カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

吼蓮ファンタジスタ(新規様募集中)

                  
鷹梨遥2/17 06:57
30年前…日本を含めた世界各国の上空に突如、謎の模様が出現した。その模様の中から人間と同じ姿をした異世界人が現れ人間達を誘拐から殺害など侵略してきた……
続きは下記のURLで御覧いただけると幸いです。村説やキャラシテンプレ等が書いております
https://taka-kouren111.memo.wiki/d/
600MAX2/16 00:07
>>595
「カテリーナ、くん?にルチアちゃんね。
ええ、良いわよ?」


少ししゃがんで同じ目線で話していたら人形が顔の前に。どうやら人形が喋っているみたいだが…可愛いので問題ないのか人形の頭を撫で始めた。
可愛いは世界を救う。


「じゃ、戦闘しましょうか。準備をしてね?」


そう言うと人形の頭を撫でるのをやめ、立ち上がった。
そして武器出したりと準備を始めた。
601ニル2/16 00:17
「ふぁ………
撫でるなんて……やるなねえちゃん…………
さぁ、ルチアも準備しな……って、もう終わってるんだったな」

うん………大丈夫。
私は……いつでもやれます……
カテリーネも少し痛いかもだけど…我慢してね…

(カテリーネが撫でられ、カテリーネからケイリーへの警戒心は解かれたのか、リンクしているルチアにもその影響は出たようで、おどおどしさは軽くなっている。
右手にカテリーネ、左手にはカテリーネから伸びる編み込まれた糸を握りしめ、ついやっと覚悟を決めたのか、ふんす、と気合を込める)
602MAX2/16 00:38
>>601
「覚悟は出来たみたいだね。
ここは命を落とす事は無いのは知ってるよね?
てことで━━━━━━」


ルチアが覚悟を決めた様子を微笑ましく眺めればこちらもそれ相応の態度を示さなければいけない。
彼女の武器は3つ。1つは腰に差してある鞘に入った刀、2つは同じく腰に差してある鉄扇。
そして3つ…己の肉体である。

静かに、そしてゆっくり刀を引き抜く。
その時の彼女の顔は真剣そのもの、先程の柔らかい雰囲気とは一変し引き締まったものになっている。
視線はしっかりとルチアに向いて居た。


「━━━━━結構本気出すよ?」


そう告げれば刀を構える。
左足を前に出し、背筋を伸ばし、顔だけを相手の方へ向けて身体は横へ向ける。
刀は顔の横に両手でクロスするように持ち、刃は上を向いていたが切っ先はやや地面に向いている。
それは霞の構え、という名のついた構え方だった。
603GMポテト2/16 00:52
((キャラシ失礼します。そんで審査お願いします(´・ω・`)
604GMポテト2/16 00:52
((名前:長門 夜須 (ながと やす)

容姿:ボサボサとした短髪。身長は150後半と小学生寄りの身長。自身とほとんど大きさの変わらないほどの大きさの袋を引きずり持っており、トレードマークなのかいつも煙草をくわえている

年齢:16歳(高校生)

クラス:C

武器:特別には決めていない。普段使い慣れているのは拳銃だが、基本的にどんな武器でもオーソドックスに扱う。

魔術1:「魔装付与」
後天性魔術。あらゆる無機物に対して、過程を無視し魔術強化を施す事ができる魔術。
強化と言っても、例を挙げると
・刀...木材を切断できない→金属も切断可能に
・雨傘...尖った物などで穴が開く→落石にも耐える事が可能に
・懐中電灯...自分の前方を少し照らす→10m先おも照らす事が可能に
など、無機物の威力、強度、性能などを格段に上昇させる事ができる。ただしあくまでも魔樹による一時的な効果なので、効力は長くは続かない(約2、3レス程)。強化した物は効力が切れると、あっという間に劣化して破損、崩壊してしまう。
強化をすればするほど効力の持続時間は短くなり、劣化・破損の具合も大きくなる。

キャラの性格:他人を少しからかったりして、相手の反応を見て楽しむややS寄りな性格。ただし自分に与えられた仕事は最後までやり通す主義の持ち主。見た目とは裏腹に、年上目線で話をする事も多い。

その他:魔術施設にて魔術を開花させた身だが、異世界人との闘争に関しては全くの無関心でいる。それどころか魔術を「自分のため」以外にはろくに使おうとせず、魔術で強化した武器をいつも袋に引っさげてどこかしらで売っぱらっている。稼いだ金は基本いつも吸っている煙草か、自分の趣味にほとんどつぎ込んでいる。
同じ施設の人達から何度も厳重注意を受けている身だが、本人はからっきし反省の様子は見せないでいる。
605ニル2/16 00:55
「霞だな………剣道なのかね、ねえちゃんは……」

分からない………けど、やれるだけやるしかないね……

(二人分の記憶力、処理能力を持ってして、学んできた戦術。座学に関しては自身のあるふたりはケイリーの構えを幸い既知であるようだ。
防御は強かった……ようなと、記憶を絞り出すも、流石Kクラス。気迫がまず違う。)

まずは様子見っ!!

