カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

ラタザニアの終わりなき戦い【新規募集中】

                  
ユリア1/24 18:07

季節は春。
ラタザニア大陸にも緑が戻り、桜が舞う。

【Discoad版】
https://discord.gg/md2Jz4C

【部屋解説wiki】
http://seesaawiki.jp/dkevillage/d/

【部屋主Twitter】
D家の住人https://twitter.com/D88045564?s=09

ここはもう1つの裏の世界に存在する、とあるファンタジー世界。地球によく似たその星では、様々な種族が力、知性を伸ばし生活していた。
その一角、ラタザニアという大陸にて、領土を掛けて3つの種族が争っていた。その3種族とは、とても強靭で力強い『ヴァンパイア』、知性豊かで頭脳派の『エルフ』、並外れた身体能力を持つ『ワービースト』。
それぞれの種族はどこも対立し、争いは耐えなかった。彼らはそれぞれが使える能力を駆使し、終わりの見えない対立を続けていた。
8500ユリア1/11 23:18
((さて?
8501のんさん1/11 23:29
((つまり、私が復活すると!!
8502ユリア1/11 23:29
((そうだね!
8503のんさん1/11 23:31
((不甲斐ない兄ばかりが行動して忘れ去られていたが…、ようやく…ようやく!復活か!!(喜びのポーズ)
8504ユリア1/11 23:33
(((笑)
8505ユリア1/11 23:33
((まあ、その内余裕あれば絡もう
8506ポーサン1/11 23:34
((こっちも復活?
8507ユリア1/11 23:36
((一応ね
8508ポーサン1/11 23:38
((ん、了解
8509ユリア1/11 23:38
((まあ、前みたいに好きに絡んで遊んで良いからね
8510ポーサン1/11 23:39
((分かったの
8511のんさん1/12 12:02
((新キャラたぬたぬ、キャラシ落とす?
8512ユリア1/12 12:02
((その内wikiに乗っけるから大丈夫よ
8513ユリア1/12 12:02
((からもー
8514のんさん1/12 12:03
((りょっかい、シチュー希望、ほのぼのー
8515ユリア1/12 12:03
((おーけー
先は任せた
8516のんさん1/12 12:03
((言葉が不自由か私は…()
8517のんさん1/12 12:04
>>8515
((OK、先書いてくるわ
8518のんさん1/12 12:17
月明かりが湖畔を照らし、この場所で一番の夜景を見ることができる時間。小さな小屋から外に出る少女がいた。

「ぴっちゃん、ぴっちゃん。冷たきなぁ…」

冬の湖の水は冷たい。
膝下まで水に浸からせて、丁度いい案配にある苔むした丸太に腰かける。

「たぬたぬ、お酒が安ぅてね。買ってもうた」

クスクスと笑いながら猪口に注いで酒をあおる。たぬたぬと呼ばれた子狸は茂みからひっそりと顔を覗かせて様子を伺っていた。
8519ユリア1/12 12:32
「………あら。」
(こんな所まで、散歩と称してやって来たメアリー。
ぴちゃぴちゃと水の跳ねる音と、話し声が聞こえて、そちらへと向かってみる。)

「……こんばんは、ワービーストさん。」
(湖畔に出て、そんな彼女に話しかける。)
8520のんさん1/12 12:49
>>8519
「おんやぁ、ヴァンパイアのお方がこんなところまで珍しいなぁ。こんばんわぁ」

ふさふさの尻尾をふぁさり、ふぁさりと揺らしながらにこやかに挨拶するが…おそらく、既に酔ってしまっていることは相手側からもわかるだろう。

「今日は綺麗なおつきさんが見えとるでなぁ…動物たちも喜んでるなぁ…およ、たぬたぬが出てこん。珍しいなぁ」
8521ユリア1/12 14:07
「ふふっ、そうですね。
月の綺麗な、良い夜です。」
(どうやら酔ってる様子のワービーストは、気さくに返事をしてくれた。
もふもふな尻尾を、軽く目で追いつつ、そのまま近づいていく。)

