビーに入ると聴こえてきた高い少女の声。見ると同僚たる少女が何やら奇妙なポーズを取りながら何か喋っている。演劇の練習か、はたまた何か遊んでいるのか……いわゆる厨二病と言われるものなのだろうが、椎奈ですらやらないし、己も通過したことがないので分からぬ故に奇妙なものを見る目で見てしまう。
しかしよく考えたら、確か学校はやってる日なので恐らく休んだのだろう。手首の包帯は気になるところなのだが、とりあえず相手に近づいては声をかけてみようか)

あー……優奈、お疲れさん。……今のさ、演劇の練習かなんかか?
897ゆず11/23 21:31

そう、じゃあわたしも枕にしてみよう、かな。
………枕に違いは?

(彼の話を興味深そうに聞くとそれに乗るような形で枕の方に目をやって。
並べられた枕、色や形、大きさ様々だけど…これで何か変わるのかなって。枕自体は自室にあるし、何か機能性とか変わるんだろうかと適当にひとつ、枕を掴みながらさらに質問を重ねてみせる。
こうやって彼女が質問を重ねるのは単純に興味がある、というのもあるが、案外生真面目な部分故でもある)

……ごめんね。質問ばっかりして。
わたしは分からないから。君に聞くしかないんだ。

(こうやって最初から買いに来るのとが確定事項だったらある程度事前に知識は入れてたかもしれないけど。そもそもでこっちは安眠グッズ云々の話は言われるまで記憶からほぼ抜け落ちてしまっていたわけで…。
僅かに申し訳なさそうにしつつ)
898ニル11/23 22:25
高校生!すごい!大人ですねーー!
敬語はもう癖のような物なので、どうしようもないですから、このままでいきますね?

(高校生と言えば一般的には子供なのだろうけれど、14から見れば話は別だ。高校生と聞くや目を輝かせて、羨ましがる。
敬語に関してはもはやこれが普通である。敬語じゃないのは家族くらいなものだ。)

そうですね、ではお願いします♪

(結衣の隣に座れば、アームを外して怪我した両手の平を差し出す。痛みは出ているが、若干慣れが出てきて、痛みもあまり気にならない。)
899ゆず11/23 23:35

じゃあちょっと失礼して……
えへへ、こういう時、普段不運なのが幸いしてるかもですね。

(手を差し出されればふむふむとその傷を見たあと、トートバッグから少し大きめのポーチを取り出す。中を開ければ絆創膏…どころか、包帯、ハサミ、テープ、消毒液etc…とそれなりの救急セットが入っていた。
結衣の発した言葉通り、普段転んだり巻き込まれたりドジ踏んだりと、お得意(?)の不運のせいで怪我をするのは日常茶飯事。
アークも自傷を促すものだし尚更。
だからこそ用意周到にこうやって持ち歩いているのだ)

ちょっと沁みますよ…
あ、あはは…大人なんかじゃないです。…あ、でも敬語、取った方がいいですか?

(両手に消毒液を垂らしつつ、小首を傾げて。
自分は敬語でもタメ口でもどっちも使えるけど…たまに敬語だと距離感じちゃう、って言う人もいるしと)
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中