(カテリーネを鎖分銅のように扱い、真っ直ぐケイリーへ向けて、射出する。当然、紐は左手に握っているため、帰ってくることも可能であろう……斬られない限りは……
投げられたカテリーネはぬいぐるみとは思えないスピードで飛んでいく。内部の空気を個体化させ、形状維持や強度増加している。)
606さいかた2/16 00:59
>>551
((とりゃ
607MAX2/16 01:18
>>605
「ハッ…」


短い呼吸と共に魔術を発動、右腕と右足を加速する。
投げられたカテリーナは刀でその勢いを殺すこと無く、方向だけを変えるようにいなす。
直後に右手を刀から離した。
これから始まるのは攻撃だった。

「とりゃっ!!!」


ちょっとした掛け声と共に、加速した右足で地面を蹴り、そのまま前方へ、まるで地面を滑るようにした少しだけ跳躍する。
着地は左足から、体を捻り右足が前に出るようにする。
そして右足を強く地面に叩きつける。加速している為、その衝撃は凄まじくまるで地面を踏み抜くと言わんばかりの迫力だろう。
次に、先程刀を手放した右手を前に全力で突き出す。
発勁
彼女の挙動1つ1つがまぐれにも、中国武術であるその業へと攻撃が変貌する。普通の…魔術を持たない武術家が行っても高い威力を誇るこの攻撃は、加速の効果により更に威力が上がる。
加え足で地面を叩いた際の衝撃、それを全て手に、相手の身体へ撃ち込まんとしていた。
608ニル2/16 01:31
「獲物を手放したっ!?」

剣道だけじゃない…………っ!!

(刀を手放すのをみて、思考をまとめる間にも、ケイリーはルチアに迫っていた。得意の処理速度を持ってしても、纏められた考えはカテリーネを戻す暇はない、少なくとも身体能力向上系の能力か先天性の運動神経、この発勁はまともな威力ではない、ということであった。)

はぁっ!!!!!!

(避けられないなら受け止めればいい。能力によってケイリーの発勁と自らの手のひらの間に空気の壁を作り、発勁を止めたかのようにみせる。流石の威力、壁は見事に破壊はされるもはなからそのつもりだったようで、左足を軸に回転し、壁の消失と共に後ろ回し蹴りを食らわそうとする。カテリーネ回収のための巻き取り、でもあり、ルチアも腐っても先天性。ケイリーにはとても及ばないもののなかなかの威力とスピードだ。)
609MAX2/16 01:46
>>608
発勁が止められた。当たる瞬間に何やら変な壁のようなものが出てきたが…おそらくルチアの魔術はカテリーナのような人形に命を吹き込むものと、先程のような見づらい透き通った物体の生成…といった所だろうか。
彼女は冷静に、ルチアの動きを見て回し蹴りを放ってくると判断した。
見事、こちらもただではすまないだろう。
だが、それは丸腰ならばの話だが


「ごめんね?刀は手放していないの」


恐らく、ルチアとカテリーナに対しとてつもない衝撃を与える一言。
そう、彼女は刀を手放して等いない。
最初の移動から攻撃まで、ずっと左手で刀を持っていた。
手放したのは右手だけだ。右手で攻撃を放った為、そちらに視線を集めることに成功したらしい。
あとは反撃のみ。
後ろ回し蹴りは威力が高い分、少し間が開く。この相手の足を切り落とすチャンス、見逃す訳にはいかない。

左に持っている刀を、右腕の下から潜らせて右腕の外側へと刃を向ける。
刀の嶺は自身の身体に密着させる。
これで刀は変にズレることは無いだろう。
あとは回し蹴りが当たるのを待つだけ、その回し蹴りの威力とスピードが仇となる瞬間まではあと僅かである。
610ニル2/16 02:03
(回し蹴りの最大の難点。それは間が開くことでも、バランスを崩すことでもなく、視界が後ろを向くことにあるだろう。ケイリーほどの実力者相手にこの大技は些か早計すぎた。ルチアが設置された刀を視界に収めるのは、すんでのところであろう。処理能力が高くとも、視界に収めなければ意味が無い。)

えっ……

(だが、聞こえてきたケイリーの声に、事の重大さを事前に知り得た。
止まれ。
2人の頭の中は見えぬ恐怖を感じつつ、その言葉が反響していた。咄嗟のことに上手く調整する時間はない。ルチアは身体全体の周りの空気をとめて、体の回転を無理矢理にでも止める。身体の至る所に痛みが走るが、これがルチアの為せるベストムーブであった。
だが、空気の壁は先の発勁で砕け散ることはこの場の3人も理解しているであろう。首の皮1枚繋がっただけであろう……)
611MAX2/16 02:17
「どうやらルチアちゃんの魔術は障壁のようなものを発生させるみたいだね」


