カテゴリ

  • 全ての話題
  • おすすめ
  • なりきりチャット
  • イラスト
  • ゲーム
  • マンガ・アニメ
  • TRPG
  • エンターテイメント
  • テレビ・芸能
  • 映画
  • 音楽
  • 書籍
  • 文化・芸術
  • その他エンタメ
  • 趣味・旅行
  • 旅行
  • 乗り物
  • 写真
  • おもちゃ模型
  • ガーデニングDIY
  • その他趣味
  • 相談・雑談
  • 恋愛相談
  • 人生相談
  • その他相談
  • 地域ネタ
  • 世界各国
  • その他雑談
  • スポーツ
  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 格闘技
  • 冬スポーツ
  • その他スポーツ
  • 家電、IT
  • 家電
  • スマホ、携帯
  • コンピュータ
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • プログラミング
  • その他IT
  • 学問
  • 理系
  • 文系
  • 語学
  • 受験
  • 資格・試験
  • 生活
  • お酒、飲料
  • ファッション
  • 住宅
  • 健康
  • 病気・医療
  • 職業・雇用
  • ニュース
  • 政治
  • 経済
  • 国内
  • 海外、IT
  • 地震・災害
  • 株、FX、為替
  • 株式
  • 外国為替
  • FX
  • オンライントレーディング
チャット部屋
チャット 部屋一覧
チャット 部屋作成
部屋一覧
更に表示するには
チャット部屋名で検索して表示を絞ってください

げぇむ「どくぼう」(ほのぼの期間)

                  
くろうぃず2/16 18:41
ルールwiki→https://seesaawiki.jp/solitarycell/

『お知らせ』現在ほのぼの期間です。

『どくぼう』としての『げぇむ』はまだ始まっていません、現在は『脱出ゲーム』という仮定で『げぇむ』を行っています。

————

→本編
「————エントリー数が参加最高人数に達しました。
これより「げぇむ」を開始します。

これから皆さんに参加していただく「げぇむ」は難易度「はぁとのJ」、「どくぼう」

...ここはどこなのだろうか?、周りを見渡す事でわかるのはどこかの建物だということ。

機械音声が耳に入り「どくぼう」と言い終えた瞬間にどこかの扉がガシャン!と音を立てて開いた。

全員でそこへ向かってみると参加者全員分ある「どくぼう」、それを見た瞬間にここは「刑務所」なのだと理解できた。

出口に通じる扉にはレーザーが張っていて出ることができない、どうやらここへと閉じこめられたらしい。

「「るうる」の説明です。皆さまには、自分の首輪の後ろに現れたマークを、当てていただきます。

1ターンの制限時間は1日、1日が終了する15分前になると「どくぼう」の扉がロックされますので、それまでに「どくぼう」に「1人ずつ」お入りください。

ロックされた「どくぼう」内の15分内に限り、口頭による回答が認められます、誤答、無回答の参加者は首輪が爆発して「げぇむおおばぁ」

正解した参加者は、首輪のマークが書き換えられ、次のターンへと進み、同じ工程を繰り返していただきます。」

「るぅる」説明を聞いていた誰かが「なんだよそれ!、エンドレスでこのげぇむは続くってのか!?」と無機質な音声に対し反論を述べる

「次に、この「どくぼう」における勝敗ですが、この「げぇむ」の主催者である「はぁとのじゃっく」は、既にここにいる参加者の誰かに紛れ込んでいます。

「はぁとのじゃっく」が「げぇむおおばぁ」になった時点で、残った「ぷれいやぁ」は全員「げぇむくりあ」

参加者が残り2人となり「はぁとのじゃっく」が誰か確定した時点で、「はぁとのじゃっく」唯1人が「げぇむくりあ」もなります。

なお、「げぇむ」上での禁止行為は次の4つ。

・ロックされた「どくぼう」内に2人以上がいた場合
・他者の「どくぼう」への入室を妨害した場合
・他社を自力で回答できない状態にした場合
・1ターンの間に5人以上から自分のマークを聞いた場合

