カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

トロッコ問題ゲーム【二章開始】

                  
門番6/11 01:45
君らが目を覚ますと、そこは真っ白な部屋の中だった。椅子も机もない無機質な部屋だったが、壁にスピーカーが付けられてあった。
皆が困惑している中、そこからノイズ音が響く。

【君には今から2人のうち1人を救い出す権利を与えましょう。】

指名された2人のうち片方を選び、片方を殺すという究極のデスゲームに強制参加させられた4人の少年少女。
これは逃れられない運命。
最初に指定されたのは――――…

一章結果

田邉 駿平君が投票されたよ!

田邉 駿平君がチェンソーで殺されたよ!

巻き添えを食らったキョクヤくんの右腕が無くなったよ!

新しい参加者として臼利レオくんが加わったよ!
3200まっちゃん6/8 15:11
((今日こそ進めるぞ〜
32016/8 15:34
((うぇ~い
3202キョクヤ6/8 23:32
「はぁ……」

多数決という前提がある時点で、恐らく自分への投票は避けられないだろう。

「あの放送は犯人を当てろ、と言っただけで
今までみたいに、投票された人が死ぬとは明言されていない。

まぁ……僕は死なないと思うよ」

そう、死ぬことはない。彼の中に、その自信はあった。

問題は、死ぬことはなくとも……果たして、投票された人間はどうなるのか、ということだ。
恐ろしい空想が、脳裏に現れては消えた。
3203まっちゃん6/8 23:35
((日付変わったら多分進めるぞ〜
3204まっちゃん6/9 00:12
【皆様、誰に投票するか…お決まりになりましたか?】

(ある程度、結論が各々から出たところで、タイミングよくスピーカーからまた声がする。
まるでこの時を待っていたかのように、その声は嬉々としていて、それでいて氷のように冷ややかなものだった。)

【さて……キョクヤさんは、まっちゃんさんへ投票するのですね?】

(ゆっくりと、確認するように声の主はそう言う。無論、キョクヤだかEDだかの目線から行くと、それしかもう方法がないのだと思う。まっちゃんとはお互いに睨み合いをするだけだから、他のふたりがどう動くか…の、問題だ…………



)


【まっちゃんさん、レオさん、染さんは、キョクヤさんに投票するみたいですよ?】

(そう、確かに投票されて死ぬとは公言していない。

さっきはね。


)


【これ以上話し合っても、結論は変わらなさそうですし…これにて投票時間終了とさせていただきますね。…キョクヤさんに3票、まっちゃんさんに1票、レオさんに0票、染さんに0票…と、いうことで、一番多くの票が入ったのは、キョクヤさんでした。】

(ひぃふぅみぃと、今までの無機質な音声とは違い、とても楽しげにそれらを告げる。
薄々気がつくだろうが、今更安堵なんてこの場に求めてはならなかったのだ。
死なないと得意気に言うキョクヤに対して、首謀者は語りかける。)





【おめでとうございます!正解です。キョクヤさんがこのゲームの首謀者であり黒幕でした。皆様、よく当てられましたね。】




(パンパカパン!と陽気なSEが流れ、パン!っとクラッカーが鳴る音が響く。
それは、祝福の音楽ではない。)



【2人も殺しておいて、タダで済むわけがありません。もちろん、こんな悪党にはそれなりの制裁を受けてもらいましょう。



染さん、拳銃の銃弾を使い切って、キョクヤさんを殺してください。

必ず最後の銃弾が彼の息の根を止めるように、撃つ場所を考えて撃ちましょう。






(かぱり、と毎度お馴染みの、ゆかが開き、武器が入った窪みが現れる。
最初に較べて、大きな武器が消えていったせいなのか随分とがら空きのように見えるが、小道具は沢山で、これらで人を殺すのかと考えるだけでおぞましくもなるだろう。
まだ現状を把握しきれていない染への過酷な試練。くぼみの中には禍々しく黒く光る拳銃が一丁。)
3205まっちゃん6/9 00:12
((お前は死ぬんだよ
3206キョクヤ6/9 00:12
((あれえ??丘people??
32076/9 00:16
((んあ〜〜〜〜日頃の恨みを込めて殺すわ
3208まっちゃん6/9 00:17
((殺すって言うたやろがーい
32096/9 00:30

(終わった。何も分からず、何かが終わった。他の人に投票を合わせて、彼が最多票を集めた。投票された人間だどうなるのかも分からない。首謀者やら黒幕やらも何もかも分からないが、どうやら"黒幕を当てる"ということは出来たらしい。

安堵。自分が死ななかった、選ばれなかった、というのが一番の安堵の理由。

だったのだが。…その安堵も、すぐに止み。寧ろ溢れ出てきたのは漏れ出るほどの恐怖、…というよりも………動揺?