ルチアの動きが急にピタリと止まった。
後ろ回し蹴りのような大きな動きを止めたのだから身体の痛みは結構なものだろう。
好機、すぐさま刀を今度は完璧に手放した。
彼女はすぐさまその場で身体を捻り、両膝を折り畳むように跳躍した。
やがて、足の底がルチアの方へと向いた。
ドロップキックだ。
全体重を掛けて行うプロレスの蹴り技、これを喰らえばただでは済まない。
その攻撃に、例の発勁を強化した速度が乗る。
故に、そのドロップキックは高速で放たれる。
それは最早槍の如く、ルチアの胸目がけて放たれる。
612ニル2/16 02:32
(カテリーネは戻ってきてるだろうか……否、戻ってきてても同じこと。ただのぬいぐるみにはドロップキックなど、止められるはずもない。
全身を覆う空気を無くしたとしても、身体の痛みがある上に、そもそもの身体能力に差があるのだから叶うはずもない。ならば障壁は維持して、ダメージを最小限に抑えるべきだろうと考え、体を覆う殻は維持する。)
(当然、ケイリーの身体を同様に止めることは可能であろう。が、この視界もギリギリ前方が少し見える程度の状態で、高速で落ちてくる相手に併せられるかと聞かれたら、答えはNOである。精々出来ることと言えば、何処に落ちてくるか分からない故に、救助になり得る胴の部分をもう一層厚くするくらいで、2層を持ってしてもケイリーが止まることはないだろう。ルチアは走ってくるであろう痛みに耐えるため、ぐっと力を込める)
613ニル2/16 02:38
((救助→急所ですね………
614MAX2/16 02:46
「セイッ!!!」


ドロップキックは見事にルチアの胸に炸裂するも2枚の障壁がある程度の衝撃を受け止める。
ある程度と言ってもドロップキックをまともに受けるのだ。簡単に割れるだろう。
1枚目、容易く粉砕。2枚目、これもまた軽く粉砕するものの威力を分散させた。
3枚目、それはルチアの背後の障壁。その障壁は、ルチアから突き出た衝撃を確実に跳ね返すだろう。
そしたルチアの胸に脚が突き刺さる。予測通り背後の衝撃はルチアから漏れ出たドロップキックの衝撃を跳ね返し、ルチアを更に苦しめる事になる。
なるのだが背後の障壁すらも破壊してしまった。
別に問題は無い、ちゃんと衝撃をルチアに戻すという役割を少なからずしてくれたのだから。


「よいしょっと」


ドロップキックをした後は地面に落ちる。重力に逆らう術を持っていないため当たり前だ。
そのために跳躍した時に身体を捻り、受身を取れる体勢を取っていた。
両手を伸ばし、地面に触れれば折り曲げた。
直後、腕のバネを使いそのまま起き上がり、ルチアの方へと振り向く。
615MAX2/16 02:46
((とりあえず当たったことにしましたが…問題があれば言ってください。書き直しますので
616ニル2/16 02:56
((大丈夫ですよ〜、あれは詰みですし()
617ニル2/16 03:03
ガハッ…………

(カテリーネはもとよりルチアも声を出すことが出来ない。そもそも、身体の小ささ故に強度も一段と低いのだ。耐えられるはずもない。
あばらが1本でも残っていれば上出来だろうか。口の中に鉄の味が広がるのを感じながら、ヒューヒュー、と苦しそうに呼吸と言えない息を吐き出す。そのまま、痛みに耐えきらずルチアは意識を失った……)

「やれやれ………ちっとは加減してくれてもいいじゃねえか、Kクラス様よぉ………
可哀想にルチア……俺が仇とってやるからよ……」

(と声を聞けば、ケイリーは足元にふにゃふにゃとした衝撃をかんじるだろう。興味本位で振り向いてもいいし、振り向かなくてもいい………)
618鷹梨遥2/16 05:38
>>587
ん、まあ鍛えてるから多少のことなら疲れないのは間違ってはないかな?
それに俺の魔術は元々体力を奪われるタイプではないからね
("確かにいつ会っても疲れた顔してるよね"と思ったが口には出さないでおいた
そのためか羨ましいと言われ少し困ったように笑い答える。
彼の魔術は…"張り付く"、"飛ばす"、"跳躍"、"斬撃"がメインで最も体力を奪われるとしたら間違いなく斬撃が一番体力を奪われるほうである。
それ以外は普段から鍛えていれば意識することはない感じである
619鷹梨遥2/16 05:39
((寝てしまいました、すみません!
620鷹梨遥2/16 05:47
>>591
((とりあえず、話し合いを見た感じ訂正?と疑問部分が取れたので今のところ設定は大丈夫です!
621鷹梨遥2/16 05:50
>>604
疑問なんですが乗り物や爆発物だとどうなりますか?
622MAX2/16 08:44
立ち上がった後、足に何かを感じる。
人形が何かしているのだろうか。
右腕を加速し、鉄扇を取り出せば思いっきり地足元へ投げ付ける。
その鉄扇は地面へと突き刺さり、そして彼女は振り返る。