また、腕に装着してある腕輪から生体電流が発され、それを通し2つの事ができます。

・「ぐるぅぷ」を組むこと
・自分のマークを他人に教えてもらうこと

「ぐるぅぷ」を組んだ場合マークを聞く制限がなくなります、また、マークを教えてもらう権利を人に譲ることで人からマークを教えてもらうことができます。この教えてもらう権利は1ターンに4回しか使うことができません。

会場内の皆さまの行動は常に監視されていますので、違反者を発見した場合は、その場で「げぇむおおばぁ」。

最後に————この「どくぼう」はいかに相手を信用できるかの「げぇむ」です。皆さま、いち早く信頼できるパートナーを見つけることをおすすめします。

それでは————「げぇむすたぁと」」

個人個人に装着されている腕輪の「24:00:00」と表示されていた数字が少なくなっていく————どうやら、もう「げぇむ」は始まっている様だった
300廃屋2/10 21:09
「名前」日夜 和(ひぐらし なぎ)
「職業」警備員
「体型」170cm程の長身。元陸上部で短距離をしていたが、就職に際して長距離のトレーニングも重ねたため身軽でタフなスポーツ体型。
「性格」責任感が強く、職務上怪しい人物に対しての警戒心は高い。女性男性問わず紳士的に接する。
「設定」中性的な振る舞いをするが、れっきとした女性。忌憚のない物言いをする一方で、紳士然とした物腰柔らかに接することもある。警察とは違うので民間人を相手に武力行使をすることは滅多にないが、正当防衛と判断できる状態になれば遠慮なく手を出す胆力がある。
301廃屋2/10 21:10
((よろしくおなしゃ~す
302まっちゃん2/10 22:14
((カラボ投げとく
303キョクヤ2/10 22:21
>>302
((我拾う 故に我あり
304まっちゃん2/10 22:44
((何言ってるか分からないけどシチュどうする
305キョクヤ2/10 22:58
((じゃあ多目的ルームあたりでっべぇわここってなってるので適当に声をかけてくだされば
306まっちゃん2/10 23:06
((りょーかい。先よろ
307まっちゃん2/10 23:06
((べぇ可愛いけどお前が使うな
308キョクヤ2/10 23:07
((っべぇわ悲しい
309キョクヤ2/10 23:08
"七人の害虫は籠の中に居た"

あの時書いた小説のフレーズを思い出していた。

老若男女が繰り広げる命のやり取りは、いつ読んでも興奮せずにいられない。
故に高木は、チープな携帯小説からライトノベル、純文学に至るまで、ありとあらゆるサスペンスホラーを貪るように読んでいた。価値観と知識が偏っていることは否めない。

「事実は小説よりも奇なり、か……」

そっと首輪に触れた。
よもや自分が"ごっこ"とはいえ、幾度となく傍観してきた舞台に立たされることになろうとは。

これ程有難いことはない。

多目的ルーム(入口の地図にそう書いてあった)に並べられたテーブルに触れながら、彼は不敵にほほ笑んだ。
310まっちゃん2/11 08:26
(([ コロコロ・・・ 1d4 = 1 ]
311まっちゃん2/11 08:27
>>309

「ほかの人たちはどこにいるんですかね〜?」

(とことこと多目的室に近づく足音。とても軽々しい音で、まるでもう少しで空に浮いてしまうくらいのものだった。
白井優子は、周りをキョロキョロと見回しながら歩いていた。
特にこれといった目的地があるわけではない。どこかしら歩いていれば人に会えるだろう、という迷子の子供のような思考から闇雲に足を動かしていたのだ。
突然連れてこられた場所で、少し不安があったがそれもそのうち慣れるだろう。そんなふうに、気軽に考えていた。
それにしても、脱出ゲームか。あまりゲームというのは馴染みのないもので、優子にとっては未知の領域とも言っていいほどの世界であった。
そもそも気がついたら脱出ゲームに参加させられているって、なんだかよくあるドッキリ番組の企画みたいでそわそわしてしまう。)