「…たぬたぬさん…ですか?」
(たぬ…つまりタヌキだろうか、と予想しながら。
自分が居るせいかな、と。)
8522のんさん1/12 14:27
>>8521
「たぬたぬは狸の子のことでなぁ。ここらはたぬたぬが安心して暮らせる土地やし、うちにも居心地がいい」

たぬたぬとは子狸のこと全体を指しているようだ。狸はあんがい見知らぬ人へ警戒心が強いので隠れてしまったのだろう。

「うちのこと警戒せんし…仲間と思っとるんやろなぁ。かぁいいもんよ?まぁ、同じわぁびぃすとからすれば普通の狸と仲良ぅしてると睨まれたりするんやけどな」
8523ユリア1/12 14:59
「成る程…この辺りは、狸達の住処になっているのですね。」
(警戒されるのは、野性動物故仕方がないだろう。
…本音としては、触れ合いたい所だが。)

「ふふっ、それはかわいらしいでしょうね。
……同じ動物と仲良くしていると、睨まれるのですか?」
8524のんさん1/12 15:20
>>8523
「うちがいると作戦の一つもまじめに立てられんゆぅてな?追い出されるんよぉ…理不尽やわぁ…」

パシャパシャと足を動かしながら愚痴ってみる。ちなみに今日も会議があって、それに追い出されて帰らされたのだ。

「たぬたぬ連れてっても別によかよねぇ?」

どうやら子狸を会議に連れてったらしい。
8525ユリア1/12 15:45
>>8524
「あら…そうなのですか?」
(会議に追い出されるとは相当だな、と。
予想としては、彼女の雰囲気がほんわかし過ぎているのかとも思ったが。

因みに、メアリーも余り会議には呼ばれない。会議で決まった作戦をいきなりやらされる事が多いのだ。
理由は…まあ、様々だが。)

「…たぬたぬ……ああ、成る程…」
(取り敢えず、彼女の理由は察した。)
8526のんさん1/12 16:01
>>8525
「みんなピリピリしとるんやもん。若いんにしわしわになってしもうたら…かぁいそうやん?うちなりに気ぃつかったんになぁ?」

会議に参加している人はみんな揃いも揃って眉間に皺寄せて、歳を重ねたらその皺取れなくなってしまいそう。だから、子狸を見て癒されてほしかったんだけどなぁ。

「もぉ少し気ぃ抜けば楽になれるんになぁ。みんな緊張しすぎなんよぉ。ぎょーさんの怖い顔に見られてもうてなぁ、たぬたぬかぁいそうやったわぁ。うちが化けたら余計に怒るし…わからんわぁ」
8527ユリア1/12 16:49
「それは、まあ…お気持ちは分かりますが。」
(やはり、自分達の国がどうなるかの話に、子狸持参で来たら不味いだろう。
…けど、一人くらいこんな人が居ても良いのかなとは思ったりもするが。)

「…お隣失礼しますね。」
(メアリーも、隣に腰かける。
やっぱりその視線はもふもふな尻尾に。)
8528のんさん1/12 17:00
>>8527
「まぁ、大切な話ぃしとるのはわかるんやけどなぁ…あっ、濡れんように気ぃつけてなぁ?」

自分は水浴びを兼ねていたため靴(草履)を脱いでいるが隣に腰かけたヴァンパイアの女性はそうではなさそうなので一応。

「もしかして、うちの尻尾が気になるん?」

未だにふぁさり、ふぁさりと揺れ動く尻尾は手入れをしっかりとしているようでかなりふわふわで触り心地がよさそうだ。
8529ユリア1/12 18:57
「ええ…分かりました。」
(こちらは足を濡らすつもりはないので、気を付けながら。
こうして近付くと、大分酒臭い。)

「……ええ…そうですね…とても、気になります。」
(まるで、目の前で猫じゃらしを揺らされてる猫の様に、ずっと目で尻尾を追っている。
やはり、もふもふが、好きなのだ。)
8530のんさん1/12 19:28
「尻尾に触るんは勘弁してなぁ…っと、触れるんなら尻尾以外で頼むわぁ」

湖から足を出し、手拭いで入念に足を拭いてから丸太の上に立つ。

「…っよ」

丸太という不安定な所に立ったからだろうか。一瞬フラついたかと思えば、パサリと上着が僅かに落ち…気がついた時には二本足で立つモコモコの(一メートルには至らないが)大きなタヌキがそこにいた。