「手加減っていってもルチアちゃんは覚悟を決めてたし、それに対して手加減すると逆に失礼じゃない?」


人形に対して言葉を放つ。それは狂人のようなぶっ飛んだ考えなどではなく、至極真っ当な考えだろう。


「それに、実践練習だから本気で行ってその痛みを一度体験した方が次が楽になるし…」


何故かバツが悪そうにそう告げる。
623MAX2/16 08:44
((ゴメンなさい。寝落ちしました
624ユリア2/16 09:56
>>551
「はーい……すみませんね、お手数おかけしてしまって。」
(ケータイを返してもらい、少し申し訳なさそうな表情をしている。
ちょっと冷たいのは、気付いていても気にしてない様子。)

「……ああ、あと……貴女はSクラスの天才かもしれませんが……無理は、しないで下さいね~
まだまだ、若いのには、変わり無いのですから」
625バルゴン2/16 10:32
>>563
「ふむ…。課題がありすぎて分からないと思ったら焦点を狭めて見てはいかがでしょうか?
それなら考えも纏まりやすいと私は思います。私はですけどね?」

十人十色というように人は得意不得意な事はバラバラだ。
愚直に一つの事をやり通して上に上がるのもいれば、考え方をガラリと変えて一気に成長するのも居る。あくまで数ある事象の内の一例。
最終的には彼女がきめることだ。

「課題を決めたら後は実戦です。五十嵐さんの魔術はクセがありますがオールラウンドな物だと思っております。本当の事は貴女が一番分かっているはずですけどね。
例えばビリヤードの奴は、適材適所で効果を発揮させたら簡単にはやられません。ですが無駄撃ちはもったいないですね。だから課題は相手の行動を読むにする等。分からないを潰しましょう」

ぐっとこぶしを握ると先に戦闘ルームへ歩いていく。時間は有限である。早めに準備しなくては
626ニル2/16 11:46
((ごめんなさい、久々にやった夜更かししたら爆睡しちゃってました…
627龍崎 2/16 11:46
名前:御剣 隼人(みつるぎ はやと)

容姿:身長175cm/体重68kg
黒髪の短髪にメガネという、純日本人かつ優等生然とした姿が特徴的。

年齢:19歳

クラス:S

武器:魔術1の武装

魔術:機甲刀『月影』
隼人の用いる武装であり、後天性魔術でもある刀。
魔力を注ぎ込むことによって刃の延長、巨大化が可能となる機能が備わっている。
しかしそれは武装としての機能であり、魔術効果は別にある。

特定のコードを宣言することで魔力によって生み出されたスーツがその体に装着され、『変身』する。

スーツの機能としては、魔術全般に対する抵抗力増加と身体能力の強化。
抵抗力増加は、装着者に効果を及ぼす魔術の効果を軽減する効果を持ち、魔力攻撃に関してはそのダメージすらも軽減する。それによって生じる痛覚は変化しない。

身体能力の強化は純粋に、筋力、敏捷が底上げされ、単純な戦闘能力が上昇する。

どんな状況にも対応出来る、カッコイイ魔術をコンセプトとして作られたために、汎用性は非常に高いが、その汎用性のせいで魔術を2つ保有できなくなっている。

キャラの性格:勤勉かつ真面目。夏休みの宿題は早いうちに終わらせるタイプ。
研究員志望であったからか、一度親しくなった相手の魔術は頭に叩き込み、どんな使い方ができるか、どんな対応ができるかなどをよく考えている。

その他:魔術の研究員志望だった青年。
研究員のアシスタントとしてアルバイトをしながら、あわよくばコネで入所したいと考えていたのだが、機甲刀が引き起こした誤作動にうっかり巻き込まれ、気がついたら魔術師になってしまった過去を持ち、望まぬ戦いに巻き込まれた割りと不憫な境遇にある。

生来の『できることはやる』という努力家気質が魔術と上手く噛み合い、あれよあれよという間にSクラスまで登り詰めた。
それを天才、とはやし立てるもの達もいるが、本人からしてみれば魔術が対魔術戦闘向きだったと言うだけなので、やめて欲しいとかなんとか。

Kクラスのケイリーを彼女として持つが、グイグイ来るケイリーに少々困り果てており、それを友人に相談すると「惚気かぶっ殺すぞ」と言われてしまうのが最近の悩み。
628龍崎 2/16 11:47
((魔術は許可もらってるけど、念の為確認をば……
629MAX2/16 12:19
>>626
((だいじよー。ゆっくり休んでね
630GMポテト2/16 12:40
>>621
((んーと、
車だったら単純に性能が上がったり、爆発物だったら威力とか範囲が広くなるぐらいですかね(´・ω・`)
631ニル2/16 13:14
「何言ってんだ……
痛みを知るだァ?異世界人を殲滅出来るように、自分たちの生命を守れるように、そう特訓すんのが仕事だろうが。死ぬ経験を積めってか?
ルチア呼吸出来てないぞ……実践だったら死んでるな………」