「……ふぅ…っと?」

(そしてちょうど、高木がいる多目的室を通りすがろうとした時、人の気配がしたものだから思わずそこを覗いてしまう。
人に会えるだけでこの心細い気持ちは解消されると思ったから。
多目的室の扉を開けて、予想通り中に人がいるというのを確認してから自分も中に入った。
男の子…第一印象として、なにか考え事をしているように見受けられたものの気難しい人なんかではなく、少し幼さが抜け切れてないと思った。なんだろう。自分よりも年下なのでしょうか。)

「あのぅ、こんにちは?」

(とりあえず声をかけてみる。考え事の邪魔をしてごめんなさい、と心の中でこっそり謝罪したのは秘密だ。)

カウントダウン【49】
312まっちゃん2/11 08:27
((寝落ちすまぬ
313キョクヤ2/11 10:06
>>311
「ん……?」

声の方を向く。
彼女が、自分と同じ"登場人物"であることは容易に想像がついた。首に嵌められた輪が、それを確定付けている。

「ああ、こんにちは!」

にこやかに挨拶をして、彼女に少し歩み寄る。距離を詰めすぎると、自分の身長が相手(特に女性)に威圧感を与えることを、彼は知っていた。
自分より少し年上かな、と彼は思った。実際には10以上離れてるわけだが、彼女の幼めな容姿と、彼の未熟な人生経験が、正確な年齢推定を阻害していた。

「えーと、僕と同様な参加者でしょうか?それともひょっとして、ゲームマスターなんて存在だったりします?」

このテの話にゲームマスターは付きものだ。目の前の彼女がゲームマスターである確率より、参加者である確率の方が高いのは明白だが、一応、話のとっかかりとして、聞いてみるのだった。
314まっちゃん2/11 11:09
>>313

「はい、こんにちはぁ」

(うふふ、と口元に手を当てて笑う。まるで近所のおばさんみたいだ。
多目的室とは…流石に学生以来である。でも学生の頃でもあまり使わなかったかもしれない。だからなのか少し新鮮に感じた。
あまり近くに寄ってこない相手に、こちらから歩み寄り顔を覗き込んだ。
身長差もあって迫力はあったけど怖くはない。
慣れているから…かしら?)

「げぇむますたぁ…?えぇっと、多分参加者で合ってると思います」

(その口ぶりからすると多分彼も脱出ゲームに連れてこられた参加者なんだろう。知性のありそうな雰囲気だから、口数が少ないとばかり勝手に思っていたけれど全くそんなことがない、というか交友的に接してくれているという印象を受けた。きっと優しい人なんでしょう。
ぼぅっとしてしまいそうになるのを抑えては両手を合わせて目を細めた。)

「あ、わたしは白井 優子って言います。差し支えなければお名前伺ってもよろしいでしょうか?」
315バルゴン2/11 18:17
((そーれ!サッツバツ!サッツバツ!
316キョクヤ2/11 20:39
>>314
距離を詰められ、逆にこちらが少しだけ上体を反らしてたじろいだ。そのようなことは今までになかったし、相手の愛らしい容姿に思春期特有の恥ずかしさを覚えたからかもしれない。

「白井さん、ですね。そうですか、それでは僕等は、参加者同士ということですね」

白井優子。温厚で柔和な印象を受ける彼女にピッタリな名前だと、彼は思った。

「俺は高木 理史也っていいます」

苗字と名前の間に少し間を置くことを意識した。続け様に発音しては聞き取りにくい氏名であることを知っているからだ。

「17歳、高校2年生です。学校では友人に『ギリシャ』なんて渾名で呼ばれています。タカギ リシヤでギリシャです。とはいえ僕自身に、ギリシャとの類似性など皆無なんですけれど。ああ、財政難って点は同じかも」

ハハッという乾いた笑いが室内に反響した。妙に重苦しい雰囲気を払拭したくて、半ば無理やり明るい雰囲気を作ろうとしていた。
317借りた猫2/11 20:53
>>299
((反応日にち跨ぎましたすみません。
了解です。先落とします?
318バルゴン2/11 21:06
((先お願いしますー
319借りた猫2/11 22:59
((はーい
320借りた猫2/11 23:33
「…なんですかね、ここ。」