殺す。

拳銃を使って、


息の根を止める。)

「─────は…?」

(いや、いや、いや。そんなバカな。自分が、彼を殺すだと?人が死んでいるという状況かまず飲み込まないというのに、自分が?

いや、そんなはずが。嘘だ。これはきっと嘘。冗談とやらで、まだ会って間も無い人間を殺すだなんて。


待てよ。"まだ会って間も無い、情が湧かない間に"殺すのか?


そんな──────)

「……え、へへ………いや、そん、な…まさか、」

(確かに。言われてみれば、会ってから時間が経てば経つほど、殺すのが難しくなるような。だから自分に殺せと言っているのか。

だとしても、ころせるわけが。ボクは、だって、普通の人間だ。殺すどころか、人に怪我をさせることにすら罪悪感を覚える人間だぞ。)

「……ころ、………さなきゃ、いけないんです…………………よね………」

(こわい。この状況が。あのアナウンスが。そして、────拳銃を手に取ってしまう自分が。
アナウンスは、必要以上なことは言わなかった。けれど、なんとなく。"殺さなきゃ殺される"────なんて、思ってしまったから。

殺されたくない。
死にたくない。

彼を自分が殺せば、全て終わる。彼が、黒幕なのだから。


震える手で拳銃を握り締めて、最多票を集めた彼の方へ拳銃を向ける。銃口が定まらない。どこに撃てばいいのかも分からない。
ただアナウンスは言った。"最後の銃弾で確実に息の根を止めろ"と。

─────逆らったら、殺される………。)
3210キョクヤ6/9 02:07
アナウンスの内容は、まるで夢の中の科白のようで
ちっとも頭に入ってこなかった。頭が、理解を拒んでいた。

「い、いや、待って」

拳銃を手にした少女を見て、背筋が凍った。
慌てて立ち上がり、血に染まった右手を上げて彼女を制する。

おかしい。今回投票された人間が死ぬなんて、聞いていない。自分が死ぬはずない。死んでよいはずがないんだ。

「た、だめだ……やめろ。
こんなのは、おかしい。
違う……
僕は、黒幕なんかじゃない!好き好んでこんな場所に来たりしないっ!

僕は、僕は……さくらを、作らないといけないんだ!」
32116/9 02:14
((男なんだよなあ はっ倒すぞ
32126/9 02:34

「……さくら………?…あ、ぁあ、……えへ、へ───…………ごめんなさい…………………」

(念じるように、少しでも自分の心が救われるように"ごめんなさい"と呟く。
彼の言葉も、何も聞こえなかった。聞きたくなんてなかった。聞いてしまったら、自分は空を撃ち殺す事が出来ないような気がしたから。

だから、何も考えないようにした。

時間をかけたら、自分は彼に情が湧いて殺せなくなってしまう。そしたら、自分が殺される。
分かっていた。なんとなく、自分というものが狂っていくのは。けれど、自分は他人の命よりも自分の命の方が大事なのだ。


ごめんなさい。)


「……あなたの言葉は、わからない………」


(一発ずつ。銃弾を消費して。手の先、足の先から段々と心臓の方へ銃口を近付けていく。彼に当たったのか当たっていないのかも、今は確認することなんてできなかった。彼の叫び声が上がっているのかも分からなかった。そんな余裕なんて自分にはないから、ただ、これで、黒幕が死んで全てが終わるのだと。そう願うように、淡々と撃っていく。)


「……ごめんなさい、…………ごめんなさい…………ごめんなさい……………ごめん、…なさい…………………」


(一弾、また一弾と。まるで鼓膜が破れてしまったかのように辺りはシンと静かだったような気がしたが、ただ銃声の重たい音だけが耳の中に残っていた。

あと、一つ。これで、仕留める。そしたら全てが終わるんだ。
何もかも、終わる。そのはず、だって彼は黒幕なのだとアナウンスが言っていたのだから。だから、これで、元の場所に、元の平穏な世界に戻れる。

せめてもの礼儀として、遺族が悲しむだろうから、顔は避けて。心臓があるであろう場所に銃口を向けては、

ゆっくりと、








人差し指を、曲げた。)