(ぬいぐるみ故に、リンクしていても痛みは感じない。がしかし、苦しいということはビシビシとルチアから伝わってくる。ヨチヨチとルチアの元へ歩いて行き、頭を撫でてやる。
ルチアが意識を失っているため、本来の魔術が作動し、カテリーネはカテリーネとして動けていることで、ぬいぐるみが人を撫でるという奇妙な光景が行われている。)

「俺らも無知じゃない。敵の強さもある程度は理解出来るつもりだ……戦場が温くないことも分かってる。
………ま、今回はオレらが弱すぎたってことだな。実践をやるレベルにまで来ていないことがわかっただけで上出来よ。
と、そろそろ戦闘ルーム様々のおかげで、ルチアの意識も戻りそうだな……
あ、俺が動けるってことはまだ秘密にしといてくれや………」

(カテリーネはルチアの手元まで行き、ストンと腰を下ろす。当然戦闘ルーム内のため、ルチアは死なず、傷もなかったことのように消え失せる。すぐに目を覚ますであろう。)
632ななしさん2/16 13:23
>>618
「鍛える、鍛える……ねえ。」

別に、重力変動に関しては、反動あれど疲れたり体力を奪われたりするものではない。
もう一つの魔術。秘匿にはしているが、正直、言えるものならこちらだって言いたい。――ただ、軽率に"言う"ことができるほどの軽い魔術ではない。

行使も、楽じゃない。

「……魔術だって、何度もこなせば身体が慣れていくのはわかってるんだけどね。」

分かっているが、どうにも、慣れたくないものなんだ。

「……んん、いえ、何でもないわ。まだ休憩が必要みたい」
633MAX2/16 14:23
>>631
「別に死ぬ経験を積めって事じゃないわ。
死なない為に最大限の痛みを知るのよ。
もし、異世界人との戦闘になって怪我をして怯んだら…それこそが命を落とす原因となるじゃない。
怪我をしても怯むことなく逃げれるようにして欲しいのよ。
会ってまだ間もないけどルチアはいい子だし死んで欲しくはないの」


全ては生存率を上げて欲しいため。
戦場での隙は命取り、その隙を生み出しやすいのは痛み、その痛みに少しでも慣れれば生還率が上がるかもしれない。
それは彼女なりに導いた結論だった。


「てかカテリーネくんが動ける事ルチアちゃんは知らないのね。
分かったわ、その事は言わない。
だけどルチアちゃんが目を覚ましたら先ずは謝らなきゃ」


何故自分が動けるとルチア本人に言わないのか、何か困ることでもあるのだろうか。
ただ分かることは知らせたらめんどくさい事になる、ということだ。
ならその事には触れない方がいいだろう
634ニル2/16 15:37
「……………」

ん………はっ!!

(カテリーネは黙り込み、代わりにルチアが目を覚ます。ルチアはキョロキョロと当たりをみわたしたあと、胸元をさするようにして、自分の身の安全を確認すると、一気に前身の力が抜けたウニ脱力する。)

あっ………う………
「くぅ〜!!今のは効いたなぁルチア
ねえちゃんもわざわざ付き合わせて悪かったな!流石はKクラスなだけあるわ、動きからして全然違うゼ……」

(ルチアの人生の中で一番の痛みであったであろう先のドロップキック。その記憶が頭を掠め、痛みを思い出し、ルチアの足はまたも竦む。それを察したカテリーネが、先の会話などなかったかのように、ルチアによって顔の前まで持ち上げられて、話し始める。)
635MAX2/16 16:19
>>634
「ごめんね、ルチアちゃん。大丈夫?」


ルチアが意識を戻した事に気が付き、しゃがめば顔を見て心配する。どうやら痛みも残ってないようだ。流石戦闘ルーム、有難い。


「いやいや、私もやり過ぎちゃったし相手が居なかったから助かったよ。
それとルチアちゃんも頑張って練習すれば私のような動きが出来るよ?」


カテリーネが何故か謝ったがそれを否定し、こちらこそと礼を言う。
ルチアの動きは現に悪くない。だが経験が足りないだけだろう。ちゃんと経験を積めば自分のようになれるのは確実だ。

それはそうとカテリーナの口調滅茶苦茶変わってるじゃん!と突っ込みたくなる心を必死に押さえつけるのに精一杯な彼女だった。
636ニル2/16 16:54
私には………私には無理ですよ…
魔術だって攻撃的ではないですし……
運動神経だって、先天性だから何とかなってますけど………それでも、そこそこのことしか出来ません……

「今だって一打も当てれなかったしな…
俺様なんか、吹っ飛ばされて出番無しだったぜ…予想ではねえちゃんの胸元にダイブする予定だったんだがなぁ……」

(視線をうつ向けたまま、ケイリーに応える。先天性でなかったら壊滅的な運動神経、弱々しい身体、戦闘向きでない魔術。Dクラス相手ですら勝てないのも頷ける理由ばかりだ。カテリーネが場を和ますように冗談(冗談かどうかは……)を言うもルチアは落ち込んだままだ。)