さて、状況を説明しようじゃないですか。目が覚めた。よくわかんない場所にいた。以上。ではここから解ることを10文字以内で説明せよ。

模範解答:ねぇよ。(4文字)

と、言う訳でこんな大層物騒な場所にいるのです。腕には腕輪、首には首輪とこれまた物騒です。宜しくないですね。主に精神的安寧がないのは非常に宜しくないです。

「…はぁ、こんな展開小説とかでしか見ませんよ?」

然して小説らしく妙に落ち着いている私でございます。勿論です。主人公とは突然このような事態に陥っても不自然な程に冷静でいるものですから。決して最初起きた時は泣きながら「ごごどごでずがぁぉぁぁ!!!!」とか叫んでないのです。ええ、決して。あれは黒い歴史としてパラレルワールドなるものに放り投げました。

「ま、こんな精神異常者見たくブツブツ独り言言ったとしても意味ないですね。さっさと探索的なことでもしてみましょうか。」

と精神異常者の様に独り言を呟きながら探索を始めました。で、最初に入った場所が。

「…食堂、ですかね?」

机と椅子、奥には恐らく厨房へと繋がる扉。その容貌からして恐らくは食堂と見て問題ないでしょう。どうやら食器類などはしっかりと用意されている様で、どうにも食には困らないように見えます。

「これまた、小説のような展開ですね…。誘拐犯様は厨二病でも発症されていたりするのですかね?」

小首を傾げつつ、食器棚を漁ります。何か見つかるといいですが、こういう時ってテンプレとしては大抵何かイベントがないと事態が動かないんですよね(メタ)。
321まっちゃん2/12 09:55
>>316

「……ふふっ」

(そのぎこちなく笑う彼――高木 理史也がなんだか可愛らしく思えて、女性経験は少ない方なのだな、と憶測をする。そして、17と聞いて自分の歳と照らし合わせてしまえば12歳も離れているという事実に肩を竦ませた。)

「ギリシャくんですね。緊張しなくていいんですよ。貴方の年齢的にわたしはもう時期おばさんと呼ばれる対象になりますから、気軽に優子、と呼んでください」

(面白い名前ですね、とか、変わった名前ですね、と言った感想は抱いたが言わない。そこまで干渉するほど彼とは打ち解けあえていないからである。
そうか、高校生…思春期やら反抗期やらの余韻が続いている歳だろうな。その中でも高木は一段と落ち着いて見える。それは逆に個性があって印象が深いので、顔が覚えやすかった。何かの拍子に忘れてしまった場合でも、直ぐに思い出すことが出来るかもしれない。)

「脱出ゲームなんて初めてやります。こういうのは、なにかしら問題を出されるんですよね?ギリシャくんはとても賢そうなので、すぐに出れてしまえそうです。」
322キョクヤ2/12 14:14
>>321

「あっ、そうなんですか。ええと、ではそうします、優子さん」

おばさんと呼ばれる年齢が如何程の物なのか、彼には想像できなかったが、それでも思っていた以上に歳上であることは確からしい。流石に年齢を尋ねるのは憚られたので、適当に相槌を打った。

「いやそんな。僕は数学を不得手としていますし、問題の種別がそういった系統ならお手上げですよ」

これは事実だが、おだてられて悪い気はしない。照れ臭そうに手を口に当てながら、そう答えた。

「それに、可能な限り長時間このゲームを楽しみたいです。あっ、優子さんはどうでしょう?こういった催しは好まれるんでしょうか?」
323バルゴン2/12 14:34
>>320
「ここどこだよ。」

脱出ゲームで最初に呟く言葉ベスト3に入るであろう台詞を言いつつこんにちは。俺です。
牢屋?どっかの遊園地?最近、良くあるよね。
有名な所を再現しましたー!的な所。今まで好きだったけど嫌いになったよ。

そもそも想像してたより規模がデカイよね。
脱出ゲームって言うなら○○しないと出られない部屋のような個室が良いと思うの。個室に二人っきりで協力しあってチョメチョメとか。
別にピンクな考えはない。ホントよ?