「はぁ、丸太の上で変化するとバランス崩すわぁ」

そして、またちょこんと座り込んだ。
8531ユリア1/12 20:37
「……あら?」
(どうやら尻尾は触らせて貰えないと、少々残念そうにしていたが。
丸太の上で立ち上がった後の変化に、今度は驚きの表情をして。)

「……これが、貴方の魔法ですか?」
(少々目が本気(マジ)になっているが、出来るだけ冷静に問いかける。)
8532のんさん1/12 20:55
>>8531
「まぁ、うちの魔法は自分のみにしか効かんけど便利な魔法やからぁ…って、なんか目ぇ怖いんやけど…」

少し、怖かったのか尻尾が僅かに膨らんでいる。こういうときって表情以上に感情現れやすいよね。

「うちの魔法、珍しいん?」
8533ユリア1/12 21:16
「ああ、いえ…すみません。
随分ともふ…いえ、お手入れされてる綺麗な毛並みだったので。」
(ちょっと指摘されて、多少目線は落ち着く。
まあ、まだ彼女の方から目線が離せないが。)

「……そうですね。
ヴァンパイアからすればかなり珍しいです。
けれども、ワービーストの中では、そう言った魔法を使う方は何人もいらっしゃるとお聞きした事が有りますね。」
8534のんさん1/12 21:34
>>8533
「まぁ、うちは手入れには気ぃ使っとるからなぁ。ほら、ボサボサな髪しとると不潔に見えるやろぉ?それとおんなじよぉ」

ふぁさふぁさと尻尾を揺らして語る。

「動物に変身できるわぁびぃすとは多いわなぁ…うちのはちぃと違うけどな」

変化することで小さくなった手をニギニギしながら違和感がないか確かめるが…そもそも頻繁に変化してるわけではないので何が違和感なのかわからないので途中でやめた。
8535ユリア1/13 12:44
「…成る程、確かにそうですね。」
(身嗜みを整えるのは、確かに大事なことである。
メアリーの様な貴族も、やはり身嗜みは確りしていないと、威厳が保てない。)

「……かわいい。」
(流石に本音が漏れ始めたらしい。
ぼそりと、そんな呟きを。)
8536のんさん1/13 12:56
>>8535
「うん?うちのこと言うとるん?」

ピクリと耳を動かして、小さなおててで指差して首を傾げるその様は…ユルい…。

「触ってもええよぉ。でも、尻尾には触れんようになぁ?」
8537ユリア1/13 14:54
「……よろしいのですか?」
(ごくりと喉を鳴らして、もふもふの化身の様なたぬきを見つめる。
許可が出てしまえば、断る理由はない。)

「失礼しまして……」
(早速、背中のもふに手を埋める。
すると、固かった表情が一瞬にしてふにゃんと笑顔になる。)
8538のんさん1/13 15:06
「今は冬毛になっとるからいつもよりふわふわしとるんよぉ」

触れられた瞬間、一瞬、ブワッと毛が膨らんだような気がしたが直ぐにそれは落ち着いた。
獣モードだといつもより敏感になってしまうので自分で許可したとはいえ最初は必ず毛が逆立ってしまうのだ。

「……あんまりさわさわせんといてなぁ。注文多いと思うんやけど…うち、こそばゆいの苦手なんよぉ。」

つまり、もふもふを堪能してもいいけど擽ったいのは止めてほしい、と…。
8539ルビセル1/13 16:37
((あれ??ワービースト総もふもふ化すれば(少なくとも)メアリーは無力化できるのでは??
8540のんさん1/13 16:51
((メアリー宅が動物園になった挙げ句にメアリーさんがその守護者になるだけな気がするのだな!
8541ルビセル1/13 17:03
((うーん、ままなりませんの
8542のんさん1/13 17:07
((まぁ、ジヨラはもふもふ、ふわふわが欲しかったからたぬたぬしたキャラだから(笑)

メアリーさんを狙った訳じゃないぞ?
8543ユリア1/13 22:42
「…気を付けます。」
(そっと、触り方に気を付けつつ、もふもふを堪能する。
冬毛のたぬきは、やはりもふい。)