「ま、ねえちゃんの言う通り、これからだわな!
特訓始めたばっかな上に、相手はKクラスだったんだ、今ならDクラスくらいなら動き止まって見えるかもな」

(ルチアはカテリーネを抱きながら立ち上がり、自分の服や、カテリーネについた埃を払う。まだ胸元や、足から腰に掛けての筋などに、違和感があるのかさすったり、伸ばしたりと動きを確かめる)
637さいかた2/16 16:59
>>624
「わ、わかった……」

こくりと頷いた。まだ若い、というか幼いから努力も足りてない故に無理も多いのかもしれないが、その限界を理解していないといけないのは理解していた。確かに力はあるかもしれないが、本当の天才とは思っていないから。
638鷹梨遥2/16 18:59
>>632
鍛えると言っても無理だけはしないよう気を付けないといけないけどね
(鍛えるために無理してやり続ければ体調だけに限らず身体の方だって壊しかねない
彼と同期生だった一人も無理をした結果、身体を壊してしまい引退してしまったのだ


ん、まだ休憩するなら俺は立ち去った方がいいかな?
(まだ休憩が必要なら自分がいるせいで休憩が出来ないのではないかと考え残ったオレンジを一気に飲み干してから立ち上がり彼女に聞いてみる
639鷹梨遥2/16 18:59
((遅れてすみません!
640鷹梨遥2/16 19:00
>>627
((設定大丈夫です、よろしくお願いします!
641鷹梨遥2/16 19:01
>>630
((わかりました!設定のほう大丈夫ですよろしくお願いします
642龍崎 2/16 19:02
((やったぜ
んじゃカラボするの
643M1A12/16 19:21
>>642
((た た か お
644MAX2/16 19:25
>>636
「あはは、なら今胸にダイブする?

ルチアちゃん、運動神経はちゃんと良くなるよ。それにルチアちゃんの魔術だって使い方次第では化けるよ?
例えば私がさっき移動した時、進行方向に罠として置くみたいな事も出来ると思うよ?」


冗談を交えながらアドバイスをする。
実際に私が例として上げた行動をやられていたら私が負けたかもしれない。


「そうそう、カテリーネくんの言う通りとにかく戦わなくちゃ。戦う中でどんな動きをすれば勝てるかとか、あの時の動きが致命的だったとかで次に対策する。
それの繰り返しで強くなれるわよ。
1人で考えるのが難しいなら私も手伝うし、何よりもカテリーナくんがいるじゃない?」


微笑みながら語りかける。普段の生活ではおそらくこんな事言わないのだが腐ってもKクラス、指導はちゃんとしている。
645龍崎 2/16 19:36
((ひぇっ……怖い人……
はいな、どっちから落としましょう?
646M1A12/16 19:38
((先頼む。そしてかなーり亀になる
647龍崎 2/16 19:41
((ほいほい、少し待っててね
648GMポテト2/16 19:41
((わいもカラボしておこうかな
お風呂と夕飯食べに行くけどね
649ななしさん2/16 20:34
>>638
「……まあ、正直言うとね。ただ、話してて気が楽になった。ありがと。」

立ち上がってしまった以上妙に引き留めるのもよくないだろうし、それなら、これ以上余計に気遣いをさせてしまう前に立ち去らせてしまった方がいいだろう。
一人で、【夢】――ならぬ、【運命】について考える時間もほしい。
……こう突っぱねるような考えしか浮かばないのは、本当に青柳に対して申し訳ない。

と、ちょっとだけ思っている。

「頑張ってね。」

そう、気軽に呟いてみた。――こんなことでさえ、変わってしまう未来は、どこかにあるだろうか?
650ユリア2/16 20:36
>>637
「ふふ……ではでは、私は暫くここを回ってから、お暇しようと思うのですが……千涼さんはどうされます~?」
(なんだかお散歩でもするような雰囲気だ。
まあ、実際するのだが。
こんな彼女だが、活発なのだ。)
651ニル2/16 20:54
罠………といってもあっさり壊されて無駄に消費するだけだと思いますけどね………
それに……戦いの中で学べといっても……
今みたいに瞬殺されてちゃ……学ぶことも少ないですしね……
やっぱり私はまだ、戦って倒すことは考えず、生きることだけ考えなきゃダメみたいです…

「その方がいいだろうな、そもそも対異世界人のために特訓してんだ。人間らしく、集団で勝てればいいのさ、なにも1人で相手を殲滅しなくていいんだ」

(命あってこそ、命大事に。何故戦うのか、それは命が脅かされているから。その根本を見直したものの、果たして今の魔術で身を守れるのか……、現に今3枚の壁を持ってしても止められなかったことを考えるとやっぱりわたしって……という負の循環に陥り始める。)