「……食堂?やけに凝ってるな。あっ。」

腕輪とか首輪を弄っている内にここまでたどり着いてしまった。これに衝撃を与えると爆発とかそういうのは無いのかもしれない。
もしくは虚仮威し。雰囲気は大事とかだろうか。こんな状況で大事するかは不明だが…

それはそうと食堂だ。中に入って椅子に座り込む。探索を始めるわけがない。死んだら嫌じゃん。
軽く見たが机と椅子しかねぇ!後はメイド?以上!聞けば分かるでしょ。

「よう。そこのメイドさん。なんか見つかったか?」
324お試し2/12 16:03
((置きで亀のからぼをようやく置くことを決意。超亀ですが親切なばなな辺り拾ってくれたら嬉しいです。からぼ。
325借りた猫2/12 16:25
>>323

「およ?」

振り返るとそこには不審者。なんかニヤニヤしてますし、服装も黒っぽい。恐らく今日のファッションテーマは不審者です!と言われたとしても信じる程には不審者していました。まあぶっちゃけこんな所で出会ったら全員不審者ですけどね。

「ひぇ…食べないでくださぃぃ!!!」

という訳でめちゃくちゃビビります。そりゃそうでしょう。振り返ったら不審者ですよ。メリーさんよりも恐怖ですよ。1番怖いものは人間だって言いますけど本当に1番怖いものは不審者とゴキブリですよ。不審者って人間ですね。

「私食べても美味しくないですよ!!私食べたらお腹壊しますよ!!それに人間って鶏肉の味がするらしいですね!!いやぁぁぁあ!!」

とこれは可愛らしく取り乱してしまいました。これで相手もイチコロですね。きっと保護欲が駆られて食べるどころか守ってくれるに違いありません(願望)。だからお見逃しくださいお願いしますまだ死にたくないよ私はこの世を全て可愛くするまでは死ねないのですぅぅぅぅぅぅ!!!!(心の叫び)。
326バルゴン2/12 17:45
>>325
「あっ、あぁ…おーい。ダイジョブか?食わねぇぞ?」

あらあら元気で何よりです。メイドさんってもっとお淑やかなイメージだったんだけどな。世の中広いよね。びっくりしちゃって机に膝をぶつけちゃったよ。イタイナーカナシイナー(棒)

それで俺、そんなに顔怖いかな。昔からこの顔なんだけどなー。慣れたら可愛いよ。自画自賛だけど頼りになるよ。
いつも笑ってるキャラって大体チート級じゃん。格ゲーとかで端の方にあるあれよ。オーラ違うよね。
ねぇ、画面の前のそこの君どう思う?俺怖い?怖いって言ったら分かってるな?俺は怖くないね?よし!

立ち上がると自分は無害。ただの石ころとでも言うように両手をあげて二、三歩距離を離す。とても奇妙である。宇宙人じゃないよ。
いつも怖がられたらこうして距離を離して対話を試みるのだ。見た目が普通な奴ならだが。

多分最初に泣き叫んでたのこの人だよね。
うわー、大ハズレじゃん!やだー、こんなに叫ばれたら俺この子襲ったみたいじゃん。濡れ衣を着せられるのやだなー。

「良いか。良く聞けメイドさん。俺はあんたと同じこのゲームの参加者だ。この通り首輪と腕輪もある。良いな?身なりは不審者だが対話は出来る奴だ。OK?」
327借りた猫2/12 18:05
>>326

「いやぁぁぁぁ……………え?」

来世は何がいいかなとか考え始めた所でよく見ると彼にも首輪と腕輪が着いていることが分かりました。成程、私と同じ境遇でしたか。不審者ですけど。

「ほ、本当ですね。対話出来る不審者なら安心ですね。」

正直若干びびってますけど。見た目通りの不審者!って訳では無いみたいですね。人は見かけによりませんね。外見で判断するのは良くないことです。これを見ている皆も人を外見で判断するのは辞めましょうね!でも最初の判断材料って結局顔ですよね!世の中世知辛い!