「………さようなら、………………お元気で…」


(その時の自分は、"何もかも終わる"と祈っていた自分は、少しだけ。

…少しだけ、口角を上げたのかもしれない。)
3213キョクヤ6/9 21:14
「あっ」

銃弾が、辛うじて無事だった腕を貫いた。
痛い。それはもう、痛かった。

何をしやがる、このクソ野郎。そう怒鳴った声は、次の銃声に掻き消された。
右脚を撃たれたらしい。がくりと膝をついた。

こんなことは、絶対におかしい。自分が、こんな場所で死ぬはずはない。
もう少しで、ロボサクラが完成するんだ。さくらに会うことができるんだ。離れ離れになってしまった愛しの人と、会うことができるんだ。 そんな僕が、今、死んでいいはずがない。間違っている。矛盾している。この世の摂理に反している。

立て続けに銃弾を撃ち込まれる中で、彼はようやく、全てが解った。

この場、この時に限らず……いつだって、世界は狂っていたじゃないか。
秀才だった自分が留年し、必要だった股間は使い物にならなくなり、最愛の彼女はいなくなってしまった。
この世は、何もかもが間違っていた。 絶対的に正しいのは、自分だ。

世界の歪みに引き裂かれて、正しい者が散っていく。 それが、この世界だったんだ。


「草」


あまりの馬鹿馬鹿しさに、失笑せずにはいられなかった。

最期に銃弾に心臓を貫かれ、地に伏せた彼の死に顔は
醜い笑顔に、歪んでいた。


【DEAD END】
3214キョクヤ6/9 21:15
((正義が勝つとは限らないんやね
3215カタリナの騎士6/9 21:41
((少なくともこの村に正義はいないと思うんですが
3216カタリナの騎士6/9 21:42
((にしてもキョクヤの設定酷いな
3217カタリナの騎士6/9 21:47
「よく頑張りましたね。例え世界がなんと言おうと貴方のやった行為は正しいことです、悪を倒したんですから」

優しく話しかけた

とりあえず僕は生き延びられた、それはとてもいいことだった

「さて、これで本当に終わってくれるんですかね?キョクヤさんは自身を黒幕じゃないと言っていましたが確かによくよく考えれば私たちに黒幕が本当に黒幕なのかを見分ける術は無いわけです
まあぶっちゃけ黒幕とかどうでもいいんでさっさと帰りたいんですが」
32186/10 01:08
((設定まあまあ酷いけど9割実話やし………
3219まっちゃん6/10 08:51
((キョクヤのキャラシだけ載せとくわ
3220まっちゃん6/10 08:51
【名前】キョクヤ
【性別】男
【年齢】24歳、学生です
【性格】基本不真面目の権化だが一応筋とか約束とかはできる限り守ろうとする
(守るとは言ってない)
自分に辛いことがあると慰めて貰おうと誰かに話し出すがそれに慰める以外の選択肢を選ぶと怒る
嫌なことは根に持つタイプ
良かったことはひたすら自慢するタイプ
【設定】
キョクヤ
マジキョクヤ
たまにRP村の村長をする一般キョクヤ
前にフラれた彼女のサクラちゃんの事を未だに忘れられずに夢で見る
元々床オナのしすぎで息子にダメージがたまりEDの気があったが彼女にフラれた精神的ショックにより完全なEDとなり息子は一生昏睡状態となり起き上がることができなくなってしまった
彼女を再び自分のものにするためにロボサクラを建造しようとしているがお金が足りないので完成には程遠い
一度辛くなるととことん辛くなってしまい誰かに慰めて貰おうとかまちょになる、が別に構ってくれれば慰めなくてもいいらしく怒るけどそれほど怒ってない
敵にしても鬱陶しく味方にしても鬱陶しい存在

【裏設定】

恋人にフラれたと綴るが実は己の手で殺めてしまっている。
実際、フラれたことに変わりはないのだが、そこから過激な程のストーカーを繰り返し、挙句に殺してしまった。
だがキョクヤの中では元カノは死んでいないということになっており、彼女に会うためには必ず生きなきゃいけないと思っている。
3221カタリナの騎士6/10 08:58
((裏設定ほとんど出てきてなくて草
32226/10 10:14
((いや草 やばい奴じゃん
3223まっちゃん6/10 10:23
((キョクヤだから仕方ねぇわ
3224キョクヤ6/10 11:03
((きれそう
32256/11 01:45
((あげます
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中