「あぁ…いいですね。」
(やはり、もふい動物はいい。
彼女の背中を、ゆっくり撫でて、何とも幸せそうな表情をしている。)
8544のんさん1/13 23:03
「んん…気持ちえぇなぁ…。もしや慣れとるん?」

目を細めて気持ち良さそうにするジヨラは本当に気持ちよく感じているのかふぁさふぁさと尻尾が揺れ動く。

「わぁびぃすとでも上手い人あんまおらんからなぁ…」

下手な人に触らせるとただただ擽ったいだけだったり、毛をむしられたりするので…上手い人だとわかったので安心したようだ。
8545ユリア1/14 00:49
「あら…ふふっ、気持ちいいなら良かったです。
…まあ、色々撫でてきたからですかね?」
(正確に言うと、猫に兎に猫科のワービースト二名に、そのお友達である。
こう考えると、本当に動物園だ。)

「それに、貴方の毛並みが良いので、撫でやすいのもありますね。」
(指も簡単に通るので、やる方もやりやすい。
後頭部辺りを、梳く様に撫でて、)
8546のんさん1/14 10:18
「毛玉があると毛並みが台無しなるからなぁ。気ぃ使っとんよぉ」

ゆらゆらと尻尾を動かし、気持ち良さそうにジヨラがしていると…ガサリと茂みから小さな影が現れる。

「たぬたぬが嫉妬して出て来たなぁ」

背後から現れているのだが、そっちには目を向けず言い当てる。そこには確かに小さな子狸がいて…、ジヨラに嫉妬しているのではなく、なぜか毛並みを堪能しているメアリーに強い嫉妬の念を向けていた。
8547ユリア1/14 12:50
「…あら?」
(確かに子狸が茂みから出てきていたが、なにやら訴える様な目線をこちらに送ってきている。)

「……何だか、妬かれています?」
(どうしましょうと、ジヨラに尋ねて。)
8548のんさん1/14 17:51
>>8547
「あの子はなぁ?うちのこと母親だと思ってん。だから『おらん母親にベタベタさわんでねぇ!』って思っとるんやろなぁ」

耳をピクピク動かしてジヨラは僅かに子狸へと目線を向ける。すると、子狸はブワッ!と尻尾を膨らませてメアリーを威嚇する。

「あー…まだ乳離れせん子狸やから許してやってぇな?この時期は丁度わがままな時期やから」
8549ユリア1/14 22:04
「成る程?」
(子供の事は…よく分からない。
けど、こんなに威嚇されては、流石にもふもふは出来ないので、名残惜しそうに手を離して。)

「……子供も、もふもふです…」
(子狸を見れば、威嚇はしているのだろうが、こちらからすれば毛玉がもふもふしてるだけであった。)
8550ユリア1/14 22:04
((仮面ミス…
8551のんさん1/15 10:45
>>8549
(……もう、べつに止めんでもいいのに)

少し残念そうにするジヨラ。
動物に触れることに慣れている上手い人には滅多に会えないのでリラックスモードに突入し始めていたのでより残念に思えたのだ。

「そりゃもふもふやろなぁ。あの子の手入れもうちがやっとるし」
8552ユリア1/15 11:54
「ふむ、成る程……」
(ここは楽園か、と。
あわよくば、この子狸ももふりたい所だが…難しいか。)

「……さて、と…余りずっと威嚇されているのも、気分的に嫌ですし…
私はお暇しましょうかね。」
(気にしなければ気にならないが、やはり嫌なので。
まあ、また来るだろうが。)
8553のんさん1/15 13:00
「そうなん?残念やわぁ…」

耳をペッタリとして残念がるジヨラ。

「うちは仕事しとらん時は此処におるからまた来てなぁ。今度は茶でもご馳走するでなぁ」

未だに威嚇する子狸に落ち着くように伝えるが…ホント、ジヨラを取られることは嫌らしい。申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
8554ユリア1/15 20:21
「…では、またお邪魔しますね?」
(ここになら、また来たいと思う。
多少、境界より遠いが、まあ何とかなるだろう。)