「何はともあれ食べないのであれば問題ないです。オールオッケーです。して、何か御用ですか?…いや、言いたいことは解ってます。」

特にこちらに害は無いようで。それならば怯える必要も無いでしょう。顔以外は。さて、私に声を掛けたという事は何かしらの用がある筈でして。この状況で考えられる事といえばですね。

その1。デートのお誘い

その2。パンツ見せて欲しい

その3。情報共有

この3つですね。そして彼の反応などから見るに何の用で話しかけたか推理する事など赤子の手をティロ・フィナーレするよりも簡単なことなのです。そう!答えは!!!

「……ごめんなさい!まだ誰とも付き合う予定は無いのです!」

彼には悪いですが、まだ彼氏は必要ないのです!!!!
328バルゴン2/12 18:36
>>327
「…分かってくれてなにより。」

対話が出来る不審者っておい……。うーんこの。
一先ず置いておこう。考えすぎると頭が痛くなる。頭が痛くなるのは、今回ばかりは別の理由の気がするが話が分かってくれただけ進歩がある。

それに言いたいことが分かってくれるなんて勘がいい。ふざけているように見えて中々切れるタイプらしい。要らないと思うけど風船欲しい?
心の中でガッツポーズしつつ答えを聞くと急にグラッときた。こんなのはじめて

「なんでだよ!?はぁ!?なんで!?いや待て。この発言は違う。待ってろよ…」

多分目の前の人は待たないと思いますもう一人の俺。急いで考えろ。勘が鈍い人でも分かる。このメイドやべぇやつやん。今なら分かる。倒置法宮川大輔が出る程俺のこれからがかかってる。

言いふらされたら仲間はZERO♪ハッハハハッ!
くそったれ!歯を全部インプラントにしてやろうか?おい!

「最初に言っておく。俺はチェリーじゃないからな!彼女not募集!もう沢山だ!両手に彼岸花!
俺があんたに突っ掛かってる理由は最初に聞いた事の答えが知りたいからだ。

『なんか見つかったか?』

このたったクエスチョンマークも入れて10文字の答えが聞きたい!もう一度言おうか?
なんか見つかったか?良いな?それだけを聞きたい!」
329借りた猫2/12 19:23
>>328

「何!!違いましたか!!」

つまり彼は見知らぬ超絶美少女からいきなり告白を断られ枕を濡らす日々に浸るわけですね。可哀想に。さて、彼は何か見つけたか10文字以内で説明しないといけない訳です。先程までならねぇよ。(4文字)で済むわけですが…

「じゅ、10文字ですよね…」

グルグルと頭を回します。えーっと10文字…

あなた以外は何も見つかりませんでした。(19文字)

ダメですね、もっと端的に、適切な表現で相手に伝えないと……はっ!!そうだこれですね!

これには自信ありますよ。完璧な回答ですね。

「ふしんしゃいました!(10文字)」

()内までしっかりと宣言しました。完璧な回答ですね。これならばそれ以外めぼしいものは無かったという事がしっかりと伝わります。つまり目の前の彼がいる、つまり人とまた会ったというどうでもいい情報しか持ってないと端的に伝える事が可能なのです!私頭いい!!

めっちゃドヤ顔してやります。ドヤァ…
330バルゴン2/12 20:24
>>329
「おっけーありがとう!!!よーく分かった!」

拝啓 私を産んでくれたであろう父母へ
たいへんな事が起きました。怖い日々です
すべて水の泡になるかもしれません。
けっていてきな証拠を抑えなきゃ私は村八分
てっていてきにやらねば殺られます。あぁ!