「さて、ルチアも落ち着いてきたし、そろそろ俺らは上がろうか
ねえちゃんも今日は付き合ってくれてありがとな、また何かあったらおことばに甘えて頼らせて貰うさね」

あ……そうだね……
今日はありがとうございました……
それでは、私たちはこれで……

(カテリーネを抱え、ぺこりとお辞儀をすると、戦闘ルーム出口に向かって歩き始める)
652MAX2/16 21:21
「こちらこそありがとね〜。
何時でも頼っていいからね?」


と言いながら戦闘ルームから出ていくルチアの背を一瞥すれば、地面に落ちている刀と突き刺さっている鉄扇を片付け始めた
653MAX2/16 21:22
((からありー
654ニル2/16 21:27
((ありがとうございましたーー!
655MAX2/16 21:32
((そしてカラボぶん投げるー
656GMポテト2/16 21:40
>>655
((拾っても良いですかね?
657MAX2/16 21:42
>>656
((全然良いよー。シチュどうする?
658GMポテト2/16 21:47
>>656
((このキャラ普段は施設外でぶらぶらしてますからね....自分は特に希望はないです
659MAX2/16 21:49
>>658
((希望がないか…困ったな。じゃあ先落としてくれる?
660GMポテト2/16 21:57
>>659
「あーあー、魔武器〜魔武器はいらんかね〜。武器じゃなくても雑貨もあるよ〜。雑貨じゃなくても何でもあるよ〜。お探しの物ならあるはずだよ〜。」

...独り言のような宣伝のような、どっちとも取りずらい内容を喋りながら、煙草をくわえやけに大きな袋をズルズルと引きずりながら、一人の少年が河川敷をあるいていた...
661MAX2/16 22:06
>>660
「ねえ、武器要らない?って言ってるけど本当に買えるの?」


河川敷を散歩していたら袋をズルズル引きずる男を見つけた。
何やら譫言のように呟いたので反応をしてみた。
武器に興味があるのは事実、値段次第では買おうかなって思っていたりする
662ポーサン2/16 22:13
「ほむんほむん。
なら、色々やった方が早いですね!」


とりあえず実行してから考えようという事で、そのまま戦闘ルームを走る。

広めの場所を確保できれば良いと思いながら、駆けずり回って場所探し。

しばらくして、程よいスペースを見つけて。


「よぉしよしよし、この辺にしましょうか。」


その場で立ってそう告げる。

なお、塙の額は何故か赤くなったいる。

また転んだのだ、頭から。

それでもケロッとしながら、訓練をやるために軽く準備運動中。
663さいかた2/16 22:17
>>650
「わたしは……少し休みに行こうかな…」

どこに行くかは決めていないが、大方休憩室だろう。人は比較的少ないから休むならそことしていた。すぐ体調を崩す彼女がところに行くのは少し危ないかもしれないが、ゆっくりできる場所がいいのだろう。
664GMポテト2/16 22:18
>>661
「おう外人のネーチャン、こんな所に観光かい?ああ、マジで買えるよ、現物直渡しで。地方限定品とかは揃えてないけど、そうゆうラインナップも必要かねぇ?(ケラケラッ)」

お目当の客が連れた事に満足そうな口調で話しながら、ドスンッとかなり重そうな音を立てながら袋を立たせ、中に上半身を突っ込んでゴソゴソと漁り始める。

「で、どんなのご所望なんだい外人のネーチャン?今のご時世そんな防犯アイテムとかほとんど無意味にも愛しいし、買うなら相手をマジでヤッちゃえる代物をちらつかせてた方が俺は身のためだともうけどね(ゴソゴソッ)」
665MAX2/16 22:24
>>664
「観光じゃないわ。日本に住んでるんだもの」


そこはハッキリと否定する。
そして袋がかなり重い音を立てたので驚いたのかビクッとする。


「んーそうね。刀剣類はあるかしら」
666GMポテト2/16 22:35
>>665
「へぇ、わざわざ母国を捨ててこんな国に来たのかい。物珍しい嬢ちゃんだねぇ〜。正直言ってろくな国じゃ無いぜここも、最近の若者の質も年々落ち込んでる所なんかは、そこら辺の国と比べてなーんも大差ないんだからな。(ケラケラッ)」

「んーと、刀剣類ねぇ。流行りだとか良く分かんないから、最近はあんまり仕入れて無いけど、まあ在庫は腐るほどあるし多分お気にめすのぐらい見つかるだろ(ポイポイッ)」

...と無駄口を叩きながらも、袋に頭を突っ込んだ体勢のまま、中から刀剣類(?)を放り出していく。日本刀、小太刀、サーベル、グラディウス、ニッパー、カッターナイフ、包丁、調理ハサミなどなど....
667鷹梨遥2/16 22:36
>>649
俺は神流ちゃんと少し話が出来てとても楽しかったよ、また機会があれば…
(嘘か本当か分からないが気が楽になったという彼女に対して彼は会話をして楽しかったと答える
そのあと彼女の呟いた言葉が耳に届いたようで彼の言葉が途切れた後にニコッと笑う