「それでは……
あっ、と…その前に、お名前を。
私はメアリーと申します、貴女は?」
(そう言えばと、名前を聞いていなかったと。)
8555ユリア1/15 22:50
((ヘレンさんだっ←
8556ルビセル1/15 22:52
((やぁ
8557のんさん1/16 21:22
「ん…?うちの名前…?」

キョトーンとしてしばらく悩んだ後に『あぁ、そういえば名乗ってなかったなぁ』と尻尾を揺らしながら

「うちはジヨラっていうんよ。よろしゅうなー」
8558ユリア1/17 12:15
「ジヨラさん、ですね。
ふふっ、またお会いしましょう。」
(最後にまた微笑んでから、また森の奥の闇へと消えていった。)
8559のんさん1/17 14:08
((からありかな?
8560ユリア1/17 20:50
((からありー
8561ユリア1/17 21:27
((んー、からぼしとこ
8562のんさん1/18 18:09
((………常に雑談してるからわかると思うけど、例の事情で返信おそくなるけど拾っていい?ロルやってないと不安で落ち着かない
8563ユリア1/18 20:53
((もちろんよー、誰と絡む?
8564のんさん1/18 20:55
((えーっと、D家さんのキャラはこっちだと二人ともヴァンパイアだっけ。ナディアと会ったことある方がいいけど………メアリーさんだっけ?会ったことあるの
8565ユリア1/18 21:13
((そだね。
じゃあメアリーでいく?
8566のんさん1/18 22:57
((おねがいしまーす、シチュどうします?
8567ユリア1/18 23:27
((任せるけど~
私がそっちに行くのが楽かな?
8568のんさん1/19 00:25
((いっそ、会う約束をしていたからそこに来たって感じにします?
8569ユリア1/19 09:23
((おー?
それでも良いですよ。じゃあ前後どうしましょ
8570のんさん1/19 11:44
((先任せていい?
8571ユリア1/19 12:25
「……さて?」
(夜の鬱蒼とした森の中、歩いているのはメアリーだ。
多分この辺りで待ち合わせをした筈だが、今のところ気配や臭いはしない。)

「ナディアさん?いらっしゃいますか?」
(そんなに大声では呼び掛けられないので、少々小声で。)
8572のんさん1/19 12:36
しばらくぶりに話をしようと思って知り合いに頼んで魔法で手紙を送ってもらったものの、合流場所に定めた場所が非常に迷いやすい場所にあるということに気がついたのはその場所についてからだった。

「………。」

待ち合わせるのはヴァンパイア領にしておけばよかったかなぁ…なんて思いながらそわそわしていると少しだけ離れた場所から声が聞こえた気がした。

「メアリーさん?」

とりあえず、その声の聞こえた方向に歩いていく
8573ユリア1/19 14:00
「……ん、ああ、ナディアさん。」
(漸く探していた人物に出会えて、そちらに歩み寄って。
お久しぶりですと、微笑んで挨拶をする。)

「突然の手紙だったので驚きましたよ。
でも、ありがとうございます。」
8574のんさん1/20 21:22
「久しぶりだね、メアリーさん。お礼を言うのはこちらの方だよ。私が休日に入ったからと急に遊びに誘ってしまったからね……その、大丈夫だったか?」

心配しているのは仕事に関してか。
それとも、エルフの自分がヴァンパイアのメアリーを誘ってしまったから周りに異端扱いされるんじゃないか…ということなのだろうか。
8575ユリア1/21 03:48
「ん、ええ、大丈夫でしたよ。」
(仕事に関しても、異端扱いに関しても、メアリーは問題ない。
若干、ここまで来るのに迷った程度だ。)

「…それで、ここには何があるので?」
(わざわざここに呼び出したのだから、何かあるのかと。)
8576十六夜咲夜1/21 17:07
((すみません。新規として入れていただけないでしょうか?
8577ユリア1/21 22:58
>>8576
((気付くの遅くなって申し訳ない。
勿論歓迎します、キャラシの作り方は大丈夫でしょうか?
8578十六夜咲夜1/22 16:40
((指定があればそれで作ります
8579ユリア1/23 00:39
>>8578
((上の説明にあるwiki内にキャラシの作り方があります
8580十六夜咲夜1/24 18:07
((了解です
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中