ごめん真面目にやります。キャンディ舐めたい。俺の咄嗟の語彙力の無さが浮き彫りになっちゃったね。彼女は良く頑張りました。小学校の先生だったらシールをあげている事と思います。俺の説明が悪かったね。

日本語って難しいよね!10文字ってのがこの結果を引き出したんだと思う。ここまで頑張ったのに手に入れた情報は俺が居た!もう帰りたいよ。
今なら人でもおいしく食べられそうな気がするよ。食べていいかな?景気付けに一発。
メタい話やったら俺死ぬんだけどさ。悪は潰える運命なんだね。世の中世知辛いのじゃぁ…

「この事を他の人達に教えてあげないとな!うん!そうしよう!わざわざ時間を割いてくれてありがとう!ごめんね!」

多分今、最高の笑顔してる。営業スマイルなんて捨てよう。常に笑うなんて良くないよね!そうさ!そうに決まってる!
331借りた猫2/13 00:56
>>330

「こっちこそありが…ひゃぁ!こわぃ……

……ん?」

彼が見せたのは凶悪な犯罪者のような、もう1人や2人殺ってきました見たいなそんな顔でした。それはそれはドヤ顔なんて崩れますとも。ビビって世界が大振動して……あれ?少し待ってください。

……彼が見せた最後の笑顔。一見不審者どころか凶悪犯罪者なのですけれども。彼、よーく見るとそれなりに顔のバランスは整ってるんですよね。其れに、大きな目は彼の恐ろしさを助長している訳何ですけれども。…大きな目って逆にチャームポイントになったりもしますよね?二次元の女の子だって良く目が大きな子いますし。現実でも目を大きく見せたりすることはよくあります。二重にしたりして。そして比較的長身というのも、良いですね。

…それが、天然物ですよね。…あれ、これもしかして…?

「……原石?」

ボソリと、そう呟きました。

そうですよね。この状況には心の安寧がありません。いや、私という砂漠のオアシスが居ますけどそれだけでは足りません。…おや、目の前のお人が先程まで怖かったのに急に可愛らしく見えてきましたね?不思議ですねぇ…。そういえばこの施設は最低限の生活は保証されていますね?という事は“女性用”の服も勿論あるはずですね。……おや?これは?

じっくりと、ねっとりと目の前の男のこ…じゃない、彼を見ます。そして。

「……ありですね。」

ターゲット、ロックオンでございます。
332借りた猫2/13 20:09
((ageでございます
333バルゴン2/13 21:30
>>331
目の前のメイドの目付きが変わった気がする。
何?俺にあんなことやそんなことをするつもりかい?そんなの想定の範囲外だよ。
オコトワリダヨ?Don't touch me!!!それは今はどうでもいい!俺は帰るぞ。こんなとこに居られるか!

「じゃ、俺このゲーム早速終わらせてくるんで。
あっ、そういえば名前教えてなかった。俺の名前はネヤ。あんたの名前は?」

正直、これ以上一緒にいたら危ないと俺の勘がカンカン(激ウマギャグ)なのでとても早口になるのは自然の摂理。この世の理といっても過言ではないだろう。俺、かえる。今の俺、どう?イケてる?ファインディング小魚もびっくりする?
このメイドの名前を聞いたらもう忘れられなさそうだ。メイドさんって呼ぶとこれからも思うけど。
334キョクヤ2/14 13:21
((此処には誰もいない
ええ、そうね
335くろうぃず2/14 22:08
((あげあげげ
336借りた猫2/15 00:51
>>333

「私ですか?私の名前は来宮です。ネヤちゃ…さん、宜しくです。」

おっと、危ないですね。頭の中では既に可愛く仕立てあげていたので一瞬おとこの娘扱いしそうになりましたね。そしてめちゃくちゃ早口なのはオタク特有のアレでは無く生命的危機の何かを感じてるからでしょうかね。何が怖いんでしょうかね。

さて、このままお楽しみタイムへと突入しても良いのですが焦りというものは時に大失敗を起こす事があります。警戒もされているようですし此処は一旦引いて他の人を物色…じゃない他の人にも逢いに行くべきですね。まあ何れは全員可愛くなる運命ですけど。これは変えられない、確定している現実なのです。