応援とは嬉しいなぁ…ありがとう、神流ちゃんも頑張ってくれよ。
お互い同じSクラスの仲間であり友達だと俺は思ってるからさ悩みとか色々相談には乗るから
(よほど嬉しかったのかニコニコした表情で話しており同じクラスの仲間だから相談には乗ってあげたいと思っているようで紙切れを1枚渡す。
それは彼の連絡先が書かれた紙であった。捨てるか受け取って登録するかは彼女が決めることである
668流れ者A2/16 22:44
>>620
((設定の承認、ありがとう

じゃあ、今日から早速カラボを始めてみようかな…?
669MAX2/16 22:46
>>666
「母国を捨てたって言うか親の転勤でね。
暫くこの場を離れられないのは事実だけど。私も“指導”をしなければいけない立場だし。」


この指導は戦闘においての指導である。腐っても魔術を行使するものならばその意味がわかるだろう。


「じゃあこの小太刀、何円?」


暫く出された物を品定めするように見れば、小太刀を気に入ったのかその値段を聞く。
670ななしさん2/16 22:47
>>667
俺は思ってる、か。
……ダメだな。やっぱり、そういう言葉を、"利用"――ではないけど、"使う"ことの方に、頭を回してしまう。
ちょっとくらい、他愛のない話に、花を咲かせてみたかったけど、あいにく性には合わなそうだった。

ひらりと渡された紙を一瞥して、しめたと微笑んでしまうのも、悪い癖なのかもしれない。――最悪の事態を回避するために必要なのは、半ば盲目だ盲信だと謳われようと、事情を深く聞かずに指示に従ってくれる仲間……
だけど。

「……気が向いたらね。」

それを抜いて、一人の高校生として過ごすことも、必要だったりするのだろうか。悩みや相談に乗せられるほど軽い話題ではないが、それを除いて、気楽な女子校生らしい会話とか、してみた方がいいのだろうか。
――まったく、もう。


紙は、捨てなかった。
そのまま机に伏せて、あとは勝手に去ればいい、とでもいうように、【夢】を見始めたんだ。
671ななしさん2/16 22:49
((こちらからは以上ですの
672とびっこきらい2/16 22:56
((またほんの少し安寧を手に入れたとびっこです…控えめですが参加させていただいても良いでしょうか、
673GMポテト2/16 22:59
>>669
「ん、そんなんでいいのかい?アンタ見たいな美人な外人のネーチャーンなら、デッカい大剣とか持たせときゃ絵にはなると思うだがねぇ。(ヌポッ)
で、えーと値段だっけ?ならこのリストに載ってるはずだから、ちょいと自分で探してくれよ。あ、先に二つ程言っとくけど、まずその1に買ってもらったら返品(クーリングOFF)お断りだから。ご覧の通り個人経営だからな、そうゆう面倒なサービスはやって無いのよ。その2、お金足りないからって身体で払おうとするなよ。若い連中の身体なんて、食べても後味が悪いって相場が決まってるんでね。(プハ〜)」

...とまあ彼女が買う商品を決めたみたいなので袋から頭を抜き、金額の一覧リストを彼女に手渡しながら袋にもたれ一服させてもらう。
...ちなみに金額は、どの商品も大体市販で売られている価格の1.5倍程である。
674鷹梨遥2/16 23:41
>>670
ん、いつでもいいよ。気が向いたら連絡ちょうだい
ね。おやすみ神流ちゃん…
(彼女なら本当に気が向いたら連絡してくるタイプだと信じているからなのか至って普通の返事をしたあと再び机に突っ伏した彼女に挨拶をしたあと休憩室の空調と温度は万全だと分かっていても風邪を引いてしまわないよう毛布タイプのタオルケットを彼女に掛けてから立ち去ることにした
675鷹梨遥2/16 23:45
>>671
((絡みありがとうございました!
676鷹梨遥2/16 23:46
>>672
((はい、参加のほうは全然大丈夫ですよ!
677MAX2/16 23:55
>>673
渡されたリストを見ると、その値段を見つけた。
高い。適正価格などとはお世辞にも言えないな。これなら正規店で買った方がいい。
それにクーリングオフは確か法律だった気がする。
面倒くさいからのそれを拒否するのはどこかに欠陥があるからだろう。
これは買わない方がいいな


「ごめんなさいね、今回は買わない。
値段が適正じゃないしクーリングオフを拒否する所は買わないって決めてるの。」

そう言うとリストを返し、それじゃ商売繁盛するといいねと言い残し、帰ろうと踵を返す。
引き止めるなら今のうちだ。
678龍崎 2/17 00:24
((松永忙しいらしくて、また今度絡みすることになったから、カラボ置き直しておく
679ななしさん2/17 00:38
>>678
(((。・н・。)パクッ
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
( ゚д゚)、。シチュ ペッ
680龍崎 2/17 00:49
((おう拾われるよ
シチュその他
681鷹梨遥2/17 06:57
((皆様おはようございます
先ほど新規様のキャラ等を更新致しました。
間違いがございましたらメールして頂けると幸いです
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中