「もういかれるのですね。私はもう少しこの部屋を調べてみます。それでは、またいずれ…ふふ。」

どうやら別の場所に移動する彼に別れを告げます…おっと、いけないですね。これからの楽しみに思わず笑みが零れてしまいました。
337バルゴン2/15 23:09
>>336
「来宮だな。よし、覚えたぞ。」

ちゃ…?ちゃってなんだ?いや、考えても答えは出ないだろう。出ない方が良いかもしれない。
はぁ、疲れた……この脱出ゲームは一筋縄ではいかなそうだ。

ストレスフリーなゲームが良かったな。スタミナ無限のソシャゲとかやり込み要素あったら一生やってられるよ?課金もそれなりするけど、それはそれだ。

「あぁ、また会ったら情報交換でもしよう。じゃあな。」

最後の来宮の笑顔には背筋が凍るまではいかなくとも非常にやな予感がした。怖いやつがした。チビの癖に…。いや、これは考えないようにしよう。女の勘は当てるものだ。

後、男としての何かが失われそうなあれがある。気を付けていかないと不味い。そう思いつつ食堂を足早に後にして、探索を再開していった
338借りた猫2/16 17:04
((遅れました、からありですかね?
339バルゴン2/16 18:41
((からありですー。メイド怖い
未入室
×
×
入室中
フレンド
  • 現在 入室中のユーザ
    0
  • ゲスト 0
 × 

新着

ダイス(サイコロ)
 × 
ダイスボットの使い方
補正
ダイスボットの使い方
 × 
ダイスは[ ]でくくることで指定できます。

【通常ダイス】
6面ダイス2つ振る
 [2d6]
+3修正と+5修正を追加する
 [2d6+3+5]
・結果が15より上なら成功とする
 [2d6+3+5>15]
・結果が15以上なら成功とする
 [2d6+3+5>=15]
・結果が15以下なら成功とする
 [2d6+3+5<=15]

【ソードワールド2.0威力表】
威力表10で判定する
 [k10]
・威力表10で補正値+3をつける
 [k10+3]
クリティカル値を9に指定する
 [K10+3@9]
 ※@の後に指定してください。
 ※指定無しはクリティカル値10となります
 ※クリティカル処理が必要ないときは13と
   してください。(防御時などの対応)
ダイス目を+1修正
 [K10+3@9$+1]
ダイス目を9とする
 [K10+3@9$9]
・その他
 ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   [K20r10]
   [K30+24@8R10]
   [K40+24@8$12r10]
 ・グレイテストフォーチュンは末尾にgf
   [K20gf]
   [K30+24@8GF]
   [K40+24@8$12r10gf]

【謝辞】
本ダイスボットは、
どどんとふ@えくすとり~む
(http://www.dodontof.com/)
にて配布されているBCDiceを
一部改編して作成しました。
たいたい竹流様に感謝致します。
チャット部屋作成
 × 
チャット部屋のカテゴリ
選択してくださいカテゴリを選択してください
チャット部屋名
チャット部屋解説
入場鍵 (入場制限)
入室時にパスワードが聞かれます。
一致した方のみ入室が可能となります。
入室パスワード
入室時にリドル(なぞなぞ)が聞かれます。
答えが正解した方のみ入室が可能となります。
入室リドル
答え         
書き込み鍵 (書き込み制限)
カテゴリ
 × 
ログイン
 × 
ユーザー名

パスワード

ユーザー作成
 × 
ユーザー名(ニックネーム)

パスワード
パスワード確認
パスワードを忘れるとログインできなくなります
メモを残すなどして忘れないようにしてください
ユーザーアイコン 変更
 × 
JPG、GIF、PNGのみ
メイン画像

お知らせ
 × 
 × 

 × 
入室パスワードを入力してください。
 × 

 × 

個別メッセージ
 × 
 × 
メニュー
 × 
パスワード変更
 × 
新パスワード
新パスワード確認
ユーザーアイコン選択
 × 
+追加 変更 -削除 キャラ名変更
ユーザー状態
 × 
キャラ名変更
 × 
読み込み中